MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > いるいる!曲がり始めてからウインカーを出す車…正しい使い方やルール知ってる?
役立つ情報

更新

いるいる!曲がり始めてからウインカーを出す車…正しい使い方やルール知ってる?

自動車やバイクを運転する上で頻繁に使用する機能の1つ、ウィンカー。誤って利用すると事故に繋がりかねないほど、重要な役割を持っています。今回はドライバーの皆さんが忘れがちなウィンカーの利用方法についてお伝えします。

【衝撃】曲がりますという合図ではない?

©RS-Studios/stock.adobe.com

ウィンカーの意味を問われたら、大半の方は「右(左)に曲がりますという合図である」と答えると思います。しかし、法令でウィンカーの使用のタイミングについては、「その行為をしようとする地点から30メートル手前の地点に達したとき」と定められています。

つまり、ウィンカーは「曲がります」という合図ではなく、これから曲がる準備をしますという意味で使用されるもの。ウィンカーは曲がるタイミングよりも前に出すのが正解。車線変更を行う際も同様です。

屁理屈のような気もしてしまいますが、法令で定められているルールでは「ウィンカー=曲がる準備の合図」というのが正しい使い方となるのです。

時折、曲がる直前にウインカーを出すドライバーを見かけますが、それだと後続車両に「曲がります」というメッセージしか伝えられません。事前に合図を出すことで、しっかりと「曲がる準備をします」という意思を伝えましょう。

様々なウィンカーの種類

現代では、いろいろなウィンカーがあります。今回は、それらのウィンカーについてもご紹介したいと思います。

方向指示器の代わりをする手信号

以前は、現代でも習う手信号がウィンカーの代わりをしていました。また、ウィンカーの電球が切れてしまった時など、もしもの時は、手信号で車の行き先を示す必要があります。

ドアミラーターンランプ

©RS-Studios/stock.adobe.com

最近では、視認性の高いドアミラーにもウィンカーの付いたモデルが増えつつあります。

サイドマーカー

©marteck/stock.adobe.com

ボディ側面にいるかもしれない歩行者、自転車、バイクなどにも分かりやすいサイドマーカーと言われるウィンカーも主流になっています。

前後左右、側面にドアミラー装着タイプまで合わせて、日本では、ウィンカーと呼んでいます。

シーケンシャルウィンカー

©Stefan Bayer/stock.adobe.com

2014年10月9日、国土交通省より「装置型式指定規則」及び「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」を一部改正しました。
この改正発表以前日本では、流れるウィンカーについて明示されていませんでしたが、欧州で認められるようになり、日本でも明示されるようになりました。
アウディなどがシーケンシャルウィンカーを採用しています。

これからも、発表されるニューモデルのウィンカーにも期待大ですね。

自動車のウィンカーは意外と奥が深い

©tournee/stock.adobe.com

ウィンカーの本当の意味からウィンカーポジションまで、ウィンカーについて詳しくまとめてご紹介してきました。

表情を持たない機械だからこそ、意思表示としてのウィンカーを意識する事が重要です。今後はウィンカーを点灯させるタイミングを少し早めてみてはいかがでしょうか?

自転車も車両!おすすめ記事はこちら

これだけは確認して!明日は我が身かも?

自転車事故を甘くみていませんか?

飲酒運転は車だけではない?

思っていたよりスピード出てた?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード