MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > アウトドア > 【氷川キャンプ場総合情報】カヤックや川遊びが楽しめる!温泉情報や気になる口コミも紹介
アウトドア

更新

【氷川キャンプ場総合情報】カヤックや川遊びが楽しめる!温泉情報や気になる口コミも紹介

氷川キャンプ場の特徴・施設情報

出典:http://www.okutamas.co.jp/

「氷川キャンプ場」は、東京都西多摩郡奥多摩町に位置するキャンプ場です。キャンプ場の敷地内には多くの巨木があり、キャンプをしながら森林浴気分が味わえます。また都心から2時間半という近さで奥多摩の大自然を満喫できることから、都内でも屈指の人気を誇ります。しっかりと設備が整っていることから、キャンプ初心者でも安心して楽しめるキャンプ場と言えるでしょう。

この記事では「氷川キャンプ場」に行くことを検討している方に向け、キャンプ場の基本情報や口コミ、はじめて行く方のための注意事項に加え、温泉・観光やコンビニ・スーパーなどのキャンプ場周辺情報についても紹介していきます。

※この記事で記載する価格に消費税についての表記がないものは、公式HPで記載がなく不明なものとなりますので現地で確認願います。

施設・設備情報

名称氷川キャンプ場
(ひかわきゃんぷじょう)
住所東京都西多摩郡奥多摩町氷川702
電話番号0428-83-2134
営業期間通年
チェックイン
チェックアウト
14:00
10:00
駐車場あり(共用)
車両の乗り入れ不可
テントサイトフリーサイト(50張)
宿泊施設ロッジ、バンガロー
料金・ テント
1人1泊 800円
・ロッジ
37,000円~73,000円
・バンガロー
5,500円~31,500円
予約電話予約のみ(テント泊は当日受付のみ)
入浴/シャワー設備温水シャワー(3分200円)
売店あり
レンタルバーベキュー用品/調理用品/毛布/暖房器具など

まずは管理棟で受付

https://www.instagram.com/p/BrKb02vld20/?utm_source=ig_embed&utm_medium=loading&utm_campaign=embed_loading_state_camera

キャンプ場に到着したら、こちらの管理棟で受付を済ませます。また、オリエンテーションも行ってくれるので、安心してキャンプを楽しむことができます。

テントサイトは河原で

View this post on Instagram

#奥多摩 #ソロキャンプ #氷川キャンプ場

A post shared by KaKi (@chineselanternplant0727) on

フリーサイトは、目の前に川が流れる河原。美しい渓谷を眺めながらキャンプを楽しむことができます。直火でたき火が可能なのも河原ならではです。

バンガロータイプの宿泊施設

https://www.instagram.com/p/BoIz3mcjVJn/?utm_source=ig_embed&utm_medium=loading&utm_campaign=embed_loading_state_camera

キャンプ場初心者で、テントは抵抗があるという人もバンガローやロッジタイプの宿泊施設を選択可能です。バンガローの場合、コンセント付きの部屋で、トイレ・シャワーは共同になっています。

アクセス

圏央道「青梅IC」から国道411号線を経由して27km、約50分で到着します。東京方面からは青梅街道の「奥多摩駅入口」交差点を左折すると、キャンプ場入口があります。

キャンプ場の口コミ・評価

インターネット上の口コミ・評価を調べると、全体的に非常に高い評価を得ていました。しかし、川が近いので雨が降った後は危険な点、夜間に騒がしい人がいた点に対し、一部若干低い評価も見受けられました。

代表的な評価には以下のようなものがあります。

「目の前に川があってダイナミックな存在感」
「都心から近くて2時間もかからず行ける」
「サイト内もきれいに掃除されている」
「冬や雨のときは増水して川のそばは危険」
「川の方でキャンプファイヤーをしていて騒がしかった」

氷川キャンプ場の注意事項

はじめて「氷川キャンプ場」を訪れる方のために、事前に確認しておきたい注意事項を紹介します。

・オートキャンプ場ではないため、サイト内への車両の乗り入れは不可
・22:00以降は静かに過ごすこと
・部屋、炊事場、トイレはきれいに使用すること
・ロッジ・バンガローは外出・睡眠時は鍵をかけること
・ロッジ・バンガローではホットプレート・炊飯器の使用は控えること

