MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 購入ノウハウ > 認定中古車とは?メリット&デメリットを解説!実はかなりお得?
購入ノウハウ

更新

認定中古車とは?メリット&デメリットを解説!実はかなりお得?

認定中古車とは?

中古車
©Shutterstock.com/Pincasso

認定中古車とは正規ディーラーと中古車情報サイトが独自の基準で認定した中古車のことです。

年式や走行距離、コンディションなど一定の基準をクリアした中古車をベースに、入念な整備・補修を行った上で、販売店あるいは中古車情報サイトが一定の品質を保証した中古車のことを指します。

ディーラーとは?販売店との違いは?その意味とメリットやデメリットまで解説

認定中古車の種類

正規ディーラーの認定中古車

Hondaオープンテラス 携帯サイト

正規ディーラーによる認定中古車とは、BMWの「Premium Selection」や「Approved Car」、メルセデス・ベンツの「サーティファイドカープログラム」などの輸入車正規ディーラーのものがよく知られています。

国産車正規ディーラーの認定中古車としては、お笑いコンビ・爆笑問題によるTVCMでお馴染みのトヨタの「T-Value」、ホンダの「オートテラス認定中古車」、日産の認定中古車などがあります。

正規ディーラーによる認定中古車は、BMWやメルセデス・ベンツ、トヨタやホンダなどの正規ディーラー系の中古車販売店で購入することができます。

中古車情報サイトによる認定中古車

http://t.co/BzlSwt4wGE #ripreモニター_xf 板野友美さんのCMでおなじみ『Goo鑑定』!中古車購入なら安心かも。プロの鑑定書付きって嬉しいね。 pic.twitter.com/XB2LXLKwA4— 甘党大王 (@amatoudaiou) 2013年2月21日

中古車情報サイトによる認定中古車とは、「Goo鑑定」や「カーセンサー認定」が知られています。

これは中古車店からの依頼を受けて、JAAA(日本自動車鑑定協会)やAISなどの中古車査定の第三者機関の査定士が中古車を鑑定するというものです。

中古車情報サイトによる認定中古車は、街中の中古車センターや中古車販売店で購入することができます。
また、中古車サイトにアクセスして「Goo鑑定」や「カーセンサー認定」で検索すれば見つかります。

認定中古車のメリット

BMW認定中古車の保証内容の場合

どちらの認定中古車も良質な中古車を選べることが、ユーザーにとってはメリットとなっています。
正規ディーラーによる認定中古車の場合、年式や走行距離、コンディションなど一定の基準をクリアした中古車を入念な整備・補修を行った上で、規定の期間や走行距離の間に発生した故障や不具合に対する無償修理を保証しています。

例えばBMWの場合、「Premium Selection」に認定される車両は、新車登録後5年未満・走行距離6万km未満の事故歴のない良質な中古車に限られます。
そして、納車前の点検・整備は、最大100項目のポイントを厳しくチェックし、BMW純正部品だけを使用して入念な整備を施しています。

購入後の保証も手厚く、エンジンやトランスミッション、ブレーキなどの主要部分はご購入後2年間、走行距離は無制限で保証します。万一、修理が必要な場合は工賃まで含めて無料で対応しています。
また、「Premium Selection延長保証」に契約すると、「Premium Selection」の保証が終了したあとも、最大2年間、保証対象箇所に不具合が生じた場合に無償修理を受けることができます。

BMW中古|ボディタイプ別人気おすすめランキングと最新中古車価格を紹介

第三者機関の査定士による中古車鑑定

ワンオーナー中古車のイメージ画像
©Shutterstock.com/ kurhan

中古車情報サイトの認定中古車の保証は、中古車店の独自保証に頼ることになるため、正規ディーラー認定中古車のような手厚い保証は期待できません(中古車情報サイトが独自に保障を設けるケースもあります)。
しかし、第三者機関のプロの査定士が事故歴の有無や内外装の状態、各種機能の動作確認、エンジンのコンディションなど300カ所以上をチェックするため、認定を受けた中古車は信頼性が高いと言えるでしょう。

中古車店のほうも認定を受けるためには査定費用を負担せざるを得ず、ある程度コンディションに自信があるクルマでないと認定審査を受けようとはしないため、「認定を受けた中古車=良質な中古車」ということができると思います。

