MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > 車を楽しむ > ドライブ > ドライブスポット・コース > 和歌山のおすすめドライブスポット&コース10選|日帰り観光でもデートでも楽しめる!

和歌山のおすすめドライブスポット&コース10選|日帰り観光でもデートでも楽しめる!

和歌山でおすすめのドライブスポットはどこ?日帰り観光がしたい!

高野山
©iStockphoto.com/ Patrick_Gijsbers

和歌山は、近畿地方のなかでも特に多くの自然に囲まれています。
紀伊半島をはじめとした海沿いや、高野山をはじめとした山々と、どこを見渡しても絶景ばかりです。
とくに車で観光・デートをする方にとっては、とてもドライブし甲斐がある県といえるでしょう。

そんな和歌山ですが、おすすめしたい日帰り観光スポットは、車でないと行けない場所ばかりです。
今回は、そんな和歌山でデートおよび観光で行きたいおすすめドライブスポットをランキング形式でお届けします。

和歌山 日帰りドライブスポット 第10位|東燃ゼネラル工場

『東燃ゼネラル和歌山工場』は、有田氏にある石油精製工場です。
24時間稼働していて、夜にはライトアップされます。
夜景デートは人気ですが、とくに『工場』『廃墟』などの無機質な施設の夜景は若いカップルに人気となっています。

そのなかでも和歌山の本工場は別名『光の島』と呼ばれていて、工場というより”要塞”といった呼称のほうがしっくりくるほど、キラキラとミステリアスな雰囲気を放っています。

施設基本情報

《営業時間》
24時間
《休日》
なし
《料金》
無料
《問合せ先》
0737-85-1010
《住所》
和歌山県海南市下津町下津

和歌山 日帰りドライブスポット 第9位|和歌山マリーナシティコース

『和歌山マリーナシティ』は、和歌山市沖に造られた人工島です。
人工島そのものがテーマパークと化しているので、本土からドライブしながらそのまま行くことができます。
マリーナシティ内におすすめスポットがいくつもあります。
特にポルトヨーロッパは、ヨーロッパの街並みを彷彿とさせる遊園地で、デートがより楽しくなります。

おすすめ観光スポット 1|黒潮市場

明日は黒潮市場行くぞ
殺したての魚食うんじゃ〜
マグロの解体ショーも見たい pic.twitter.com/gWla5Q253c— マザ田ファカ夫 (@the_ching_pong) 2017年5月27日

おすすめ観光スポット 2|天然紀州黒潮温泉

紀州黒潮温泉『天然紀州黒潮温泉』♨
和歌山マリーナシティに併設された日帰り温泉施設。
加温・加水・循環濾過、ほのかに塩味がある。 pic.twitter.com/F62mIkwJcG— Juza. (@sunmoonstar1112) 2016年9月5日

おすすめ観光スポット 3|ポルトヨーロッパ

和歌山マリーナシティ|施設基本情報

《営業時間》
9:00~20:00
《休日》
なし
《料金》
施設に夜
《問合せ先》
0570-064-358
《住所》
和歌山県和歌山市毛見1527

和歌山マリーナシティのHPはこちら!

和歌山 日帰りドライブスポット 第8位|湯の峰温泉コース

湯の峰温泉コースは、和歌山県から三重県方面、つまり海に背を向けて山の方にドライブしていくコースです。
温泉巡りが目的のコースではありますが、どちらかというと世界巡り遺産の卑怯巡りといった印象の方が強いかもしれません。
レトロな雰囲気の温泉ばかりで、公衆温泉は基本的に250円という破格で入ることができます。
とくにおすすめは、30分の交代制で入る世界遺産の温泉『つぼ湯』です。1日に7回色が変わるという変わった温泉です。

おすすめ観光スポット 1|つぼ湯

つぼ湯、普通に待ち無しで入れた pic.twitter.com/9YkyTh2H5L— マコー (@BPK_t) 2017年5月21日

おすすめ観光スポット 2|熊野本宮大社

熊野本宮大社の黒いポストと
那智駅の黄色いポスト📪💗#電気自動車 #日産 #日産リーフ #リーフの旅 #休息充電 #和歌山県 #田辺市 #熊野本宮大社 #八咫ポスト #那智勝浦町 #那智駅 #道の駅なち pic.twitter.com/aKrskhTd6t— macotabi (@macotabi_leaf) 2017年5月27日

湯の峰温泉 基本情報

《営業時間》
6:00~22:00
《休日》
なし
《料金》
大人(中学生以上)|250円~
小人(小学生以下)|130円~
《問合せ先》
0735-42-0735
《住所》
和歌山県田辺市本宮町下湯川

湯の峰温泉が紹介されている熊野本宮観光協会のHPはこちら!

和歌山 日帰りドライブスポット 第7位|南紀白浜コース

南紀白浜コースは、和歌山の海沿いを走るドライブコースです。
白良浜は、リゾート気分が味わえる砂浜で、夏場は海開きもされているので、海水浴や花火大会目当てで訪れてもいいかもしれません。
ドライブで訪れる観光客を見越してか、外湯めぐりができる温泉施設も数多く、後述する『南紀白浜アドベンチャーワールド』など遊べる施設も多いです。

おすすめ観光スポット 1|白良浜

パンダの町、白浜の白良浜🐬🐼⛵
真っ白な砂浜✨ #旅の思い出
🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼https://t.co/2v3fkbd4te
🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼🐼
PANDA KENJI←YouTube⭐Please subscribe… https://t.co/AYYnH8l0rY pic.twitter.com/F1K1PkuNtm— PANDA_KENJI_KOBE🐼 (@PANDA_KENJI_UKB) 2017年5月27日

おすすめ観光スポット 2|とれとれ市場

1日目終了〜💓💓💓💓

初とれとれ市場🐟📷
お刺身とっても美味しかったあああ
ママにもお酒🍶送れてよかった❤️☺️ pic.twitter.com/9e2T5RHh8c— あいりん@西野家☻* (@buuuchan_13) 2017年5月15日

ドライブコース情報

《おすすめポイント》
・リゾート気分が味わえる
・西日本最大級の市場で新鮮な魚介類が購入できる
・お土産探しにピッタリ
《有料道路情報など(必ず発生する料金)》
特になし
《備考》
コース内のおすすめスポット『円月島』『アドベンチャーワールド』は別途本ランキング内で紹介。

南紀白浜観光のHPはこちら!

和歌山 日帰りドライブスポット 第6位|忘帰洞

忘帰洞は、洞窟のなかにある天然の露天風呂です。
これまで紹介してきたいくつかの公衆温泉施設ではなく、『ホテル松浦』に帰属しています。
日帰りで利用することもできるので、本温泉だけを目当てにドライブというよりは、ほかのドライブコースやスポットと組み合わせて使いたい場所ではないでしょうか。
洞窟の中の温泉ということで、写真映え・SNS映えもするのでおすすめです。

なお、午前10時から午後1時まではスタッフによる管理時間のため温泉利用ができないので、お昼時は避けましょう。

ホテル松浦 施設基本情報

《営業時間》
5:00~10:00/13:00~23:00
《休日》
なし
《料金》
大人|1,000円
小人|500円
《問合せ先》
0735-52-1011
《住所》
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦1165−2

ホテル松浦

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事