MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 日本発のカスタムブランドで評判のリバティーウォークとは?ランボやGTRがかっこよすぎる
カーライフ

更新

日本発のカスタムブランドで評判のリバティーウォークとは?ランボやGTRがかっこよすぎる

リバティーウォークとは?

日本発のカスタムブランド

現在、世界中で評価されている日本発のチューナーがあります。それは愛知県に本拠地を構える「リバティーウォーク」です。

社長であるシャコタンオヤジこと加藤渉氏は、日本のいわゆる族車文化に大きな影響を受けていて、族車スタイルをさらに磨き上げた改造スタイルを得意としています。

いわゆるシャコタンやフェンダーのカスタムを中心とする族車文化は日本特有の車文化でしたが、このリバティーウォークを筆頭に海外でも非常に高い人気を誇っています。

シャコタンって何?という人はこちら

シャコタン(ローダウン)って意味あるの?そのメリット・デメリットとは?【カスタム】

愛車をシャコタン(ローダウン)にする為の費用・やり方まとめ|車高調とダウンサス

リバティーウォークのカスタムの特徴

リバティーウォークのカスタムといえば、何と言っても車のボディに大胆にもメスを入れ、リベット留めのフェンダーを装着したスタイルが特徴的です。

リバティーウォーク社長である加藤氏は、若い頃に日産スカイラインやローレルを改造した族車のスタイルに親しんでいて、そのスタイルがフェラーリやランボルギーニのカスタムのルーツになっているといえます。

ランボルギーニやフェラーリは一台数千万円と世界でももっとも高い価格帯に位置するスーパーカーです。そんなスーパーカーに対して、ボディにメスを入れるようなカスタムを施す姿は、当初は多くの外国人を驚かせました。

リバティーウォークのカスタム車種画像集!

リバティーウォークカスタムのランボルギーニ

André.32 CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/
André.32 CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/
ランボルギーニ
André.32 CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/

リバティーウォークカスタムのフェラーリ

Daniel Shofner CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/
chrisbo_phtgrphy CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/

リバティーウォークカスタムの日産GTーR

GT-R
HsienTang Lin CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/
GT-R
HsienTang Lin CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/
GT-R
Abel Salazar CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/

こんな車まで!リバティーウォークカスタムの真骨頂

アウディr8
anyett CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/
– Icy J – CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/

リバティーウォークの評判は?

フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーから、プリウスやミニなどまでなんでも彼ら流のカスタムを施してしまうリバティーウォークです。

そのカスタムは世界でも高く評価されていて、度々海外メディアにも取り上げられているほどです。

その人気は海外セレブを魅了するほどで、アメリカのお騒がせミュージシャン、ジャスティンビーバーは自身の所有するフェラーリ458にリバティーウォーク製のパーツを装着しています。

リバティーウォーク社長・加藤氏の人柄もかっこいい

【動画】リバティーウォークのフェラーリ破損事故

こちらの動画、2014年のSEMAショーで起きたハプニングの様子です。リバティーウォークが出展したフェラーリ 458が後続車に追突され、車体を破損してしまいます。

破損してしまったフェラーリ458のウィングの価格は43万円と決して安い価格ではありません。しかし加藤氏は、追突した相手を咎めることなく「バンザイ!!」と叫び、険悪な雰囲気になりそうなところを一瞬で和ませてしまいました。

エンターテイナーとしての加藤氏の一面がみえます。

かっこよすぎるリバティーウォークのカスタム

ランボルギーニ
Sam Siddiqui CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/

すでに知っていた人も今回はじめて知った人も、彼らのカスタムスタイルには度肝を抜かれ、虜になってしまったはずです。

さまざまな車関連イベントにも登場しているので、ぜひその目で一度リバティーウォークのカッコよさを確かめてみてください。

アグレシッブなカスタムが特徴的なリバティーウォークですが、そのカスタムを施された車に乗る人も、きっとより自分自身の愛車に対して愛着が湧くはずです。

これからも素晴らしいリバティーウォークのカスタムから目が離せません。

その他 車のカスタムに関するおすすめ情報はこちら

GPスポーツのマフラー・エアロパーツ・サスペンションの評判は?おすすめ商品情報も!

軽量ホイールのメリット&デメリットとは?鋳造と鍛造では燃費と乗り心地が全く違う?

ワンオフマフラーとは?製作手順から価格や車検の通過基準についても

タイヤとホイールのインチアップとは|計算方法からメリットやデメリットも解説

リフトアップとは?ハイリフト車のメリット・デメリットを解説

千葉の最高速チューンショップトップシークレットとは?代表車種をご紹介

すべての画像を見る (11枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード