MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ヤリス > ヤリス&ヤリスクロスに不具合?トヨタがリコール検討の噂も!症状や原因など
ヤリス

更新

ヤリス&ヤリスクロスに不具合?トヨタがリコール検討の噂も!症状や原因など

2020年下半期の販売台数トップをトヨタの主力コンパクト、ヤリスと、そのSUVモデルであるヤリスクロスに不具合が発生しているとの噂がささやかれています。最近ではRAV4にも雨漏りの不具合がSNSを中心に話題となっています。

不具合の概要や原因、判明している対処法などを解説します。

トヨタ RAV4に雨漏りの不具合続出!リコール検討か?検証動画も紹介

ヤリスのハイブリッドシステムが故障?

トヨタによると、ヤリスとヤリスクロスを中心に、トランスミッションインプットダンパーの影響で警告灯が点灯し、走行が制限される等の不具合が相次いで報告されているとのことです。

2020年11月17日時点で、不具合の詳細に関する公式な発表はありませんが、インターネット上ではすでに多くの不具合が確認されています。

トランスミッションインプットダンパーに不具合か

過去にトランスミッションインプットダンパーに不具合が発生した方は、アクセルを踏み込んだ際に異音が発生し、警告音が鳴ったとのこと。その後、ディスプレイに以下の文言が表示されたといいます。

ハイブリッドシステム故障
ステアリングが重くなる場合があります
路肩に寄せて停止してください

その後、材質を変え、対策したというトランスミッションインプットダンパーに交換したとのことです。仮にリコールが発表された場合、この対策済みパーツに交換することになると考えられます。

不具合が発生したらどうすればいい?

今回報告されている不具合の場合は路肩など安全な場所に停車し、オペレーターに連絡、その後ディーラーで点検を受けましょう。

これ以外にも知らない警告灯が点灯したり、システム系に異常が発生したと思われる場合も同様の対応が必要になります。

ディーラーに修理を依頼する際の手順やメリット・デメリットなどはこちらの記事で解説しています。

ヤリスは過去にもリコールがあった

ヤリスに関しては、2020年5月にもブレーキ制御コンピューターに不具合があるとしてリコールを発表している過去があります。

当時のリコールで不具合が発生したのは、VSC(ビークルスタビリティコントロールシステム)という車両安定制御機能でした。停車中のアイドリングによって発生する振動を車速と誤検出し、警告灯が点灯、VSC等が作動しなくなるおそれがあるという内容です。

ブレーキ制御コンピュータの異常判定プログラムに修正を施すことで対応されています。

トヨタもリコールを検討中?

これをうけ、トヨタは原因の洗い出し、検証を行っていると伝えています。この件については、国土交通省のリコール監理室も注目しているとのこと。

トヨタ ヤリス&ヤリスクロスの不具合について、国土交通省のリコール監理室も情報を募集中であることを伝えています。所有する車両に不具合があった場合、以下のリンクから報告してください。

自動車の不具合情報ホットライン(国土交通省公式ウェブサイト)

トヨタ ヤリス&ヤリスクロスとは

トヨタ ヤリス&ヤリスクロスについて簡単に解説します。2台ともガソリンモデルとハイブリッドモデルに分かれていますが、今回の不具合が発生しているのはそれぞれのハイブリッドモデルのようです。

トヨタ ヤリス

ヤリスはトヨタの主力コンパクトカーです。日本販売名は「ヴィッツ」でしたが、4代目へのフルモデルチェンジを機に、「ヤリス」へ統一されています。2020年2月の発売から売上を伸ばし、下半期は販売台数第1位を達成する人気車種です(2020年11月17日時点)。

ヤリスの試乗記事はこちらから!

トヨタ ヤリスクロス

ヤリスクロスは、ヤリスのクロスオーバーSUVモデルとして2020年8月末に発売された新型車。プラットフォームはヤリスと共通ですが、外観のデザインは完全オリジナル。グリルやヘッドライトの形状もヤリスとは異なります。

トヨタ 新型ヤリスクロスの維持費やおすすめグレードなどを徹底分析!購入時に失敗しないための情報はこちらから

ヤリスクロスの不具合に関するよくある質問

A

すでにリコールは発表されている?

現在はまだリコールの発表にまで至っていないようです。

ヤリスに関しては2020年5月にリコールを発表しています。当時のリコールの詳細はこちらで解説しています。

ハイブリッドシステムの一部が誤作動を起こし、その影響で警告灯が点灯してしまう現象が発生するとの報告が相次いています。走行が制限されるといった不具合も確認されています。

記事内では実際に不具合のあった部位や実際の事例なども解説しています。

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード