MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > ディーゼルマイルドハイブリッドって知ってる?マツダ新型CX-60が今あえて採用した理由とは?
役立つ情報

更新

ディーゼルマイルドハイブリッドって知ってる?マツダ新型CX-60が今あえて採用した理由とは?

2021年6月24日に予約が開始されたマツダ CX-60には、ディーゼルエンジン+マイルドハイブリッド(MHEV)モデルが用意されています。欧州ではメルセデス・ベンツやBMWなどが同様の組み合わせを採用しているものの、日本ではほとんど用いられることはありませんでした。どんな理由があってマツダはディーゼルMHEVをこの時期に投入するのでしょうか。

ディーゼルマイルドハイブリッド(MHEV)とは?

マツダ CX-60

マイルドハイブリッドとは、車の発電機となるオルタネーターの代りに高出力のモーターを用いて発電とパワーアシストの両方を行う、簡易型ハイブリッドシステムとも呼べる存在です。

マイルドハイブリッドの最大の利点は、モーター出力やバッテリー容量をそれほど大きくする必要がないため、ハイブリッドシステム導入のためのコストアップを抑えつつ燃費性能を向上させられる点です。しかしあくまで簡易的な装置であるため、できることは発進や加速のアシストに限られます。

ディーゼルエンジンは基本特性として低回転域でのトルクが大きく、ハイブリッドシステムはおろかマイルドハイブリッドに頼らずとも十分な燃費性能と走行性能が得られるため、ガソリンエンジンほどの恩恵はありません。

それにも関わらず、2021年秋発売のマツダ CX-60には3.3L 直列6気筒エンジン+48Vマイルドハイブリッドモデルのラインナップが決定しています。

ガソリンフルハイブリッドとの違いは?

©Wellnhofer Designs/stock.adobe.com

ガソリンフルハイブリッドもディーゼルマイルドハイブリッドも、減速時の運動エネルギーを電力として回収し、必要なときに使う点では同じものです。ただし、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンでは単体での基本特性が異なるために、適したハイブリッドシステムも違ったものになります。

仕組みが大掛かりなフルハイブリッドシステムの追加は車重が著しく増加してしまい、総合的な走行性能を落とす場合があります。また、フルハイブリッドシステムの稼働電圧は場合によって600V(ボルト)以上にもおよび、感電対策などの必要性から製造コストの上昇は確実です。

中回転域での効率に優れる代わりに、発進や低速からの加速は苦手なガソリンエンジンには、コスト高であってもフルハイブリッドシステムが有効です。車体を動かせるほどの高出力モーターに効率の悪い低速域走行の駆動を任せることで、燃費を大きく向上させられます。

乗用ディーゼル車に搭載するならマイルドハイブリッドが有効

それに対して燃料代が安価な軽油を用いるうえ、高効率領域がガソリンエンジンよりも低回転にあるディーゼルエンジンは、多大なコストをかけてフルハイブリッドシステムを搭載してもガソリンエンジンほど燃費の改善は見込めません。

そのため、日本においてディーゼルエンジン+ハイブリッドシステムの組み合わせは、少しでも燃費を改善したいトラックやバスにしか用いられることはありませんでした。

信号待ちや渋滞で発進と停止を繰り返す乗用車用ディーゼルエンジンをハイブリッド化するなら、フルハイブリッドよりも低電圧かつ安価なコストで追加できるマイルドハイブリッドシステムの方が適しています。

ディーゼルマイルドハイブリッドのメリット

©tamayura39/stock.adobe.com

燃費を改善できる

低速トルクに優れるディーゼルエンジンとはいえ、発進や加速時は大きなエネルギーが必要になるため燃料消費量が増えてしまいます。モーターでその領域の稼働を補助してやればディーゼルエンジンでも確実に燃費向上させられます。

エンジンレスポンスがアップする

ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンよりも高圧縮比で稼働するため各部が頑丈につくられます。そのため各部品が重く、ガソリンエンジンのような軽快なアクセルレスポンスは望めません。マイルドハイブリッドは、その加速初期の動作をモーターで補うことで特有の反応の鈍さを軽減できます。

