MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > フォルクスワーゲン > ティグアン > 新型VW ティグアン R をスクープ!330馬力のスポーツSUV
ティグアン

更新

新型VW ティグアン R をスクープ!330馬力のスポーツSUV

フォルクスワーゲンのクロスオーバーSUV「ティグアン」に最強スペックを誇る新型「R」のプロトタイプのスクープ情報がスパイショットとともにMOBY編集部に入ってきました!

「R」の最高出力は330馬力か

2020年5月10日に改良新型ティグアンのスクープ情報をお届けしたところですが、今回はハイパフォーマンスモデル「R」のプロトタイプがスクープされました。

新型フォルクスワーゲン ティグアン R プロトタイプ スパイショット
フロント
バンバーにはノーマルモデルとは異なる大型のエアインテーク。
フロントライトには現行8代目ゴルフ、改良新型ティグアンと同じハーフカップ型のLEDデイタイムランニングライトを採用している。
ニュルブルクリンクをテスト走行する新型フォルクスワーゲン ティグアン R プロトタイプ スパイショット
フォルクスワーゲンの車種の多くには「R」の名が与えられるハイパフォーマンスモデルがラインナップされているが、ティグアンにはこれまで「R」の設定はなかった。
ニュルブルクリンクをテスト走行する新型フォルクスワーゲン ティグアン R プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
ニュルブルクリンクをテスト走行する新型フォルクスワーゲン ティグアン R プロトタイプ スパイショット
リア・ボディサイド
ニュルブルクリンクをテスト走行する新型フォルクスワーゲン ティグアン R プロトタイプ スパイショット
リア・ボディサイド
高速テストのため室内にロールケージが設置されている。
ゴルフR、T-Roc Rと共通の4本出しマフラーが採用されている。

パワートレイン

パワートレインは、現行8代目ゴルフ R と同じ直列4気筒2.0Lターボ・ガソリンエンジンを搭載されれば、最高出力は330psとされるとみているが、そうでない場合、出力違いの296psのスペックとなる模様。トランスミッションは7速DSG(DCT)にフォルクスワーゲンの四輪駆動システム「4MOTION」が採用される見込み。

発表時期

フォルクスワーゲン新型ティグアン R のデビューは2020年後半と予想されている。新型コロナウィルスの影響で大規模なワールドプレミアは行われず、インターネット上でのワールドプレミアとなりそうとのこと。

フォルクスワーゲン ティグアンとは?

現行モデル フォルクスワーゲン ティグアンTDI コンフォートライン
現行モデル
フォルクスワーゲン ティグアンTDI コンフォートライン
(画像:フォルクスワーゲン広報)

2008年に初代モデルがデビューしたクロスオーバーSUV、フォルクスワーゲン・ティグアン。現行モデルは2016年にフルモデルチェンジされた2代目。現行モデルの全長は4,500mmと比較的コンパクトな部類に位置するクロスオーバーSUV。2019年通期のフォルクスワーゲンのモデルの内、最も売れたのがこのティグアン。歴代販売台数首位はゴルフだったか、その座をティグアンに明け渡したことで話題となった。

現行モデルの国内仕様は、直列4気筒1.4Lダウンサイジング・ターボ「TSI」エンジンと、直列4気筒2.0Lディーゼルターボ「TDI」エンジンをラインナップ。

新車車両価格は約404万円から約545万円。

フォルクスワーゲンから新型車が続々デビュー!

フォルクスワーゲンの新型車スクープ情報、モデルチェンジ予想情報は下記の記事からご確認ください。

最新「ティグアン」中古車情報
本日の在庫数 312台
平均価格 270万円
本体価格 51~503万円
ティグアンの中古車一覧へ
すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!