MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 車検・メンテナンス > 車の定期点検には何がある?それぞれの違いと定期点検を受けるメリット
車検・メンテナンス

更新

車の定期点検には何がある?それぞれの違いと定期点検を受けるメリット

車の定期点検をすることで、車を長くよい状態に維持できます。よい状態とは、各装置がきちんと動き安全に走行できることを指します。

一般的に車検にとおる=よい状態だと勘違いされがちですが、車検に通るからといってその車にトラブルがないわけではありません。なぜなら、車検では必要最低限の装置しか見てないから。

そのため、定期点検を受け、劣化やトラブルに早めに気づく意識が必要なのです。そこで今回は、定期点検の必要性や種類、定期点検を受けるメリットをお伝えしていきます。

車の定期点検とは?

©hedgehog94/stock.adobe.com

車の点検は大きく分けて3つあります。

  • メーカーが実施する無料点検
  • ディーラー独自の簡易点検
  • 法律で定められた法定点検

このなかで、定期的に行う点検はディーラー独自の簡易点検と、法律で定められた法定点検です。メーカーの無料点検以外は点検費用がかかります。

そして、ディーラー独自の点検は法定点検の間に行います。ディーラーで車を購入すると、点検について説明があるでしょう。点検方法が分からず自分では点検できない方は、ディーラーや整備工場で定期的に点検を受けることをおすすめします。

車の定期点検を受けるメリット

©west_photo/stock.adobe.com

車の定期点検を受けるメリットは3つあります。ではそれぞれご紹介していきましょう。

自分で気づかない劣化や異常に気づいてもらえる

車の知識がある人に点検をお願いすることで、自分では気づかない劣化や異常に気づいてもらえます。

劣化の早期発見や異常を見つけるためには、知識と経験が必要です。車に乗っているだけでは分からない劣化や異常を見つけてもらえることが、定期点検を受けるメリットの1つです。

交換が必要な部品があるときは、プロの目線から提案してもらえます。

乗り方やメンテナンスのアドバイスをもらえる

車の異常箇所だけでなく、安心して長く乗り続けるためのメンテナンスや乗り方のアドバイスも、整備士から教えてもらうことができます。

定期的に点検を受けることで、何か気になることがあれば気軽に相談できるような関係性になれれば、なお安心ですね。

車の定期点検にはどんな種類があるの?

©SkyLine/stock.adobe.com

車の定期点検にはいくつかの種類があります。

この記事は家庭用乗用車や軽自動車を対象とした内容です。貨物車や事業車、タクシーなどは点検時期や点検内容が違うので注意してください。

点検の種類は以下のとおりです。

点検名称点検のタイミング料金
新車1ヶ月点検新車から1ヶ月後もしくは1000㎞走行時無料
新車6ヶ月点検新車から6か月後もしくは5000㎞走行時無料
6ヶ月点検※法定点検の間6ヶ月ごと※約4000円~8000円
法定12ヶ月点検※車検後12ヶ月ごと※約1万~1万5000円
法定24ヶ月点検※24ヶ月ごと※約2万~4万円

※新車からの初回車検は3年目なので、少し点検項目が違います。初回車検後は同じサイクルで点検をおこないます。

※点検の料金は店によって違いがあります。

新車1ヶ月点検

新車1ヶ月点検とは、メーカーが行っている無料点検です。新車から1ヶ月もしくは、1,000㎞走行時に行います。

この点検は、劣化の状態を見るのではなく、新車の不具合発見のため実施しています。点検内容は、タイヤの空気圧や灯火類などの基本的な部分です。

点検をするなかで初期不具合として本来壊れない装置が見つかった場合、保証の対象となります。

新車6ヶ月点検

新車6ヶ月点検も、メーカーがディーラーに実施させている無料点検です。新車から6ヶ月もしくは、5,000㎞走行時に行います。

新車1ヶ月点検と同様、初期不具合の早期発見が主な目的です。

点検内容としては、新車1ヶ月とほぼ同じですが、新車から半年経過しているためオイル交換時期なども同時に確認します。新車のほとんどは初期不具合を発症しません。

しかし、メーカーは年間何百万台と車を製造しているので、低い確率ではあるものの、どうしても不具合が出てしまいます。その初期不具合の車を見つけるために無料点検は実施されているのです。

新車1ヶ月点検と新車6ヶ月点検は、無料なのでぜひ受けておきましょう。

6ヶ月点検

6ヶ月点検とは、主にディーラーが行っている独自の定期点検です。点検費用は約4,000円~8,000円ほどになります。メンテナンスパックと呼ばれる、定期点検メニューに加入することで2年間もしくは1年半の点検セットを購入できます。

