MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 軽自動車の登録を一時抹消する手順を紹介!簡単にできます
役立つ情報

更新

軽自動車の登録を一時抹消する手順を紹介!簡単にできます

個人でも軽自動車の一時抹消が可能

車のナンバープレートを外す人
©Barselona Dreams/stock.adobe.com

自動車の一時抹消登録とは、車体を解体せずにナンバープレートを返納し、一時的に使用を中止する手続きのこと。軽自動車では「自動車検査証返納届・一時使用中止」(以下「一時使用中止」とします)といい、廃車手続きのひとつです。

一時使用中止をすると、翌年4月以降の軽自動車税が課税されないため、長期間車を利用しない場合などに有効です。ただし、すでに納税した1年分の自動車税については、年度途中での廃車であっても返金されることはありません。新規登録を受ければ再度ナンバー交付を受けられるほか、二度と使用しない場合はそのまま解体届出を出すことも可能。手続きは管轄する軽自動車検査協会で行います。

軽自動車の一時使用中止に必要な書類

自分で手続きする場合の書類には、以下があります。

事前に用意しておくもの

  • 自動車検査証(車検証)
  • 使用者の認印(本人による署名でも可)
  • 所有者の認印(法人の場合は代表者印)
  • ナンバープレート(前後の2枚)

ナンバープレートの返納が必要になるため、紛失や盗難等で返納できない場合は別途書類の提出が必要となります。

当日に用意できる書類

以下の書類は軽自動車検査協会にて入手可能なため、当日記入しても構いません。

  • 自動車検査証返納証明書交付申請書+軽自動車検査証返納確認書(軽第4号様式)
  • 軽自動車税申告書
  • 申請書(同時に名義や住所変更をする場合に必要)

なお、自動車検査証返納証明書交付申請書および自動車検査証返納確認書は、本協会ホームページよりダウンロード可能です。

手続き当日の流れ

開かれたスケジュール帳

1、必要書類を記入する

当日に手続き書類を用意する場合は「自動車検査証返納証明書交付申請書+軽自動車検査証返納確認書」と「軽自動車税申告書」に必要項目を記入します。

2、ナンバープレートを返却する

当協会内にあるナンバープレートの返納窓口にて、ナンバープレートを返納します。紛失や盗難によりナンバープレートを返納できない場合は「車両番号標未処分理由書」に使用者の押印(法人の場合は代表者印)をして提出する必要があります。車両番号標未処分理由書は、本協会ホームページからもダウンロード可能です。

3、税金を申告する

地方税申告窓口へ行き、①にて記入した「軽自動車税申告書」を提出します。軽自動車税申告書の控えを受け取りましょう。これにて翌年度以降の軽自動車税は発生しなくなります。

4、手数料を納付する

手数料納付窓口にて、自動車検査証返納証明書の申請手数料350円を支払います。

5、書類一式を提出する

必要書類、当日記入した書類を一式提出します。不備がないかなどをチェックするため、窓口で呼ばれるまで待機します。

6、自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書が交付される

問題なく手続きが進めば、自動車検査証返納証明書と軽自動車検査証返納確認書が交付されます。一時使用中止した軽自動車を再度使用する場合には、この自動車検査証返納証明書が必要になるため、大切に保管しましょう。

当日受け取る書類は、以下のとおり。

  • 自動車検査証返納証明書
  • 軽自動車検査証返納確認書
  • 軽自動車税申告書(控え)

交付された証明書等に記載ミスがないか必ず確認し、問題なければ手続き終了です。

一時使用中止の手続きができないケース

車を永久的に使用しない(できない)場合、一時使用中止はできません。軽自動車の廃車手続きのひとつ「解体返納」が必要です。再利用する可能性がある一時使用中止とは異なるため、混同しないよう注意してください。

以下のケースでは、一時使用中止はできません。

  • 災害で軽自動車を発見できない状態になったため、廃車したい
  • 軽自動車を運行目的で使用せずに、物置や店舗用として使用したい

災害で車が使用できなくなった、行方が分からなくなった場合などは「解体返納」が必要。返納の際に車検が残っていれば、自動車重量税の還付が受けられます。

また、自動車としての用途を廃止し、物置や倉庫代わりに利用する場合などは「減失・用途廃止による解体返納」が必要。この場合は実際に解体をしない解体返納になるため、重量税の還付は受けられません。返納後は、車が動く状態であっても公道を走ることはできなくなります。

長期間に渡って使用予定のない軽自動車は一時使用中止を

長期出張や怪我での入院などの理由で長期間車を使用しない場合、一時使用中止の手続きを検討しましょう。軽自動車税の支払は4月から1年間分となるため、3月末までの届出がおすすめです。

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第2グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード