MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 運転免許 > 普通自動車免許で乗れるバイク|法改正で125cc小型自動二輪免許が最短2日で取得可能に
運転免許

更新

普通自動車免許で乗れるバイク|法改正で125cc小型自動二輪免許が最短2日で取得可能に

普通免許所持者が小型自動二輪免許を取得しやすくなる法改正

法改正後も普通免許のみで乗れる二輪は50㏄以下の原付バイクのみ
©Oleksii Nykonchuk /stock.adobe.com

小型自動二輪(原付二種)は普通自動車免許では乗ることができないため、小型二輪限定免許を取得する必要があります。

小型二輪限定免許取得には、普通免許で合計11時間、AT限定免許でも合計9時間の教習が必要です。

自動車教習所は1日に受けられる技能教習の上限(段階ごとに異なる)と、連続して受けられる時限数(2時間まで)が定められています。

法改正によってAT小型二輪(原付二種)が最短2日で取得可能に!

2018年7月の道交法改正によって、普通免許保持者がAT小型二輪(原付二種免許)を取得する際、1日に受けられる時限数の上限が引き上げられました。

これによって、普通免許保持者は原付二種免許(AT小型二輪)の取得が最短2日で可能となったのです。

1日あたりの教習時限上限の変化

1日あたりの教習時間
改正前改正後
技能教習第1段階2時限まで5時限まで
第2段階3時限まで3時限まで
学科教習1時限1時限

125ccバイクのメリットと原付との違い

125ccスクーターで高い人気を誇るスズキ アドレス125

小型限定免許で乗ることのできる125ccバイクにはどんなメリットがあるのか、原付バイクとの違いから解説します。

50ccバイク125ccバイク
速度制限30km/hまでなし
二人乗り不可
二段階右折ありなし

記事冒頭でも説明したとおり、50ccバイク(原付)には30km/hの速度制限や二段階右折などの規制が設けられており、二人乗りは禁止されています。

対する125ccバイクは、車格や税金、保険料金などが50ccバイクとほぼ同じにも関わらず、速度制限や二段階右折などの規制がありません。さらに、原付では禁止されている二人乗りも可能です。ただし免許取得後1年間は初心運転者期間のため一般道において二人乗りはできません。

このように、125ccバイクは原付同様日常の足として利用しやすく、また様々な規制を回避することができるというメリットがあります。

原付免許を最速で取得する方法は?試験の費用や問題、取得資格について解説

125cc以下のバイクも普通免許で乗れるようになる?

運転免許を管轄する警視庁
©健太 上田/stock.adobe.com

法改正により125cc以下の小型限定免許を取得しやすくするのは、免許取得時のコストがかからなければ原付よりも便利な125ccバイクに乗りたい、というユーザーがいるためです。

車格は同じで使い勝手に勝る125ccバイクは、日常の足として使い勝手のよい車両です。操作や取り回し、最高速度などは50ccの原付とほぼ同じにも関わらず、教習所での拘束期間や費用がかさむのは理にかなっていない、というのがユーザーの本心のようです。

法改正はいつ?

普通免許保持者は小型限定免許を取得しやすくなったといっても、「普通免許で125cc以下のバイクに乗れるようにしてほしい」という声は引き続き挙がっています。

この件に関しては、未だに法改正が行われるという情報はありません。とはいえ、警視庁が意見を募集したりしていますので、ユ一ザーや関係者から見れば少しずつ前進しているといえるでしょう。

【バイク免許取得Q&A】全4種条件比較・取得費用・最短期間・教習内容・一発試験

関連するおすすめ記事はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事