筆者は以前、とある中古車店で中古車情報サイトの鑑定現場に立ち会ったことがあります。
査定結果に対して店側が「査定結果が厳しすぎるのではないか? 内装の点数はもう少し高くても良いはずだ」と査定士に対してクレームをつけていましたが、査定士の評価が覆ることはなく、厳しい審査が行われているとの印象を受けました。

100万円以下で買える安いおすすめの中古MT車と選び方のポイント

認定中古車のデメリット

中古車 ショー 展示

品質保証に購入後の手厚い保証と良いことづくめの認定中古車にもデメリットはあります。

まず、価格が割高なこと。
ディーラーの認定中古車も中古車情報サイトの認定中古車も下取りや仕入れの段階から販売する車両を厳選しており、入念な整備や補修を行っているためその分の費用が販売価格に上乗せされているので、その分割高となります。

ディーラーの認定中古車の場合は、手厚い保証が付くので、車種にもよりますが一般的な中古車価格よりも30〜100万円ほど高く販売されているようです。

中古車情報サイトの認定中古車の場合も、第三者機関に査定を依頼しているので、その分の費用が上乗せされ、通常よりも5〜30万円程度高くなるのはやむを得ないことです。

また、どちらも認定を受けているとは言え、中古車という商品の性格上、絶対に故障しないというわけではありません。

正規ディーラーの認定中古車ならば、手厚い保証で無償修理を受けられますが、修理期間中は愛車を使用できなくなるわけですし、保証箇所以外の消耗品の交換などは自腹で修理をしなければなりません。

中古車情報サイトの認定中古車の場合は、購入後の保証が付かないケースもあり、せっかく高いお金を出して認定中古車を購入しても、すぐに故障したのでは割高感を感じることでしょう。
認定中古車だからと安心することなく、購入時に保証内容の確認をしておくことが何よりも重要になります。

認定中古車の裏技も使える トヨタの「T-Value」

TOYOTA T-Value ハイブリッド のCM「Find U-Car」篇。映像ディレクター、田向潤氏が映像監督。 https://t.co/R2821Kqotj pic.twitter.com/XGeUF1JODJ— 動画NOW (@douganow) 2017年3月11日

トヨタの中古車ブランド「T-Value」は、トヨタグループの安心感と信頼に加えて、中古車販売価格も比較的リーズナブルに押さえられていることが特徴になっています。

当然、販売の主力はトヨタ車になるのですが、トヨタ系のディーラーに下取られた車両すべてが仕入れ対象となるため、中にはトヨタ以外の車両が「T-Value」認定中古車として販売されることがあるのです。
そうしたトヨタ以外の販売車両は、街中の中古車店とほとんど変わりがない価格で販売されるケースもあり、それにも関わらず「T-Value」独自の手厚い保証を受けることができるのです。

「T-Value」は諸費用なども明朗会計で分かりやすく、スタッフの対応も良いので、中古車の購入に慣れていないユーザーにはオススメできます。

トヨタの中古車人気おすすめランキングTOP15|最新の中古相場価格もご紹介

認定中古車はじつはかなりお得!

認定中古車のメリットデメリットについてのまとめ記事はいかがでしたでしょうか? 

認定中古車は販売価格が少々高めに設定されているため、割高に感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、
クルマの関する知識がない人や中古車の目利きができない人には、厳選した良質なクルマを買うことができるため認定中古車が結果的にお得になるようです。
しかも手厚い保証がつくことも多く、購入に不安が残るハイブリッドカーや輸入中古車などは認定中古車なら安心できます。

今後も中古車のお得な情報をお届けして参りますのでどうぞご期待下さい。

中古車に関連するまとめ記事はこちら

中古車・新古車とは?その違いやお得な探し方と値引方法を紹介!

SUV中古|人気おすすめジャンル別ランキングで比較【2016年最新版】

軽自動車 中古車|人気おすすめジャンル別ランキングで比較【2016年最新版】

スポーツカーを中古で選ぶ!中古スポーツカー人気おすすめランキングTOP10車種比較

この記事の執筆者
MOBY編集部