氷川キャンプ場のアクティビティ:カヤック・川遊び・魚釣り

「氷川キャンプ場」では、カヤック・ボート・魚釣りの3つのアクティビティを体験することができます。子どもから大人まで、家族一緒に楽しむことができるでしょう。

カヤック

キャンプ場近くの川でカヤック体験をすることができます。経験豊富なインストラクターが乗り降りからパドルの操作、転覆したときの対処方法まで教えてくれます。

川遊び

https://www.instagram.com/p/BYQ1ZzggolH/?utm_source=ig_embed&utm_medium=loading&utm_campaign=embed_loading_state_camera

「氷川キャンプ場」では、川遊びも満喫することができます。テントサイトが川沿いにあるので、すぐに楽しめるのが特徴です。浅瀬になっている場所もあるので、小さなお子さんでも大人がそばについていれば安心です。

魚釣り

キャンプ場の近くには、「氷川国際ます釣場」があり、釣り体験もできます。釣り具はレンタル可能なので、手ぶらで楽しめるほか、釣った魚をバーベキューで食べるのもおすすめです。

周辺のコンビニ・スーパー・ホームセンター

コンビニ「タイムズマート 氷川店」

キャンプ場から車で3分(450m)のところにあります。酒屋さんが経営しているコンビニで、お酒の種類が豊富という情報がありました。

スーパー「スーパー小川」

キャンプ場から車で2分(230m)、奥多摩駅前にあるスーパーです。食料のほか、薪なども販売しているという情報がありました。万が一食料が足りなくなっても、気軽に買いに行ける距離です。

ホームセンター「カインズ 青梅インター店」

キャンプ場から車で約50分(25.9km)の距離に、「カインズ 青梅インター店」という大型ホームセンターがあります。青梅インターから近く、キャンプ用品やカー用品などが豊富に揃っているため、行きに必要なものがあれば買っていくとよいでしょう。

氷川キャンプ場の周辺情報

周辺の観光

奥多摩で人気の登山スポット「川苔山」

View this post on Instagram

ひさびさの登山 #奥多摩 #登山 #川苔山

A post shared by Kowa (@core.tk) on

標高1,363.3mの山で、埼玉県との県境にも近い山です。奥多摩では1、2の人気を争う登山スポットとして知られる山で、大迫力の滝を見られるのがポイントです。頂上からは360度のパノラマが広がり、爽快な景色を楽しむことができます。

日本の原風景をたどる「奥多摩むかしみち」

「奥多摩むかしみち」は「旧青梅街道」と呼ばれていた道で、奥多摩駅から奥多摩湖に向かう道です。日本の原風景のような景色を楽しみながら散策することができます。それほどきつい坂もなく、紅葉の時期はきれいな紅葉を見ることができるでしょう。

周辺の温泉

源泉100%の温泉を楽しめる「奥多摩温泉もえぎの湯」

キャンプ場から徒歩3分の場所にある日帰り入浴施設。奥多摩の地下深く、日本最古の地層といわれる古生層から湧き出る源泉に浸かることができます。内風呂と露天風呂のほかに足湯もあり、食事やお土産購入も可能です。

「奥多摩温泉もえぎの湯」について詳しくはこちら

ロングドライブを続けていると、どうしても疲れてきてしまいます。「氷川キャンプ場」周辺にはさまざまな観光スポットがあるので、休憩がてら立ち寄るのがいいでしょう。また、道の駅で休憩を取るのもおすすめです。

【道の駅 こすげ(小菅)総合情報】都心から約2時間で大自然を満喫!イタリアンレストランや温泉施設も

キャンプに関するおすすめ情報はこちら

【オートキャンプ入門編】ルールやマナーと最低限必要なグッズから関東・関西のおすすめキャンプ場まで

【手ぶらキャンプ】初心者が何も持たずにキャンプに行ってみた!果たして楽しめるのか!?

【調査】キャンプ場で聞いた!乗ってきた車と今欲しい車とは!?

キャンプに最適なおすすめ車ランキングTOP10|重要なのはラゲッジスペース?

軽キャンピングカー(軽キャンパー)タイプ別人気おすすめ車種26選【2018年最新版】

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード