MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 購入ノウハウ > 【軽自動車購入マニュアル】必要な費用と書類まとめ
購入ノウハウ

更新

【軽自動車購入マニュアル】必要な費用と書類まとめ

軽自動車購入の際に必要な書類

ビジネスマンと契約書にハンコを押す人
©takasu/stock.adobe.com

普通車に比べると必要な書類は少ないです。ただし、新車・中古車・ローンのどれで購入するかによって揃える書類が異なるため注意が必要です。

新車の購入に必要なもの

・住民票
購入者の氏名と現住所が記載された住民票が1通必要です。発行から3ヶ月以内のもののみ有効です。

・印鑑
認印はOKですが、シヤチハタや三文判は認めていない自治体があるため、事前に確認するとよいです。念のため、朱肉を使用する印鑑にしておけば安心です。

※自動車保管場所証明書 
自動車保管場所証明書は、駐車場を確保していることを証明する書類。すべての人が必要になるわけではなく、土地当たりの車の台数が多くなる人口の多い都市で必要です。

中古車の購入に必要なもの

中古で購入する場合は、新車と同じ書類が必要です。住民票は発行から3ヶ月以内のもの、印鑑は認印でOKなど条件も上記の新車と同じです。

ローンでの購入に必要なもの

ローンで軽自動車を購入する場合は、まずローンの審査に通らなければいけません。ローンは金融機関をはじめ、ディーラーやクレジット会社などでも組めます。審査には以下の書類が必要です。

・本人確認書類
・年収を証明できる書類
・車の注文書や請求書など

本人確認書類は運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、住民票などが必要。年収を証明できる書類に関しては、源泉徴収票や所得証明書、納税証明書などが必要です。

なお、ディーラーやクレジット会社などは金融機関に比べると審査が易しめで、必要書類も少ない傾向にあります。ローン会社によって揃える書類は異なりますが、一般的に以下3点の書類が必要です。

・運転免許証
・印鑑登録証明書
・銀行の届け印

軽自動車購入の際にかかる諸費用

軽自動車を購入する際は本体価格のみならず、保険料や税金、納車費用などさまざまなお金がかかります。

新車の場合

■税金(約2万円)
軽自動車を購入した際にかかる税金は、以下の通りです。

・自動車取得税 2019年10月の消費税増税に伴い廃止。
代わりに自動車購入時の軽自動車税に環境性能割という項目で加算される。
・自動車重量税 9,900円(エコカー減税適用なしの場合)
・軽自動車税 10,800円
・消費税 10%(車種によって価格が大きく変わるため、ここでは加算しない)

■自賠責保険料(3万5,610円)
自賠責保険は車を所有する人、全員に加入が義務付けられています。加入を拒否すると法律によって罰せられます。加入する期間を選択でき、3万5,610円は最長37ヶ月の価格。

■手数料(2.5~5万円)
軽自動車購入時に登録代行や書庫証明代行を行うと、手数料がかかります。登録代行費用は1.5~3万円、車庫証明代行費用は1~2万円が相場です。

■納車費用(5,000~3万円)
車を自宅まで運んでもらうと納車費用が発生します。近隣であれば5000円程度、遠方なら1~3万円程度が相場です。

中古車の場合

基本的には新車とほぼ同じくらいの費用がかかります。しかし、購入する中古車の事情により諸費用が大きく変わることがあります。

■費用が免除されるケース
取得価額が50万円を下回る場合は自動車取得税が免除されていましたが、2019年10月の消費税増税に伴い自動車取得税そのものがなくなります(環境性能割がプラスされます)。また、車検期間が残っている中古車は自動車重量税がすでに納付済みです。購入者が新たに納税する必要がないため、その分費用が浮きます。

■費用が加算されるケース
新車の場合はメーカー保証が必ず付きますが、中古車の場合は保証期間が切れているケースがあります。新たに保証を付けたい場合は、民間の保証サービスへの加入が必要です。また、自動車損害賠償責任保険の残期間分を請求されることがあります。ただし、中古車店によって支払い不要か必要かが異なるため、必ず請求されるとは限りません。

諸費用における注意点

販売会社によっては手数料で利益を出そうとして、多額の諸費用を請求してくるケースがあります。中古で購入する場合は必ず見積書に目を通して、手数料を確認する必要があります。

軽自動車の購入準備は計画的に

18日に丸印がつけられたカレンダー
©Piman Khrutmuang/stock.adobe.com

新車・ローン・中古車、いずれにしても軽自動車の購入準備には時間がかかります。とくに書類の発行機関によっては営業時間が制限されているため、申請・発行がスムーズに行えない可能性があります。さらに、第三者に購入を委託する場合には委任状を準備しなければなりません。必要書類の準備は、計画的かつ余裕を持って行うことが肝要です。

執筆者プロフィール
Avatar
MOBY編集部 第2グループ
すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード