MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ボルボ > V40 > 【新型ボルボV40最新情報】デザインや性能と価格や発売日まで徹底予想
V40

更新

【新型ボルボV40最新情報】デザインや性能と価格や発売日まで徹底予想

ボルボ V40とは?

ボルボ V40 クロスカントリー
Ciprian Mihai パブリック・ドメイン
出典 : https://www.flickr.com/

ボルボ V40とは、スウェーデンの自動車メーカーVOLVOが製造・販売を行っている乗用車です。
1995年から2004年まで初代のステーションワゴンタイプが発売され、後継モデルであるV50にバトンを渡した後、8年後の2012年(日本では2013年)に「プレミアムショートワゴン」と称される5ドアハッチバックモデルとして2代目が販売され、これが現行モデルとなっています。

2代目からのエクステリアデザインは、従来の四角く角ばったイメージを覆すようなシャープで丸みのあるデザインとなっており、2016年のマイナーチェンジではトールハンマー型LEDヘッドライトを採用するなど、北欧情緒のある拘りがより洗練されています。

ボルボに関する情報はこちらの記事

【ボルボの歴史】ルーツと代表車種や現行モデル全10車全網羅!

コンセプトカー「40.2」が新型ボルボ V40のベースに?

コンセプトカー「40.2」

Volvo’s new concept car 40.2 will provide fuel, electric and plug-in power. pic.twitter.com/6qpnKVbzfB— Pharoah Group (@PharoahGroup) 2017年4月29日

2016年の5月、スウェーデン第二の都市イエテボリで開催した記者向けのイベントで、ボルボは2つのコンセプトカー「40.1」「40.2」を発表しました。
「40.1」は、XC40コンセプトとも呼ばれ、ボルボ史上最小のSUVであるXC40のコンセプトモデルとなります。

一方「40.2」はリアゲートを備えたハッチバックタイプのボディスタイル、さらに最高350kmの航続距離を実現するEVであり、次期V40のコンセプトとされています。
この2つのコンセプトカーは、ボルボが親会社であるジーリー(吉利)と共同・独自に開発した最新のコンパクト車専用プラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)」を採用しています。

コンセプトカー「40.1」

Close up with the Volvo 40.1 and 40.2 Concepts: 2018’s XC40 and S40 – https://t.co/2fILsURJIl pic.twitter.com/hcvzyMla38— TheSlashGear (@theslashgear) 2017年5月24日

ボルボ XC40に関する情報はこちらの記事

ボルボ新型XC40日本発売開始!新コンパクトSUVの性能や価格からPHEVまで

新型プラットフォーム「CMA」は既にボルボ V40に採用されている!

ボルボ V40 外装 2017年型

先述のコンセプトカーと同時に発表した新プラットフォームCMAは、ボルボ V40の2016年におけるマイナーチェンジで、早速第1号車として採用されています。
この事実も、「40.2」が新型ボルボ V40となることを示唆しています。

実は、ボルボはCMA発表の数ヶ月前に、「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)」という別の新型プラットフォームを採用したXC90を発売しており、他ブランドと共有しないプラットフォームをこの短期間で2つも開発するのは異例のスピードです。

ボルボV40の価格は?

価格設定はプレミアム路線に?

ボルボ V40 外装 2017年型

2012年12月、ボルボは約110億米ドル(日本円で1兆3,000億円)という国家予算レベルの事業投資を行うと発表しており、この投資で新型プラットフォームや、完全新設計の4気筒エンジン、そしてその開発・生産環境を整えているものと思われます。

そこからの高級感漂うコンセプトカーの発表が行われたり、ボルボ V40のマイナーチェンジで70万円の価格アップが行われるなど、高級コンパクトハッチバックの路線を行く可能性はこの時点で垣間見ることができます。
参考までに、現行のボルボ V40の価格について表にまとめておきます。

ボルボ V40
T2
Kinetic
2,990,000
T3

Kinetic
3,390,000
D4

Kinetic
3,640,000
T3
Momentum

3,840,000
D4

Momentum
4,090,000
T3Inscription4,140,000
D4
Inscription
4,390,000
T5 R-Design4,550,000
[単位]円(消費税込み)

ボルボ V40の気になる発売日は?

発売日は2018~2020年ごろか

ボルボ V40 2016年型

まず、40.1ベースの新型XC40の発売日は2018年という説が濃厚になっており、これを皮切りにボルボ40シリーズのテコ入れが本格的になると思われます。
ボルボは2025年までに100万台のEVPHVを発売したい旨を明らかにしており、EVのラインナップ入りの可能性が高いボルボ V40の新型は、XC40発売日後に遠からず続く発売になるでしょう。

また、ボルボはコンパクトカーにこそ高度な安全装備が必要とし、「2020年までに新しいボルボ車が関わる事故による死傷者をゼロにする」という”ウィジョン2020”を掲げており、ボルボ V40にもこれを実現する機能を充実させ、2020年までには確実に発売される運びとなるでしょう。

新型ボルボ V40に期待!

ボルボ V40 外装 2017年型

ここまで、新型ボルボ 40の情報について、ボルボ社の動向も含めて価格・発売日予想をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

今、北欧を代表する自動車メーカーとして、ボルボは非常に勢いがあります。
予想よりも早い発表となるかもしれませんし、掲げる安全性をじっくりと確保してからの発表となるかもしれません。

今後のボルボ V40の新しい情報に期待しましょう!

ボルボの新型車に関する情報はこちら

【ボルボ新型ポールスター1最新情報】10月17日予約受付開始!高級PHEVクーペの航続距離や価格は

ボルボ新型XC20最新情報!新コンパクトSUVの価格や燃費・発売日からライバル車まで予想

ボルボ新型XC40日本発売開始!新コンパクトSUVの性能や価格からPHEVまで

【ボルボ新型XC60】最新情報!価格や燃費とスペックからPHEVまで

【ボルボ新型V90&V90クロスカントリー発売開始】価格&性能や試乗評価は?

すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!