MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > ながら運転はカーナビ操作やハンズフリー、スマホホルダー操作も対象になるの?
道交法・交通事故

更新

ながら運転はカーナビ操作やハンズフリー、スマホホルダー操作も対象になるの?

今回は、ながら運転の中でも「カーナビの操作」「ハンズフリーキットの使用」「スマートフォンをホルダーを使って操作する」に注目して、道路交通法違反に該当するのかどうか紹介します。地図検索や相手とのやり取りで使用するアイテムが違反にあたるのか、読んで理解しておくと安全運転につながるでしょう。ぜひ、読んでみてください。

ながら運転の罰則内容は?改正により厳格化!

©naka/stock.adobe.com

ながら運転の罰則内容を簡単に紹介します。

政府広報のサイト上で明記されている罰則や反則金、違反点数をまとめてみました。

ながら運転の罰則・反則金・違反点数の一覧(例:普通自動車)

違反項目/対象項目 携帯電話の使用など
(保持のみ)
携帯電話の使用など
(交通の危険)
改正前 改正後
(2019年12月1日~)
改正前 改正後
(2019年12月1日~)
罰則 5万円以下の罰金 6ヶ月以下の懲役
or 10万円以下の罰金
3ヶ月以下の懲役
or 5万円以下の罰金
1年以下の懲役
or 30万円以下の罰金
反則金 6,000円 18,000円 9,000円 適用なし (罰則が適用される)

罰則内容のポイント

道路交通法による、罰則内容のポイントは以下の3つが挙げられます。

  • 「保持」にあたる場合でも罰則に「懲役」の項目が追加された
  • 罰則の「罰金」、反則金の金額が増加
  • 改正後の違反点数が3倍に増加

1つ目は、「懲役」の項目追加です。

携帯電話など使用の「保持」にあたる場合でも、罰則に懲役の項目が追加されています。最長で6ヶ月の刑務所での懲役が科される可能性があるのです。同時に、「交通の危険」にあたる場合も最長で1年の懲役が科される可能性が設けられ、罰則の強化がなされています。

2つ目は、「罰金」「反則金」の強化です。

道路交通法にもとづく罰則は、懲役ではなく罰金が科されるケースもあります。「保持」では最大10万円、「交通の危険」では最大30万円の金額が科せられるのです。反則金についても同様に罰則の強化が行われており、普通車の場合、「保持」にあたる場合は改正前の6,000円から、改正後は1万8,000円に改定されています。

3つ目は、「違反点数」の厳格化です。

「保持」に該当する場合は違反点数が1点から3点、「交通の危険」に該当する場合は2点から6点と、それぞれ3倍に増加しました。伴い、交通の危険に相当する違反をしてしまうと、免許停止処分を受ける可能性があるのです。したがって、道路交通法改正により今まで以上に「ながら運転」の厳格化が進められ、ドライバーに安全運転を求める試みが政府によっておこなわれているのです。

カーナビ操作はながら運転の違反対象になるの?

©琢也栂/stock.adobe.com

カーナビの操作は、ながら運転の違反対象であるか紹介します。

カーナビを注視していただけでも違反対象になる可能性

実は、カーナビ操作は「交通の危険」にあてはまると違反の対象です。ながら運転の基準には「保持」「交通の危険」の2つの項目が存在します。クルマに備え付けているカーナビを操作した場合は「保持」にあてはまらず、「交通の危険」にあてはまるのです。

しかし、カーナビの画面を注視していただけでも、携帯電話機と同様、警察に検挙される可能性があります。

カーナビを使う時の対策法

カーナビを使いたい時はどうしたらいいのでしょうか。ながら運転の対策法を紹介します。

  • 音声入力を使う
  • 安全な場所に停車してから操作する

1つは、カーナビに搭載されている音声入力を使用する方法です。

近年、カーナビの製造メーカーにより、マイクが搭載されているカーナビ商品が普及しています。運転手がカーナビに向かって話しかけると音声認識機能が反応。キャッチした情報をもとに接続したデータベースの中から検索します。運転手が必要としている情報を適切に見つけ出して提供できるシステムです。

