MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 自動車保険 > 【教えて!自動車保険】交通事故を起こしたらどうする?事故発生時とその後の対応マニュアル
自動車保険

更新

【教えて!自動車保険】交通事故を起こしたらどうする?事故発生時とその後の対応マニュアル

交通事故発生!その直後にすべきこととは?

交通事故

もしも事故を起こしたら?想像してみてください

「ドンッ!」
交通事故は一瞬で起こります。

さて、その瞬間、あなたは次に何をしますか?

「110番に電話」

これは間違いです!

交通事故が起きたら、まず、事故の被害者がいないかどうかを確認!

こういわれると、「あたりまえ」と思われるかも知れませんが、ケガ人がいないかどうかを真っ先に確認するのが、運転者の義務です。

自分が被害者か加害者なのかは後回し!

繰り返しにはなりますが、衝突事故でも接触事故でも、車同士の事故でも人身事故でも、交通事故発生時、まずは怪我人の確認、救護を最優先にしてください。

法律でも、事故発生時のケガ人の救済は義務付けられています。

【重傷者がいたら】110番よりも先に119番!なにより先に救急車!

救急車

あたりまえですが、人命救助は再優先にすべきです。
この時、周りに人がいれば、手分けして次の項目の

【重要ポイント】2次被害の防止、対策を講じる!

を同時進行で対処すべきです。

その時、以下に注意してください。

重傷者は、むやみに動かさない!

ケガの状況によっては、負傷者を動かすことで死に至る場合があります。
まず救急に電話をして、指示を仰ぐようにしましょう。

【重要ポイント】被害拡大、2次被害の防止、対策を講じる!

交通事故 正面衝突
©shutterstock / Anna Baburkina

被害者の有無を確認すると同時に、起きた事故が原因で次の事故が起きないよう、速やかに対策を講じてください。

被害の拡大防止、二次被害防止の適切な対処も法律で義務付けられています。

尚、被害拡大防止のために講じた費用は、ほとんどの自動車保険の保険金で支払ってくれます。

人命救助・二次被害防止の後に警察へ電話を!

自動車保険 交通事故
©shutterstock / Rob Orf

人命救助、二次被害防止が終わった段階で、警察へ電話しましょう。

ちなみに、警察に電話すると、警察はたいてい「けが人はいませんか?」と人命救助が済んでいるかどうかを真っ先に聞いてきます。

警察へ電話するときは、まず最初に「交通事故です」と言うようにしてください。
警察に電話する前に、報告する内容を頭の中で整理する必要は一切ありません。
110番に電話を掛け、「交通事故です」と一言いえば、後は警察の方から質問してきます。
その質問に答えていくだけで十分です。

すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!