MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > ながら運転の対策(防止)方法は最新アプリ・ドライブレコーダーがお勧め!
道交法・交通事故

更新

ながら運転の対策(防止)方法は最新アプリ・ドライブレコーダーがお勧め!

あなたは、『ながら運転』の対策はお済みですか?ながら運転について警察庁は、クルマの運転中にスマートフォンを手に持って操作する、あるいはクルマに備え付けられているカーナビを操作するなどの「必要のない行為を一緒にしつつ運転する」ことであると紹介しています。

2019年12月1日より、日本政府は道路交通法を改正しています。道路交通法の改正により、ながら運転による罰則や反則金、交通違反点数が強化。実は普段何気なくしている行動が、道路交通法違反につながっている恐れがあります。

今回は、ながら運転の対策・防止方法について紹介します。今は安全運転を促進するアプリやドライブレコーダーが開発され普及しているのです。どなたでもでも簡単に始められるながら運転の対策方法をお伝えします。ぜひ、読んでみてください。

ながら運転の罰則強化内容

車内で携帯を見る画像
©rcfotostock/stock.adobe.com

道路交通法の改正に伴って、罰則や反則金、違反点数が厳格化されています。

  • 「保持」の罰則に『懲役』の項目が追加
  • 罰金・反則金の金額の増加
  • 交通違反点数が3倍に増加

1つ目は「保持」の罰則に『懲役』が追加された点です。

今までも「交通の危険」に該当する場合のみ、最大3ヶ月の懲役が科せられる可能性がありました。しかし、改正後は「保持」も懲役の対象となり、最大で6ヶ月もの懲役が科せられる可能性があるのです。同時に「交通の危険」も改正が行われています。最大3ヶ月であった懲役が最大1年も科せられる可能性があるのです。

2つ目は、「罰金」「反則金」の金額が増えた点です。

特に、「交通の危険」の項目が厳しく見直されています。9,000円であった反則金が適用なしに変更。しかし、罰則で設けられている「罰金」は最大で50,000円であった金額が300,000万円に増え、懲役の期間が長くなったと同様にいずれかの処分が科されるのです。

3つ目は、「違反点数」の厳格化です。

「保持」に該当する場合は違反点数が1点から3点、「交通の危険」に該当する場合は2点から6点と、それぞれ3倍に増加しました。同時に「交通の危険」に相当する違反をしてしまうと、免許停止処分を受ける可能性があるのです。無事故無違反であったとしても、一瞬のスキが人生を大きく変えてしまいます。

道路交通法改正により、ドライバーに一層の安全運転が求められているのです。それでは、ながら運転を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?

ながら運転の対策方法その①:罰則内容を知る

パトカーの赤色灯
©naka/stock.adobe.com

ながら運転の対策方法を紹介します。まず、ドライバーが取り組むべき対策は『罰則内容』を理解することです。教習所で免許を取る際に、交通ルールを勉強したのではないしょうか。同じように、政府が発信している情報 を頭の中に入れて、運転への意識を変えるだけでも違反を避けられるのです。

走行中に画面を見ていただけでも取り締まりを受ける可能性

あなたは、ふとした瞬間にスマートフォンの通知に気を取られる、カーナビの画面に目を向けてしまうなんて場面はありませんか。その時、警察の取り締まり現場に遭遇してしまったら…検挙を受ける可能性があるのです。

他にも、あなたは運転中、以下の行動を含めたながら運転をしていませんか?

  • スマートフォンを手に持って通話する
  • スマートフォンを手に持って画面を見てしまう
  • カーナビを運転中に操作してしまう

上記はあくまでも一例です。その一例に少しでも当てはまるのならば、警察に検挙された際に違反として取り扱われる可能性があるのです。よって、あなたは一度、道路交通法について勉強し罰則の内容を知る必要があります。

「保持」「交通の危険」に注意!

現在の道路交通法にもとづいた罰則や違反基準では、取り締まりを受けた時の判断が難しいのです。例え、運転中に少しの時間、カーナビを見ていただけでもながら運転と判断される可能性があります。

「保持」「交通の危険」についても基準の境目が難しいです。総務省が掲載している道路交通法の条文でも「保持」や「交通の危険」についてはカーナビでの操作に触れていないなど、判断が難しくなっています。