安心点検や安心快適点検、安心メンテナンスなどディーラーごとに呼び名が違います。点検する内容は、オイル状態やタイヤの空気圧、下廻りのオイル漏れなど車の劣化具合と基本的な部分です。

6ヶ月点検は法的に義務付けられた定期点検ではありません。そのため、不要であれば受けなくてよいものです。

自分で車の点検ができない人や、オイル交換などを忘れてしまう方におすすめの点検です。

法定12ヶ月点検

法定12ヶ月点検は、1年ごとに行う点検です。点検費用は約1万~1万5,000円になります。

法定12ヶ月点検は、法律で決められた点検です。タイヤの脱着も行い、6ヶ月点検よりも車の状態を詳しく見ます。6ヶ月点検と同じく、法定12ヶ月点検単体で受けることも可能です。

法定24ヶ月点検

法定24ヶ月点検は、車検時に行う点検です。点検費用は約2万~4万円になります。

通常、車検整備と同時に行う点検なので、車検整備のなかに点検費用を入れ込んでいる場合もあります。車検の明細に記入がなく、どうしても気になるのであれば車検をお願いした整備工場に聞いてみましょう。

法定12ヶ月点検と法定24ヶ月点検(車検点検)の違い

法定点検とは?

法定12ヶ月点検と法定24ヶ月点検は、法律で定められている点検です。知らないからといって、点検を受けなければ罰則の対象になります。

適用される法律は道路運送車両法です。

道路運送車両法の第48条では、「自動車の使用者は、それぞれ該当する期間ごとに、点検の時期や種類、用途などに応じ国土交通省令で定める技術上の基準により自動車を点検しなければならない」と記載されています。

自家用乗用車の場合、定期点検は1年ごととなります。法定点検を受けると、点検ステッカーが発行されフロントガラスの左上に貼られることが多いです。

法定12ヶ月点検と法定24ヶ月点検(車検点検)の違いは?

12ヶ月点検と24ヶ月点検の違いは、点検項目の量です。24ヶ月点検の方が、より多くの内容を点検します。

タイヤ脱着はもちろんのこと、12ヶ月点検では実施しない、各装置のガタつきや排気ガス循環装置の点検なども行うのです。そして、24ヶ月点検は、車検作業と同時に行うことが多いので、車検費用に組み込まれています。

自分の車では24ヶ月点検をしたことがないと思っている人も、車検時に整備工場側で点検をしてくれているので安心してください。ただし、一部の格安車検では24ヶ月点検を行っていない店舗もあるので注意しましょう。

点検パックに加入すると定期点検費用がお得に

©naka/stock.adobe.com

ディーラーでは点検パックやメンテナンスパックと呼ばれる、点検セットを販売しています。点検セットを購入すると、各点検費用がお得になります。店によっては、半額に近い金額になることも。

また、点検時期にお店から電話やハガキがあります。自分で車を管理する自信のない方は、新車時から点検セットを購入しておくといいでしょう。

中古車であっても定期点検は必須

個人的には、以前のオーナーがきちんとメンテナンスをしていたかどうかわからない中古車の方が、定期点検は大事だと感じます。オイル管理が悪い中古車の場合、購入後すぐに異常が出るでしょう。

中古車であっても点検セットを購入することはできます。また、法定点検はディーラー以外の整備工場でも行われています。

プロの目で確認してもらうことで、気づかない異変を見つける可能性は高くなります。定期点検は車をよい状態に維持するため、新車でも中古車でも大切なメンテナンスなのです。

定期点検を受けて安全なカーライフを

定期点検のなかで国が義務付けている点検は「法定12ヶ月点検」と「法定24ヶ月点検」です。

また、ディーラー独自の点検として、6ヶ月点検があります。こちらは点検義務はないものの、自分で車のメンテナンスを全くしないのであれば6ヶ月点検もしておいた方が安心です。

定期点検を行うことで、車の状態を詳しく知ることができます。しかし覚えていてほしいのは、点検をしたから車の状態がよくなるわけではないこと。

定期点検により、車の状態を詳しく知ることができ、異常を早期に発見しやすくなります。異常がない場合も、点検をして提案された部品の交換を行ったり、アドバイスをもらうことで、車をよい状態で維持できます。

自分では分からないことでも、プロに任せると安心できますよね。定期点検を受けて安全なカーライフを送りましょう。

点検すべきクルマの消耗品12選はこちら

不正車検は依頼者側にも罰則があるって本当?

ディーラーで得をすることは?良いディーラーの見極め方を解説

執筆者プロフィール
山北吏(つかさ)
山北吏(つかさ)
1989年生まれ。現役整備士(整備士3級)webライター。webライター歴は1年半。愛車はインプレッサ(GH8)。車に乗るなら絶対MT!実家が田舎だったこともあり山道は得意!整備士として働き始め3年目。前職は輸入業...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事