もう一つは、安全な場所に停車してからカーナビを操作する方法です。例としてトヨタ自動車のカーナビ取扱説明書でも以下の文面が明記されています。

安全のため、運転者は走行中に極力操作をしないでください。走行中の操作はハンドル操作を誤るなど思わぬ事故につながるおそれがあり危険です。車を停車させてから操作をして下さい。なお、走行中に画面を見るときは、必要最小限の時間にしてください。

コンビニエンスストアや高速道路のサービスエリアなどで休憩中にルート検索をするなど、運転をしている時間以外にカーナビを操作する習慣を付けましょう。習慣を身に付けることで、安全運転に集中できる上に、違反を避けられるのです。

ハンズフリー通話はながら運転の違反対象になるの?

©Aleksei/stock.adobe.com

ハンズフリー通話は、ながら運転の違反対象であるかを紹介します。

携帯電話機を手に持っていなければ…で安心してはダメ!

ハンズフリー通話は、携帯電話機を手に持って操作する方法ではないので違反ではありません。車内のサンバイザーなどに挟んで設置するタイプの商品が多く販売されており、マイクとスピーカーが内蔵されています。よって、ながら運転に該当しないのでハンズフリーでの通話が可能となるのです。

イヤホン型タイプではなくスピーカータイプを選ぼう

ハンズフリーキットは、スピーカーおよびイヤホン型の2種類が販売されています。しかし、イヤホン型の場合は交通事故を起こした際に「安全運転義務違反」にあたる可能性があるのです。また、各都道府県の条例で運転中のイヤホンの使用を禁止している自治体もあります。よって、スピーカータイプの商品を選ぶと緊急時の着信でも対応が容易となり、違反の心配をせずに通話が可能となるのです。

スマホホルダーでの操作はながら運転の違反対象になるの?

©ichz/stock.adobe.com

スマートフォンをホルダーに固定して操作することは、ながら運転の違反対象であるか紹介します。

画面を注視していただけでも違反の可能性がある

車内に設置したスマホホルダーにスマートフォンを備え付けた場合、手に持って操作していません。しかし、ホルダーに固定して画面を注視している状態でも警察の取り締まりを受ける可能性があるのです。携帯電話などの使用の「交通の危険」に該当し、ながら運転の違反対象となります。

スマホホルダーを使う時の対策法

スマホホルダーでスマートフォンを使いたい時はどうしたらいいのでしょうか。ながら運転の対策法を紹介します。以下、地図アプリを使う場合を例に挙げてみました。

  • 音声入力を使う
  • 安全な場所に停車してから操作する

一つは、地図アプリに搭載されている音声入力を使用する方法です。『LINEカーナビ』『Yahoo!カーナビ』では、音声入力により地図のルート検索や目的地検索ができます。

もう一つは、安全な場所に停車してからスマートフォンを操作する方法です。カーナビと同様、操作をして交通事故を起こしてしまえば、「交通の危険」にあたります。お店の駐車場や高速道路のパーキングエリアなどの安全な場所でスマートフォンを操作するように心掛けましょう。

ながら運転の対象まとめ

ここまで、ながら運転はカーナビやハンズフリー、スマホホルダーを使用した際でも違反となるのか紹介してきました。簡単におさらいしましょう。

  • カーナビを注視していただけでも警察に検挙される可能性がある
  • スピーカー型のハンズフリーキットを使っている場合は違反にあたらない
  • スマホホルダーを使用しても、画面を注視すれば取り締まられる可能性がある
  • 音声入力を活用する、もしくは安全な場所に停車してから操作する

運転中のスマートフォンやカーナビの使用は危険が伴うのです。道路交通法に従い、安全運転の義務を果たすことが、ドライバーに求められています。

あなたも、普段の行動をもう一度振り返り、ながら運転にあたるかどうか点検してみましょう。「ながら」を防ぐことが、安全運転への第一歩です。

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY第3編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード