MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > フォルクスワーゲン > ゴルフ > 次期新型VW ゴルフR市販型最新プロトタイプは“Rブルー”でスクープされる!
ゴルフ

更新

次期新型VW ゴルフR市販型最新プロトタイプは“Rブルー”でスクープされる!

ドイツの大衆車メーカー、フォルクスワーゲンのCセグメント・ハッチバック「ゴルフ」のハイパフォーマンスモデル「R」がフルモデルチェンジするようです。プロトタイプのスパイショットとともに、スクープ情報がMOBY編集部に入ってきました!

「Rブルー」ボディカラーでスパイショット

次期新型フォルクスワーゲン ゴルフR プロトタイプ スパイショット
フロントマスク
ドイツ市街の駐車場で停車中をスパイショットされた次期新型フォルクスワーゲン ゴルフR。
ボディカラーは「ゴルフR」のイメージカラー“Rブルー”。
フロントバンパーには5灯のLEDデイタイムランプを備えている。
次期新型フォルクスワーゲン ゴルフR プロトタイプ スパイショット
フロントバンパー拡大
フロントバンパーの両サイドはわずかにカモフラージュが残っている。
次期新型フォルクスワーゲン ゴルフR プロトタイプ スパイショット
フロントとボディサイド
サイドスカートは厚みがある。
次期新型フォルクスワーゲン ゴルフR プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
ゴルフRの車高は下げられている。
8代目新型ゴルフ GTI(欧州仕様)
デビュー済の8代目新型ゴルフ GTI(欧州仕様)。2019年にフルモデルチェンジした新型ゴルフの日本導入はまだ。
(画像:フォルクスワーゲン ドイツ広報)
次期新型フォルクスワーゲン ゴルフR プロトタイプ スパイショット
リア
大型のルーフスポイラーを装着。リアバンパー下部にはディフューザーを備えている。
次期新型フォルクスワーゲン ゴルフR プロトタイプ スパイショット
リアエンド
4本出しエキゾーストパイプ。

パワートレイン

デビュー済の新型ゴルフ GTIと同じ直列4気筒2.0Lガソリンエンジンを搭載しますが、GTIの最高出力288psに対して、ゴルフRは333psとなるようです。

駆動方式は、フォルクスワーゲンの四輪駆動システム「4MOTION(フォーモーション)」、トランスミッションはDSG(DCT)の組み合わせとなるパワートレインで、0-100km/h加速4.6秒、最高速度270km/hとなる見込みとのことです。

発表時期

フォルクスワーゲン 新型ゴルフRの発表時期は、2020年末頃と見られていましたが、今回のスパイショットではほぼカモフラージュがないことから、発表時期が早められる可能性があるとのことです。

フォルクスワーゲン ゴルフRとは?

フォルクスワーゲン ゴルフR 現行モデル
フォルクスワーゲン ゴルフR 現行モデル
(画像:フォルクスワーゲン ジャパン 広報)

初代モデルは1974年にデビュー、フォルクスワーゲン タイプ3“ビートル”の実質的後継車となります。

ゴルフはCセグメントに属するハッチバックをベースに、5ドアのステーションワゴン「ヴァリアント」がラインナップされています。

最新型は2019年にフルモデルチェンジを受けた8代目で欧州では発売開始されていますが、現在日本で発売されているのは、先代の7代目のままとなっています。

ゴルフRは、ラインナップの中で最も強力なエンジンを搭載したハイパフォーマンスモデルで4代目ゴルフに「R32」がデビューしたのが最初となります。

現行モデルの新車車両価格は、約591万円となっています。

※フォルクスワーゲンからデビューが予想される新型車、フルモデルチェンジのスクープ情報は、こちらの記事でまとめてご覧いただけます。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!