ディーゼルマイルドハイブリッドのデメリット

©yumeyume/stock.adobe.com

車両価格が高くなる

現在のクリーンディーゼルエンジンは、環境性能を高めるために多大なコストがかけられています。高燃料圧力下で精密に動くインジェクターや高効率タービン、DPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)のほか、エンジン性能によっては尿素SCRによる排ガス浄化がディーゼルエンジンには必須です。

ただでさえ高価なクリーンディーゼル車に、マイルドハイブリッドが追加されれば、さらなる車両価格上昇は避けられません。

劇的な燃費向上は望めない

低回転域で高効率なクリーンディーゼルエンジンにマイルドハイブリッドを追加しても、改善できる燃費はせいぜい1〜2km/Lです。フルハイブリッドシステムのような劇的な燃費改善は見込めず、マイルドハイブリッドシステムの追加によって上昇した車両価格分を浮いた燃料代で回収するのも難しいでしょう。

マツダが新型CX-60のディーゼルにMHEVを採用する理由は?

マツダ CX-60

マツダ CX-60にはガソリンエンジンのほか、エンジンダウンサイジング化に逆行する3.3Lの直6気筒ディーゼルターボエンジンが搭載されて登場します。3.3Lもの排気量があれば動力性能は十分と思えるものの、車両価格を引き上げてまで大排気量ディーゼルエンジンにマイルドハイブリッドシステムが追加するのはなぜでしょうか。

マツダがあえてCX-60にディーゼルマイルドハイブリッドを採用する理由は、おおよそ3つにまとめられます。

【理由その1】環境性能改善・動力性能強化

CX-60に搭載される3.3L直6ディーゼルエンジン単体の最大トルクは500N・m(51.0kgf・m)/1,500〜3,000rpmであり、排気量3.3Lディーゼルエンジンの最大トルクとしては控えめな数値です。

3.3Lという排気量は必要十分なトルクを確保しつつ、目標とする環境性能をクリアするために決められた排気量であり、エンジン出力を犠牲にしてでも環境性能を高めた結果といえるでしょう。

事実、3.3L直6ディーゼルが搭載されたCX-60のWLTCモード燃費は19km/L前後の好燃費であるうえ、このエンジンはバイオディーゼル燃料の使用も視野に入れた設計がなされています。

用途によっては不足気味になる出力は、追加される48Vマイルドハイブリッドシステムによって、最大トルク550N・m(56.1kgf・m)/1,500〜2,400rpmに引き上げられ、同時に燃費性能も約21km/Lまで改善することができます。

【理由その2】欧州での販売戦略

マツダは、縦置き直列6気筒のFRベースのラージモデルと称するCX-60を、BMWやメルセデス・ベンツなどの欧州プレミアムSUVと競合させるつもりです。マイルドハイブリッドシステムなら、大排気量ディーゼルエンジンの鈍いレスポンスが改善でき、プレミアムモデルとしての価値も大きく向上させられます。

また、日本よりも電動化が進んでいる欧州でCX-60の価値を訴求するには、欧州で一般的に用いられている48Vマイルドハイブリッドが最適な選択といえるでしょう。欧州のライバル車より燃費性能に優れながら安価であることは日本車ならではの強みです。

【理由その3】付加価値の追加

市街地走行での燃費を改善できるうえ、日本では珍しいディーゼルマイルドハイブリッドは話題性があります。グレード選択できる余地が残されているのであれば、付加価値を高めるためのコストアップは大きな問題にはなりません。

事実、TwitterではCX-8並のサイズであるCX-60が、コンパクトSUVのCX-3をも上回る燃費だと話題になっています。

その一方で、年間5万7,000円という自動車税の高さも指摘されており、どれだけ燃費性能に優れたディーゼルエンジンでも、排気量によって自動車税が決定されてしまう日本の現環境が嘆かれています。

CX-60の日本仕様がいよいよ登場!発売は2022年初秋

マツダの「スカイアクティブD」を搭載するモデル

燃費のいい外車SUVランキングTOP10

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード