MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 購入ノウハウ > 車庫証明の取り方・必要書類の書き方全解説|自分で取得すれば安くできる!
購入ノウハウ

更新

車庫証明の取り方・必要書類の書き方全解説|自分で取得すれば安くできる!

登録車(新車・中古車)の車庫証明を自分で取得する方法を解説。必要書類の準備や書き方、車庫証明取得までかかる期間など、細かな疑問を解決します。

車庫証明とは?手続きが必要・不必要なケースとは?

車庫証明を記入する

車を所有するときには、必ず車庫や駐車場(保管場所)が必要です。車庫証明は、車の保有者がその保管場所を確保していることを証明するもの。正式名称を、登録車(軽自動車とは区別される「普通車」を指します)の場合は「自動車保管場所証明」、軽自動車の場合は「保管場所届出」といいます。

自分の土地や自身で契約している駐車場であっても、車庫証明なしで勝手に保管場所として使用することはできません。車庫証明は一般的に全ての車で必要ですが、一部不必要なケースもあります。

【原則】登録車(普通車)は新車でも中古車でも必要

登録車は、新車・中古車に関わらず車庫証明が必要です。交付された車庫証明書は、車の登録やナンバープレートの発行の際に必要です。新車や中古車を購入した際は適切な保管場所を確保、警察署へ申請し、車庫証明を必ず取得しましょう。

一部の自治体では車庫証明が不必要

住所が「◯◯村」「〇〇町」の一部地域、市町村合併されたがかつては村だった地域など、一部の自治体では車庫証明が必要ありません。その場合は車庫証明なしでも車の所有ができるので、自治体のホームページなどで確認してみましょう。

ただし、車の持ち主が車庫証明が必要な地域に住んでいて、保管場所が車庫証明の必要ない地域の場合は、車庫証明は必要となります。

車庫証明が必要な地域はこちらでも確認できます。

軽自動車の車庫証明の必要・不必要

基本的に、軽自動車も登録車の自動車保管場所証明と同様に「保管場所届出」が必要ですが、こちらも同じく自治体によって異なります。保管場所届出が必要・不必要かは、自治体に確認してください。

また、軽自動車の車庫証明(保管場所届出)の申請・受理方法は、登録車と少し異なります。この記事では登録車をベースに説明していきますので、軽自動車の車庫証明について知りたい方は以下記事をご覧ください。

引っ越し・住所変更したら車庫証明は取り直しが必要

引っ越しで住所変更をした場合、住所変更日から15日以内に車庫証明を取り直す必要があります。期限内に手続きをしないと、10万円以下の罰金刑に処される可能性があります。車庫証明の住所変更手続きや必要書類は、基本的に車庫証明取得時と同じです。

引越し後の車庫証明に関する手続きについては、以下をご覧ください。

車庫証明は自力で取れる!ディーラーに頼まず代行費用削減

車庫証明の警察署への書類提出・受領は、代理人が行うこともできます。そのため、車を購入したディーラーや販売店に書類作成・提出・受領を任せることが可能ですが、その場合は代行費用が1万円ほどかかるのが相場です。(※代行の場合でも、必要書類の中には必ず本人が取得しなければならないものもあります)

しかし、車庫証明の書類作成、警察署への提出・受領を自力で行うと、代行費用を削減することができます。平日の8時30分頃~17時15分頃に警察署に行くことができるのであれば、検討してみてもよいでしょう。(※この記事では、自分で車庫証明を取得する方法を紹介しています)

車庫証明はいつ取る?新車・中古車購入時、引っ越し・住所変更のとき…

新車購入時

新車を購入したとき、新車登録の必要書類として車庫証明を取得し、管轄の運輸局に提出する必要があります。新車が納車されるまでの間に警察署への書類を提出し、車庫証明を取得しましょう。

