MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ボルボ > ポールスター > 【新型ポールスター1最新情報】市販モデルを初スクープ!
ポールスター

更新

【新型ポールスター1最新情報】市販モデルを初スクープ!

【最新情報】市販直近?600PSのスーパーPHEV「ポールスター1」

フロントバンパーがカモフラージューされていないフロントビュー

ポールスター1_2019

シルエットがよくわかるサイドビュー

ポールスター1_2019

巻き上げる雪でよく見えないリアビュー

ポールスター1_2019

ポールスターはボルボから派生した電動車(EV、PHEV)を専門とするハイパフォーマンスブランドです。

スクープ画像は、プロトタイプとほとんど同じように見え、カモフラージュされていないフロントバンパーは、塗装されておらずカーボンファイバー製に見えます。
この状態であれば、プロトタイプと同じスタイルで市販化される可能性が高いでしょう。

ポールスター1は2018年4月の北京モーターショーにて、販売価格を15万5,000ユーロ(約2,000万円:2019年2月現在)と発表し、10月17日より予約受付を開始しています。
デリバリーは2019年後半になると予想しています。

ポールスターとは?

ポールスター ロゴ

ポールスター ロゴ

ポールスターは、1996年にモータースポーツチームとして設立されました。
ポールスターはボルボの車でレースに参戦し、数々の輝かしい功績を残しました。
2009年に市販車向けのパフォーマンス関連の製品を提供し始めたのをきっかけに、ボルボとの関係強化が図られ、2014年にはボルボS60とV60をベースにした初めてのコンプリートカーが発売されています。

その後ボルボは2015年にポールスターを買収し、ポールスターはボルボのハイパフォーマンスブランドとして、ボルボ参加に収まることとなりました。
そして2017年6月より、ポールスターはボルボから独立し、ハイパフォーマンスEV専門ブランドとして新たに生まれ変わりました。

ボルボ 新型ポールスター 1の注目ポイントまとめ

ポールスター 1の注目ポイントは、以下の4点となります。

・ポールスターブランド初の市販車
・2ドアの4シータークーペ
・150kmまでモーターのみで走行可

ポールスター 1に関する最新情報をご紹介していきます。

ボルボ 新型ポールスター 1の外装(エクステリア)デザイン

フロントデザイン

サイドデザイン

ポールスター 1

ルーフデザイン

ポールスター 1

リアデザイン

ポールスター 1

専用ブレーキキャリパー

ポールスター1

ポールスター 1の外装はシンプルかつスタイリッシュな未来を感じさせるデザインになっています。

フロント、リアともに細くスタイリッシュなLEDライトが搭載されています。
ルーフトップからルーフエンドまで流れるようなデザインになっており、大型パラノミックルーフが特徴的です。

また、専用のブレーキキャリパーが採用されていることから、高い走行性能を持つことが予想できます。

ボルボ 新型ポールスター 1の内装(インテリア)デザイン

運転席・助手席周り

ポールスター 1

運転席周り

ポールスター 1

フットステップ

ポールスター 1

電気系統

ポールスター1

ポールスター 1の内装は新世代のボルボに通じるものを感じさせる近代的な、高級感のあるデザインとなっています。

センターコンソールには大画面のディスプレイが採用されています。
ステアリング、フットステップなど随所にブランドのロゴがあしらわれています。

ラゲッジスペースには電気系統のようなものがむき出しになっていますが、何を示すものなのかについては明らかになっていません。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード