MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > フォルクスワーゲン > ポルシェやランボ、アウディも傘下のフォルクスワーゲングループ徹底解剖!
フォルクスワーゲン

更新

ポルシェやランボ、アウディも傘下のフォルクスワーゲングループ徹底解剖!

ランボルギーニ(イタリア)

ランボルギーニ エンブレム

ランボルギーニ エンブレム
Jordiferrer CC 表示 – 継承 4.0 / CC BY-SA 4.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

第二次世界大戦後、軍放出品を改造したトラックの販売、トラクターの自社開発などで、巨万の富を築いたフェルッチオ・ランボルギーニが創立しました。

初期の350GT、400GTから、独創的なスタイルと快適性の高さで評価されました。ミウラ(1966年)、カウンタック(1971年)と歴史に残る名車を発表し、スポーツカーの代名詞と言えるブランドとなりました。1999年から、フォルクスワーゲンの傘下に入っています。

【自動車の歴史】ランボルギーニの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

ランボルギーニ ウラカン

ランボルギーニ新型ウラカン発表!価格2280万円~は買い?諸経費・維持費まで紹介

ランボルギーニ アヴェンタドール

ランボルギーニ アヴェンタドール LP700 2013年製

ランボルギーニ現行車種一覧!ウラカン、アヴェンタドール、ヴェネーノ、ウルス

ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4|クーペ・ロードスターの価格や性能は?

ブガッティ(フランス)

ブカッティ ヴェイロン

ブカッティ ヴェイロン
Softeis CC 表示 – 継承 2.5 / CC BY-SA 2.5
出典 : https://ja.wikipedia.org/

現・ブガッティの前身は1940年代初頭まで主に高性能スポーツカーやレースカーを製造し、多くのレースで勝利を収めました。創業者の死後は自動車製造をやめ、現在も航空機部品のメーカーとして存続しています。

1987年にイタリア人実業家アルティオーリがブガッティの商標を買い、ブランドを復活させましたが、経営破綻、1995年に倒産してしまいます。

1998年にフォルクスワーゲンが商標権を買いとり、ブガッティ・オトモビル(フランス・アルザス本社)を設立しました。

ブガッティ・ヴェイロン16.4

ブガッティ・ヴェイロン16.4スーパースポーツ
Norbert Aepli, Switzerland CC 表示 3.0 / CC BY 3.0
出典 : https://commons.wikimedia.org/

ブガッティ・ヴェイロン グランスポーツ ヴィテッセ

新型ブガッティシロン最新情報|1500馬力で約3億!世界最速の車の速さや価格詳細

ブガッティヴェイロンを4台所有するメイウェザー…シロン購入準備でヴェイロン売却

ベントレー(イギリス)

ベネトン コンチネンタルGT グレーバイオレット 2016年

ベントレーはル・マンで5回の優勝を飾り、高性能スポーツカーメーカーとしての評価を獲得しました。

世界大恐慌の影響で経営不振に陥り、ロールス・ロイス社に買収されます。しかし、1971年にはロールス・ロイス社も倒産してしまい、一時はイギリス国有化されました。

その後、ヴィッカース傘下を経て、1998年にフォルクスワーゲングループに売却されました。

ベントレー コンチネンタルGT

ベントレー コンチネンタルGT スピード 2017年型

ベントレーの現行モデルって全部で何車種?全て一覧で価格と燃費までご紹介!

ベントレー新型SUVベンテイガ(Bentayga)性能・内装・価格が最強!PHVやミュリナーも

ベントレーを所有する芸能人・有名人まとめ!【芸能人の愛車】

セアト(スペイン)

セアト アルテア

セアト アルテア
Thomas doerfer CC 表示 – 継承 3.0 / CC BY-SA 3.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

1950年フランコ政権下、スペインの産業振興機関と銀行、イタリアのフィアットの出資で国策自動車会社として創設。独自車種もありますが、主にフィアットのモデルをライセンス生産により、スペイン最大の乗用車メーカーの地位を維持してきました。

フィアット撤退後の1982年にフォルクスワーゲンと業務提携し、1993年には完全子会社化されました。

セアト イビザST

フォルクスワーゲン・グループの傘下に入り、ポルシェ等との協力の元で開発されました。

シュコダ(チェコ)

シュコダ ロゴ

シュコダ ロゴ
Nacho
出典 : https://www.flickr.com/

シュコダ・オート株式会社はチェコのシェア第1位の歴史ある自動車メーカーです。チェコスロバキア共和国成立後、大規模な工場火災から経営困難に陥り、国内大資本のシュコダ工業株式会社に買収され、「シュコダ」ブランドで自動車を製造してきました。

国策による国有化を経て、1989年の体制転換後、ドイツのフォルクスワーゲンの資本を受け入れ、シュコダ・オート株式会社として民営化されました。

シュコダ オクタビアIII TDI

シュコダ オクタビア TDI

シュコダ オクタビア TDI
Thomas doerfer CC 表示 – 継承 3.0 / CC BY-SA 3.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

シュコダ ファビア

シュコダ ファビア

シュコダ ファビア
Matthias93 パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/

ドゥカティ(イタリア)

https://www.instagram.com/p/BrmrLXrH88N/?utm_source=ig_embed&utm_medium=loading&utm_campaign=embed_loading_state_camera

電機関連事業大手のドゥカティは、第二次世界大戦の影響で経営が悪化し、原動機付き自転車クッチョロ(シアタ社)の、エンジンのOEM生産を開始しました。

その後、販売権を獲得してオートバイメーカーの道を歩み始めます。2012年にアウディに買収され、フォルクスワーゲングループの傘下に入りました。

ドゥカティ スーパーバイク999

ドゥカティ スーパーバイク1199スーパーレッジェーラ

大きくなりすぎたフォルクスワーゲングループ?

フォルクスワーゲングループは、ディーゼル偽装問題により経営に深刻な影響が出ています。ディーゼルからEV開発にシフトすることが発表され、ブランド再編、またはブランド売却の可能性も示唆されています。

同グループのミュラー会長は「今後はグループ販売台数にこだわらない」という声明を発表しました。フォルクスワーゲングループは、着実に再生の道を歩み出しているのです。

フォルクスワーゲン ビートル タイプ1 1964年型
Sicnag
出典 : https://www.flickr.com/

歴史あるフォルクスワーゲンは日本でも馴染み深いブランドです。みんなから愛されるフォルクスワーゲングループのブランドが、自動車産業の原点に立ち返り、今後もより一層魅力ある車を生み出してくれることを期待しましょう。

外車に関連するおすすめの記事

外車人気ランキングTOP20車種をメーカー・タイプ別に発表!中古車価格も紹介

世界のかわいい外車まとめ|20代おしゃれ女子におすすめの車!

すべての画像を見る (25枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード