MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 自動車保険 > 【教えて!自動車保険】交通事故を起こしたらどうする?事故発生時とその後の対応マニュアル
自動車保険

更新

【教えて!自動車保険】交通事故を起こしたらどうする?事故発生時とその後の対応マニュアル

自動車保険会社への電話は後回しになっても大丈夫!

交通事故

事故を起こした場合、事故に巻き込まれた場合、いずれにせよ現場は何かとバタバタします。

けが人の救急車搬送が終わると、一旦は落ち着くはずです。
この時に状況が許せば、保険会社に電話すると良いでしょう。

保険会社の事故対応受付は、ほとんどの保険会社で24時間365日対応してくれます。
また、同様に示談交渉サービスも付いています。
事故の相手とのお話も、すべて保険会社に任せるようにしましょう。

ちなみに、保険会社の事故受付へ電話すると、真っ先に「お怪我はありませんか?」と聞いてきます。
これは、前項でお話しました通り、人命救助、けが人の救助が第一だからです。

保険会社に電話すると、レッカーや帰りの手段について聞いてきます。
ほとんどの自動車保険で、レッカーや帰りの交通手段に関わるサービスが付いているからです。

明らかに事故の被害者であっても自分の保険会社へ電話を!

自動車保険は、もらい事故でも示談交渉サービスがついていることが一般的です。
事故後の示談は、保険会社同士で行われることが多々あります。
それは、被害者側が保険会社へ示談交渉サービスをお願いした背景があるからです。

事故現場にパトカーがきたときの対応方法

交通事故後、しばらくするとパトカーがやってきます。
ここで警察のやることは、事故の関係者の身元確認と事故の概況の聞き込みです。

注意したいのは、このときに、事故の加害者、被害者の責任割合が決定されない、という点です。
警察にきいても、原則的に明確に「どっちが悪い」とジャッジはしてくれません。
明らかな交通違反があったときは、その違反については指摘されますが、保険金支払に関わるような過失割合は判定されません。

事故直後の警察の対応は至って事務的です。
最後に担当する警察署名、担当、連絡先、事故受付番号などを警察が言ってきますので、きちんとメモしておいてください。
後日、事故現場に警察と一緒に事故時の詳細をヒアリングし、記録します。
これは、事故の規模にもよりますが、おおむね半日はかかります、

自分が加害者だったとき、被害者への対応は?

謝罪

事故の状況で、明らかに自分が加害者側だった場合、被害者への謝罪やお見舞いなどの誠意は見せたいものです。

ただ、直接、被害者へ連絡をするのではなく、保険会社へ相談してからの方が望ましいでしょう。
事故の過失割合がどちらが大きいのか微妙なときは尚更です。

自動車保険は、加害者側を守る側面もあります。
何をするにしろ、事前に保険会社に相談することがおすすめです。

自動車保険の保険金の支払いはどのような流れ?

新車購入 現金 慰謝料

対人賠償・対物賠償の場合

対人賠償保険・対物賠償保険は、保険会社と被害者の間で示談が行われ、過失割合が決められます。
また、損害賠償額も決められます。
損害賠償額は、ケガの治療などの実費、慰謝料、休業補償などの総合計となりますが、損害賠償額そのものについても、保険会社と被害者の間で話し合いが持たれます。

これが定まるには、まず、事故のケガが完治しなければなりません。
すべての費用の支出が終わるまで、損害賠償額が求まりませんから、これは相当に時間がかかります。
事故後1年以上かかるケースも珍しくありません。
後遺障害の場合も同様、さらに相当な日数がかかることがほとんどです。

保険会社と被害者側とで示談が成立すると、「示談成立書」などの書面を交わし、保険金が支払われます。

治療費、交通費、休業補償、相手の車の修理費などの実費は先払いされます。

自分が加害者であった場合、示談成立前に、医療費、休業補償の費用、相手の車の修理費など支出金額が明確で、領収書や休業補償証明書などの証拠が提出できる場合、先払いで相手へ保険金がでます。

示談成立時に、先払いした金額は差し引かれて保険金が相手へ支払われる流れとなっています。

人身傷害補償保険・搭乗者傷害保険の場合

ほとんどの人身傷害補償保険は「実損払い」といって、実際に発生した金額=損失額をそのまま払う保険となっています。
また、ほとんどの搭乗者傷害保険は「定額払い」といって、実際の損失額に掛からず契約時に定めた保険金額がそのまま支払われるものとなっています。

これらの保険はいずれも、事故の過失割合に関係なく支払われるものですので、保険金の支払はスピーディーです。

くれぐれも事故は起こさないように注意しましょう!

交通事故 対物事故 追突
©shutterstock / Monkey Business Images

事故発生時の対応について、いかがでしたか?

事故を起こしてしまったとき、しなければならないこと、その後の流れなど、おわかり頂けましたでしょうか?

事故を起こしてから、すべてが解決、完了するまで相当な日数がかかります。
被害者は無論、大変な思いをします。
加害者は、法律上の責任、民事上の責任の両方を負わねばなりません。

自動車保険に入っているから、事故を起こしても安心!と思わず、決して事故を起こさないようにする心がけが大切ですね。

覆面パトカーの交通取締りに関連するおすすめ記事

覆面パトカーの特徴と見分け方総まとめ!珍しい車種と仕様から事故まで

すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!