車庫証明の必要書類には即日発行が難しいものもあります。詳しくは後述しますが、必要書類の準備~警察署から車庫証明を受け取るまでは、最短でも7日はかかると見たほうがよいでしょう(土日を含まない)。納車まで余裕を持った段取りを組むことが大切です。

中古車購入時

中古車を購入したときも、車庫証明を取得し、管轄の運輸局に提出する必要があります。手続きや必要書類は同じです。

引っ越し・住所変更

引っ越しで住所が変わった場合、住所変更日から15日以内に車庫証明を取り直す必要があります。申請は引っ越し先の管轄の警察署となり、手続きや必要書類は車庫証明取得時と同じです。自動車の保管場所の要件は【住所から直線で2km以内】ですので、引っ越したあとも元の駐車場を使い続ける場合は必ず距離を確認しましょう。

車庫証明の取り方の流れ・交付までにかかる時間・日数

車庫証明の取り方の流れは以下の通りです。

  1. 車庫証明申請のための書類を準備する
  2. 契約駐車場や不動産業者へ連絡し、必要書類を用意してもらう
  3. 必要書類を警察署へ提出、手数料を支払う
  4. 3日~7日後、警察署で手数料を払い、車庫証明を受け取る

1.車庫証明申請のための書類を準備する

自動車保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書など、必要な書類を揃え、記入・捺印します。書類は新車契約時にディーラーからもらう、警察署に取りに行く、webサイトからダウンロードして印刷するなどの方法があります。必要書類については後述します。

2.契約駐車場や不動産業者へ連絡し、必要書類を用意してもらう

車の保管場所が自己所有の土地ではない場合、使用承諾証明書が必要です。契約した駐車場や賃貸物件の大家・不動産業者などに車庫証明を取得する旨を伝え、必要書類を用意してもらう必要があります。このとき、書類作成費用がかかる場合があります。

自宅駐車場の場合も、家族が所有する家や土地であれば使用承諾証明書に記入・捺印をしてもらいます。

3.必要書類を警察署へ提出、手数料を支払う

全ての書類が準備できたら、警察署の車庫証明申請窓口に提出します。担当窓口が開いているのは平日の8時30分頃~17時15分頃(お昼休憩がある可能性も)です。このとき、2,000円ほどの交付手数料を支払います。(※料金は都道府県によって異なります)申請が終わると納入通知書兼領収書がもらえますので、受け取り日まで保管しておきましょう。

4.3日~7日後、警察署で手数料を払い、車庫証明を受け取る

申請内容に問題がなければ、3日~7日ほど後に警察署で車庫証明と保管場所標章(ステッカー)を受け取ることができます。このとき、納入通知書兼領収書を見せ、500円ほどの標章の交付手数料を支払います。(※料金は都道府県によって異なります)

交付までにかかる時間・日数

車庫証明の申請後、警察担当者が申請された保管場所を確認するまでの日数を要します。そのため、車庫証明の交付までには3日~7日ほどかかります。申請手続きが終わったら車庫証明の交付日を知らせてくれますので、申請内容に問題がなければ、その日に車庫証明を受け取ることができます。

警察署に受理されると交付されるもの

  • 車庫証明書(自動車保管場所証明書)
  • 保管場所標章番号通知書
  • 保管場所標章(ステッカー)

このうち、車庫証明書(自動車保管場所証明書)は車の登録に必要となります。登録書類と合わせて運輸局に提出するか、登録を代行してくれる販売店に忘れずに提出しましょう。後日、保管場所標章番号通知書は車検証入れへ、保管場所標章(ステッカー)は車のガラスに貼り付けます。

必要書類一覧

  • 自動車保管場所証明申請書(2通)
  • 保管場所標章交付申請書(2通)
  • 保管場所の所在地・配置図(別々でも可)
  • 保管場所使用権原疎明書面(自認書)or 保管場所使用承諾証明書*
  • 住民票など使用者の本拠(自宅など)を証明できる書類

※書類の印鑑は認印(銀行印)でOK。ただしシャチハタはNG

*保管場所使用承諾証明書の用意が難しい場合、駐車場の賃貸契約書のコピーでも可という警察署もあります

車庫証明の手続きに必要な費用・手数料

  • 自動車保管場所証明書 交付手数料:2,000円ほど
  • 保管場所標章交付手数料:500円ほど

交付にかかる手数料は都道府県の警察署によって若干異なりますので、詳細な金額は管轄の警察署へ確認しましょう。

車庫証明申請書類の書き方

以下では、登録車(新車・中古車)の車庫証明を自分で取得する際の書類の書き方について解説しています。軽自動車の車庫証明の取得方法について知りたい方は以下記事をご覧ください。

自動車保管場所証明申請書

自動車保管場所証明申請書
自動車保管場所証明申請書

自動車保管場所証明申請書は、同じものが2通必要です。2枚複写の場合は、2枚目への捺印を忘れないようにします。

①車名

車のメーカー名やブランド名(「トヨタ プリウス」の場合「トヨタ」と記入)

②型式

車のカタログや諸元表に掲載。同じモデルでもグレードや駆動形式によって異なるので注意

③車台番号

固有の識別番号。車庫証明申請時に不明であれば空欄でよい

※②③がわからない場合は、販売店担当者へ確認を。特に③車台番号は、新車契約時点ではまだ番号がふられていない場合もある。その状態でも申請は可能だが、受け取りの際に車台番号を警察署で記入する必要がある。車台番号が判明したら番号を控え、車庫証明を受け取りに行こう。

④自動車の大きさ

cm単位で右詰めで記入。mm以下は切り捨て

⑤使用の本拠の位置

基本的には車の使用者の住民票の住所を記入

⑥保管場所の位置

駐車場や車庫など、車の保管場所の住所を記入

⑦保管場所標識番号

車を買い換える際、旧車の保管場所標識番号を記入すると所在図の記載を省略することができる。ただし、所在図の省略には以下全ての条件を満たす必要がある。

  • 買い替えなどで車を新車に入れ替えるとき
  • 使用の本拠&保管場所の位置が変わらない
  • 申請する時点でまだ旧車を保有している

⑧申請者

使用者の住所、氏名、捺印。日付はこの申請を提出する日

自動車保管場所証明申請書の記載例

自動車保管場所証明申請書の記載例
自動車保管場所証明申請書の記載例

保管場所標章交付申請書

保管場所標章交付申請書
保管場所標章交付申請書

保管場所標章交付申請書は、標章(ステッカー)交付のための申請書類。同じものが2通必要です。2枚複写の場合は、2枚目への捺印を忘れないようにします。

形式は「保管場所証明申請書」とほぼ同じですので、 保管場所証明申請書と複写になっている場合もあります。 記入する際は該当箇所を埋めてください。

保管場所の所在図・配置図

保管場所の所在図・配置図
保管場所の所在図・配置図

所在図・配置図は1枚のフォーマットにまとまっていますが、別紙でもOK。記載する際、線は定規などを使ってまっすぐ引きます。色付きマーカーなどを使うとわかりやすいです。

①保管場所の所在地

自宅と保管場所の位置・距離がわかる地図。車を買い換える際、条件を満たしていれば省略できる。GoogleMapやゼンリンなどを印刷した地図でもOK。以下の位置は必ず明記する。

  • 自宅
  • 保管場所
  • 自宅から保管場所までの直線距離:間を直線で結び、距離を記入。ざっくりでOK
  • 付近の道路
  • 付近の目印やランドマークとなるもの(駅や学校など)

②保管場所の配置図

すべての場合において必要。駐車場内が詳しく分かる見取り図。賃貸駐車場の場合、業者が用意した見取り図でもOK。自宅の場合は、自宅敷地を記載して保管場所を明示。以下の内容は必ず明記する。

  • 車庫(保管スペース)の位置:駐車スペースが複数ある場合は、自分の車の場所を明記。
  • 車庫(保管スペース)の寸法:タテ、ヨコ、高さ。(高さ制限があれば)
  • 駐車場出入り口の幅
  • 駐車場前の道路の道幅
  • 付近の目印やランドマークとなるもの(駅や学校など)

保管場所の所在図・配置図の記載例

保管場所の所在図・配置図の記載例
保管場所の所在図・配置図の記載例

【借りた駐車場の場合】保管場所使用承諾証明書

保管場所使用承諾証明書
保管場所使用承諾証明書

使用承諾証明書は、駐車場を契約している場合はもちろん、家族が所有する自宅の駐車場や、分譲マンションの敷地内駐車場を使用する場合も必要です。後述しますが、「駐車場の管理者または管理委託者」の欄は、管理者による記入・捺印でなくてはなりません。契約駐車場や不動産業者のフォーマットで発行された使用承諾証明書でもOK。

①保管場所の位置

自動車保管場所証明申請書⑥保管場所の位置」で記載した住所

②駐車場の名前

①が契約駐車場の場合、駐車場名。(例:さくら駐車場、ふじパーキング など)

③駐車位置番号

②の駐車場で契約する駐車スペースの番号

④保管場所の使用者

自動車保管場所証明申請書⑧申請者」で記載した住所・氏名

⑤保管場所の契約者

④と同じ場合は「上記に同じ」。契約者が異なる場合は、記入

⑥使用者との関係

保管場所の契約者と異なる場合のみ、該当する番号に○を。「その他」を選択する場合は、その下に使用者との関係を明記。(例:「親と子」「夫と妻」など)

⑦使用期限

契約駐車場の場合、現時点の契約期間。この書類のせいで、記載した契約期間以降は保管場所が使用できなくなるわけでないのでご安心を。自宅駐車場の場合も、便宜上1年ほどの期間を入れてOK。

⑧駐車場の管理者または管理委託者

駐車場の管理者または管理委託者による記入・捺印が必要。家族が所有する駐車場を使用する場合は、家(土地)の所有者が管理者にあたる。契約駐車場の場合、駐車場担当者や不動産業者に依頼する必要がある。

保管場所使用承諾証明書の記載例

保管場所使用承諾証明書の記載例
保管場所使用承諾証明書の記載例

【駐車場が自己所有の場合】保管場所使用権原疎明書面(自認書)

保管場所使用権原疎明書面(自認書)
保管場所使用権原疎明書面(自認書)

自認書は、自分が所有する駐車場を使用する場合に必要です。

証明申請・届出

登録車の場合は「証明申請」に○をつける

土地・建物

該当するものに○をつける。どちらも所有している場合はどちらも○を

日付・住所・氏名

自動車保管場所証明申請書⑧申請者」で記載した住所・氏名。日付はこの申請を提出する日

保管場所使用権原疎明書面(自認書)の記載例と注意事項

保管場所使用権原疎明書面(自認書)の記載例
保管場所使用権原疎明書面(自認書)の記載例
保管場所使用権原疎明書面(自認書)の裏面
保管場所使用権原疎明書面(自認書)の裏面に記載されている注意事項

手続き完了するともらえるステッカー「保管場所標章」

車庫証明を受け取る際に、一緒に「保管場所標章」というステッカーをもらえます。保管場所標章は車庫証明書が発行された車であることの証明ですので、後面ガラスに貼り付けましょう。

保管場所標章について詳しくはこちら

車庫証明を代理人に手続きしてもらう方法

車庫証明取得の手続きは、ディーラーや販売店、法律事務所に代行を頼んだり、代理人に行ってもらうことが可能です。その場合、上で解説した必要書類のほか、「委任状」と「印鑑証明書」が必要になるケースもあります。

代理人に手続きしてもらう方法についてはこちら

この記事の執筆者
MOBY編集部