よって、ながら運転に該当する行為を避けることが違反の対策につながって安全運転につながるのです。スマートフォンやカーナビを運転中に使用しないように心掛けましょう。

ながら運転の対策方法その②:防止アプリを使う

マイクロフォンを取り付ける画像
©Octavian/stock.adobe.com

ながら運転の対策法の2つ目として、スマートフォンで使える地図アプリを活用しましょう。

特に音声で操作が可能であれば、スマートフォンやナビゲーションの画面を確認しなくとも運転中に簡単に操作が可能となります。

「メール通知の画面確認」「目的地のルート検索」「オーディオでの音楽再生の操作」を自分の声で行えれば安全の向上につながるのです。

近頃のスマートフォンでは、地図と連動したルート検索が可能なアプリが配信されています。LINEが配信している「LINEカーナビ」 は代表的なアプリです。

LINEカーナビの特徴

LINEカーナビには以下の特徴が備わっています。

  • 音声入力で目的地検索や音楽再生が可能
  • 最新の道路情報が無料で更新される
  • トヨタ自動車の純正品カーナビと同じナビエンジンを使用
  • 渋滞情報が随時入ってくる
  • 別のクルマでも同じナビが使える

スマートフォンに触れずに話しかけるだけでアプリが使用可能。LINEの人工知能アドバイザー「Clova」と、トヨタ自動車の純正ナビエンジンを採用しています。日本語音声の認識と合成が高精度で可能となっているので、目的地検索やLINEのメッセージ送信、音楽再生が自分の声でコントロールできるのです。

最新の道路情報が無料で更新され、新しくできあがった道路や施設の情報もすぐにルート検索で反映されます。渋滞情報にも対応して臨機応変にルート案内をしてくれる上に、別のクルマでも同じスマートフォンが使用できるのです。操作の手間が省けるメリットも備えています。

ながら運転を防げる音声入力カーナビアプリ

LINEカーナビの最大の強みは「音声入力」が可能な点です。

スマートフォンを通じたアプリですが、音声入力でルート検索から同じLINEアプリを使用する人との連絡まで自分の声で対応できます。

内閣府は2017年に「運転中の携帯電話使用に関する世論調査」アンケートを実施しています。携帯電話を使用した経験があると回答した人の中で、「メールやメッセージを確認するため」と回答した人が5割近くも存在しているのです。

かかってきた電話や通信アプリによる音声通話に出るため 47.7%
メールや通信アプリで受信したメッセージなどを確認するため 44.8%
かかってきた電話や通信アプリによる音声通話の発信元を確認するため 44.7%
ナビゲーションとして利用するため 21.8%

引用元:「運転中の携帯電話使用に関する世論調査」アンケート(運転中に携帯電話を使用する目的)

LINEといえば、連絡先を交換した相手とメッセージでやり取りできるアプリのイメージがあります。しかし、LINEカーナビは運転中でも自分の声でメッセージの送信が可能です。ながら運転を避けてやり取りができるので、道路交通法違反の心配をせずに使えます。

ながら運転の対策方法その③:ドライブレコーダーを使う

ドライブレコーダーの画像
©ShigeyukiSugiyama/stock.adobe.com

ながら運転の対策法の3つ目は、『ドライブレコーダー』の使用です。現在は法人向けに採用されていますが、ナウトが開発した「人工知能搭載ドライブレコーダー」は、ながら運転の対策の最前線を進んでいます。

人工知能搭載ドライブレコーダーのメリットは、以下の3つです。

  • わき見運転をしていてもAI(人工知能)がドライバーに注意をうながす
  • 後付けでもクルマに設置できる
  • 車内と車外に向けられた2種類のカメラが安全運転の指導に役立つ

上記で1番の強みは、AIによる注意喚起機能です。スマートフォンやカーナビによるわき見運転をしていても、ドライブレコーダーに内臓された人工知能が即時でドライバーに警告をします。実際に導入した企業では、警告によって、運転中のわき見回数が1時間あたりで54%も減少した実績を誇っているのです。

現状は法人のみのサービスですが、2019年12月に道路交通法が改正され、今後一般への普及が待たれるサービスではないでしょうか。

ながら運転の対策まとめ

ここまで、ながら運転の対策・防止方法を紹介してきました。簡単におさらいしましょう。

  • 罰則を理解して安全運転第一を心掛ける
  • カーナビアプリで音声入力を活用する
  • 人工知能内臓ドライブレコーダーを活用する

政府や警察庁が明らかにしていますが、運転中のスマートフォンやカーナビの使用は危険が伴うのです。あなたも、普段の行動を振り返ってながら運転をしていないかチェックしてみましょう。アプリの活用で改善できる可能性があるのです。ながら運転を防ぎ、安全第一を忘れずに運転しましょう。

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY第3編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード