MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ボルボ > 【ボルボ 全車電動化・内燃機関廃止】XC40にPHEVと48Vマイルドハイブリッド追加、2021年にはEV登場予定
ボルボ

更新

【ボルボ 全車電動化・内燃機関廃止】XC40にPHEVと48Vマイルドハイブリッド追加、2021年にはEV登場予定

2020年8月25日、ボルボ・カー・ジャパンは、ボルボのコンパクトSUV「XC40」にPHEVモデルを追加すると同時に、ボルボ全モデルから内燃機関を2020年内に廃止、全モデルがPHEV、ハイブリッドいずれかの全車電動化となることを発表しました。

ボルボ 全ラインナップ

XC40には新たにPHEV(プラグインハイブリッド)モデル「Recharge Plug-in Hybrid T5」を設定、最高出力180PS、最大トルク265N・mを発生する新開発1.5L直列3気筒直噴ガソリンターボに、60kW/160N・mを発生する電気モーター、7速DCTを組み合わせています。

ボルボ XC40
XC40

ボルボは今後、新しいプロダクトラインとして外部充電可能」という意味を持つ「Recharge (リチャージ)」という名称をEVとPHEV車に採用し、電動化を推進するボルボ・カーズを象徴する位置づけとすることを発表しています。

XC40 Recharge

また、XC40「B4 / B5シリーズ」を設定、2.0L直列4気筒直噴ターボに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせ、B4はFFとAWDをラインナップ、最高出力197PS、最大トルク300N・m、B5はAWDのみで最高出力250PS、最大トルク350N・mとしています。

ボルボ XC40
XC40

さらに、全車に最高速度180km/hのリミッターを採用、最高速度を任意に設定できる「ケアキー」も併せてXC40、XC60、XC90に採用、XC40の「Momentum」グレードにアクティブベンディング機能付LEDヘッドライを標準装備、インテリアカラーと材質の変更、「R-Design」グレードには、新たに「harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム」、ハンズフリー機能付きパワーテールゲート、ワイヤレス・スマートフォン・チャージなどが標準装備されるようになりました。

ボルボ XC40のPHEVモデル「Recharge Plug-in Hybrid T5」の新車車両価格は649万円、「B4」シリーズは409万円〜539万円、「B5」を589万円に設定。XC40をはじめSUV全車に新車一般保証を5年/走行距離無制限に拡充しています。

ボルボ XC40 のピュアEVモデル「Recharge P8」 AWD
ボルボ XC40 のピュアEVモデル「Recharge P8」 AWD

また、ボルボは2021年内にXC40にピュアEVモデルを国内導入することも併せて発表されました。

ボルボ 公式WEBサイト

最新「XC40」中古車情報
本日の在庫数 67台
平均価格 480万円
本体価格 329~549万円
XC40の中古車一覧へ
最新「XC60」中古車情報
本日の在庫数 306台
平均価格 339万円
本体価格 59~769万円
XC60の中古車一覧へ
最新「XC90」中古車情報
本日の在庫数 110台
平均価格 445万円
本体価格 20~868万円
XC90の中古車一覧へ
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 ニュース記事制作チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!