MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ヤリス クロス > トヨタ新型ヤリスクロスvs日産 キックス|SUVライバル車比較
ヤリス クロス

更新

トヨタ新型ヤリスクロスvs日産 キックス|SUVライバル車比較

2020年9月に発売開始となったトヨタ新型ヤリスクロスと、日産の新型コンパクトSUV・キックスを比較。先進安全・予防安全装備の違いや、スペック差などから、車選びのポイントを紹介する。

トヨタ新型ヤリスクロスvs日産の新型SUV・キックス

ヤリスクロス プロトタイプ
ヤリスクロス プロトタイプ

9月に発売されたばかりのトヨタ ヤリスクロス。ヤリス(旧名ヴィッツ)から派生したコンパクトクロスオーバーSUVだが、車の見た目や性格は全く異なる。

日産 キックス
キックス

キックスも6月に日本発売されたばかりの日産のコンパクトSUVだ。国内市場では初の発売となるが、海外では2016年から同モデル(2代目キックス)が販売中。日本ではe-POWER仕様のみが販売されている。

トヨタヤリスクロスと日産キックスのグレードと価格を比較

ヤリスクロスの
グレード
価格キックスの
グレード
価格
X Bパケ1,798,000円~
※ガソリンのみ
Xガソリン:1,896,000円~
ハイブリッド:2,284,000円~
Gガソリン:2,020,000円~
ハイブリッド:2,394,000円~
Zガソリン:2,210,000円~
ハイブリッド:2,584,000円~
X2,759,900円~

ヤリスクロスは大別して3グレード。キックスは現在「X」のみ。内装の異なる「X ツートーンインテリアエディション」もあるが、これはデビュー記念特別仕様車のような扱いと思っていい。

キックス サンライトイエロー(X ツートーンインテリアエディション)
キックス X ツートーンインテリアエディション(サンライトイエロー)

キックスはパワートレインが1種類のみで、価格帯もヤリスクロスより上だ。

ヤリスクロスの最上位グレード「Z」を考えているのであれば、キックスと比較してみてもいいかもしれない。

トヨタヤリスクロスと日産キックスのボディサイズを比較

ヤリスクロスキックス
全長(mm)4,1804,290
全幅(mm)1,7651,760
全高(mm)1,5901,610
車両重量(kg)1,110~1,2701,350
定員(人)55

両車、ボディサイズはほとんど同じ。全高はヤリスクロスの方が低く、1,600mmを切っている。高さ制限がシビアな駐車場の場合は確認してみよう。

トヨタヤリスクロスと日産キックスの主要装備・注目装備を比較

純正ナビ・オーディオ

ヤリスクロス HYBRID Z(内装色:ダークブラウン)
ヤリスクロス HYBRID Z(内装色:ダークブラウン)

ヤリスクロスには「ディスプレイオーディオ」が標準装備となる。オーディオレス仕様はない。ナビが欲しい場合は、トヨタ純正ナビ(110,000円)や、エントリーナビ(66,000円)を選択することになる。

日産オリジナルナビゲーション(9インチ)
日産オリジナルナビゲーション(9インチ)

キックスはオーディオレスなので、オーディオまたはナビを選択する必要がある。

車両価格にオーディオが含まれているという点では、ヤリスクロスの方がお得と言える。スマホのカーナビアプリや音楽アプリを車内でも使うという人なら、標準装備のディスプレイオーディオでじゅうぶんだからだ。

注意したいのが、CDやDVDを車内で楽しみたい場合。キックスのオーディオやナビはCD・DVD再生に対応するものを選べばよいが、ヤリスクロスのディスプレイオーディオはCD・DVDに対応していない。別途CD・DVDデッキをオプション選択する必要がある。

シートや内装

ヤリスクロスは最上位グレード「Z」のみ、合皮シートとなる。

ヤリスクロス HYBRID Z(内装色:ダークブラウン)
ヤリスクロス HYBRID Z(内装色:ダークブラウン)
ヤリスクロス HYBRID G(内装色:ブラック)
ヤリスクロス HYBRID G(内装色:ブラック)

対してキックスは「X」と「X ツートーンインテリアエディション」とで内装の印象が異なる。後者はダブルステッチで上質感がある。

キックス X 内装色 ブラック
キックス X(内装色 ブラック)
キックス X ツートーンインテリアエディション
キックス X ツートーンインテリアエディションの内装

運転席パワーシートはヤリスクロス「Z」にしか採用されていない。キックスはパワーシート非対応のため、必須としたい人は注意しよう。

駐車支援機能

両車とも、上から自車を見下ろしたような視界で駐車を支援する機能(トヨタは「パノラミックビューモニター」、日産は「インテリジェント アラウンドビューモニター」)はオプションで選択できる。

ヤリスクロスはこれに加えて、ハンドル、アクセル、ブレーキ操作を車が制御し、駐車操作をアシストする「トヨタチームメイト[アドバンスト パーク ]」も選択することができる。

ヤリスクロス アドバンスドパーキング
ヤリスクロスのアドバンスドパーキング作動例

これはトヨタ初の駐車支援機能で、ヤリスクロスではハイブリッドモデルでのみ選択可能なもの。狭い駐車スペースをよく使う人、縦列駐車の機会が多い人には心強い。

スマートミラー機能

ルームミラーに後部カメラの映像を映し出し、明るさや天気に関わらず後続車などの様子がはっきり見える、いわゆる「スマートミラー」は、キックスでのみオプションで選択できる。

キックス インテリジェント ルームミラー
キックスの インテリジェント ルームミラー

日産の「インテリジェントルームミラー」は後続車の様子のほか、インテリジェント アラウンドビューの映像も映すことができる。

ハンズフリーバックドア

ヤリスクロスは、両手がふさがっていてもバックドアを開けることができる「ハンズフリーバックドア」がオプションで選択できる。

対象グレードは「Z」「G」のみで、オプション価格は77,000円。

トヨタヤリスクロスと日産キックスの先進安全装備・予防安全性能を比較

ヤリスクロスはトヨタの先進安全装備「トヨタセーフティーセンス」を、キックスは日産の先進安全技術「プロパイロット」を標準装備している。(ヤリスクロスのエントリーグレード「X Bパッケージ」を除く)

以下に、両車の主な安全装備をまとめた。

※◯=全車標準搭載、△=一部グレードではオプション、×=純正オプションなし

ヤリスクロスキックス
アクセル&ブレーキ&ハンドル制御
先行車への追従走行
はみだし抑制
ふらつき検知
衝突軽減ブレーキ
低速時・近距離衝突軽減ブレーキ
誤発進抑制制御×
ブラインドスポットモニター×
後退時警戒支援
後方ブレーキ支援
アダプティブハイビーム×

先進安全装備については、キックスはほとんどが標準装備。

オプション扱いになっているのは先述した「インテリジェント アラウンドビューモニター」「インテリジェント ルームミラー」程度だ。

ヤリスクロスで△になっている箇所は、「Z」「G」のオプションで選択できる。

車両価格差があるので、ヤリスクロスに先進安全オプションを付ける前提で検討してもよいだろう。その場合、キックスよりも総合的に安全性が高めることができる。

ヤリスクロス「Z」「G」にオプションを付けるのがおすすめ

ヤリスクロスの先進安全オプションで「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキ」を選ぶと、後方の安全性が高まり、キックスの安全水準とほぼ同等となる。

「Z」であればアダプティブハイビームを追加するのもおすすめだ。

ヤリスクロス アダプティブハイビームシステム
ヤリスクロスのアダプティブハイビームシステム

試しにヤリスクロス Z ハイブリッドでこれらのオプションを追加した合計金額を算出してみた。

車両本体価格2,584,000円
オプション価格49,500円
99,000円
合計金額2,732,500円

キックス「X」の車両価格は2,759,900円~なので、じゅうぶん比較してみる価値はある。

キックスはほぼフル装備なのでオプション選択の幅は狭い

先進安全装備および主要装備の面においては、キックスはすでに網羅されている車だ。したがって、選択できるオプション自体が少ない。

安全装備では「インテリジェント アラウンドビューモニター」「インテリジェント ルームミラー」、主要装備ではナビまたはオーディオ、ETCなどを検討する程度だろう。

トヨタヤリスクロスと日産キックスのエンジンスペックを比較

ヤリスクロス
ガソリン
ヤリスクロス
ハイブリッド
キックス
排気量1.5L1.5L 1.2L
最高出力
*kW[PS]
rpm
88[120]
6,600
67[91]
5,500
60[82]
6,000
最大トルク
*N・m[kgf・m]
rpm
145[14.8]
4,800~5,200
120[12.2]
3,800~4,800
103[10.5]
3,600~5,200
モーター最高出力前:59[80]
後:3.9[5.3]
95[129]
4,000~8,992
モーター最大トルク前:141[14.4]
後:52[5.3]
260[26.5]
5,000~3,008
トランスミッションDirect Shift-CVTCVT
駆動方式FF
4WD
FF
E-Four
FF
燃料レギュラーレギュラー レギュラー

キックスはe-POWERを採用している。エンジンは発電用なので一概に比較できないが、ヤリスクロスハイブリッドとのスペック差は排気量差に準じている、といった感じ。

反対にモーターは駆動用なのでキックスにトランスミッションはなく、パワーもヤリスクロスハイブリッドのものより強い。

ヤリスクロスは駆動用方式がガソリン/ハイブリッドともに、2WDと4WDを選択できるが、キックスは2WDのみだ。

四駆がほしいならヤリスクロス一択

ヤリスクロス プロトタイプ
ヤリスクロス プロトタイプ

キックスは2WDのみのため、4WDを望むならヤリスクロスを選ぼう。ヤリスクロスの四駆性能はガソリン車/ハイブリッド車、双方において特徴的だ。

ヤリスクロスの4WDモデルには、駆動力・4WD・ブレーキを最適にコントロールする機能が備わっている。雪国ドライバーやウインタースポーツ派には心強い。

ヤリスクロスのおすすめグレードについてはこちら

トヨタヤリスクロスと日産キックスの燃費を比較

-(km/L)ヤリスクロス
ハイブリッド
ヤリスクロス
ガソリン
キックス
WLTCモード(平均) 27.8
~30.8
18.8
~20.2
21.6
市街地モード29.4
~31.4
14.4
~15.3
26.8
郊外モード29.9
~33.5
19.7
~21.3
20.2
高速道路モード26.1
~29.0
21.1
~22.5
20.8

キックスとヤリスクロスガソリンモデルのカタログ燃費は、かなり近い数値だ。

しかし、キックスは市街地モードの燃費がとてもいい。このことから、キックスは街乗りメインのユーザーにぴったりのSUVといえる。

反対に、ヤリスクロスハイブリッドは、全モードで総じて燃費がいい。ハイブリッドはキックスと価格差が少なくなるので、燃費重視で選ぶならヤリスクロスハイブリッドがおすすめだ。

トヨタヤリスクロスと日産キックスの減税額を比較

ヤリスクロス
Z(HV)
キックス X
重量税(エコカー減税)22,500円(免税)22,500円(免税)
自動車税(グリーン化特例)22,500円(概ね75%)22,500円(概ね75%)
減税額45,000円45,000円

減税割合の最も大きいハイブリッド車における、購入時の重量税・自動車税の減税額を算出したもの。どちらも同じ減税額だ。

ちなみに、ヤリスクロスのガソリン車は重量税、自動車税の減税はない。

トヨタヤリスクロスと日産キックスのリセールバリューを比較

中古車
©scharfsinn86/stock.adobe.com

両車とも今年発売されたばかりの新型車ということで、中古車市場やオークションにほとんど流れていないようだ。

インターネットの情報を参考にすると、そもそもコンパクトSUV自体が人気カテゴリなので、3~5年後のリセールバリューも比較的高い傾向にあるとのこと。

残価率の予想では、5年後は両車40%前後と、5年落ち乗用車の平均よりやや低め。5年乗るのであればあまり変わらないと言える。

しかし3年後のリセール残価率の予想は、ヤリスクロスが少しだけ高いようだ。まだ実績がないものの、トヨタのコンパクトSUVとしての人気が影響するものと思われる。

ポイントは、キックスのリセール残価に関しても、あまり下がらない予想が出ていること。国内でも人気の高いe-POWER仕様のみということで、今後中古SUVでも人気になってくるのではないだろうか。

実際に中古車が出回るようになってきたら、もっと詳しい情報を更新する。

【まとめ】ヤリスクロスの方がお買い得!

項目ヤリスクロスキックス
主要装備WIN!
安全装備DRAW…DRAW…
車両本体価格WIN!
パワートレインDRAW…DRAW…
燃費WIN!
減税DRAW…DRAW…
リセール

両車、甲乙つけがたい項目が多い。車両本体価格から判断すると、ヤリスクロスの方がお得感があるといえる。

ヤリスクロス HYBRID G(ブラックマイカ×ベージュ)
ヤリスクロス HYBRID G(ブラックマイカ×ベージュ)

先進安全については、ヤリスクロスに「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートブレーキ」や「アダプティブハイビーム」をオプションで追加するのがおすすめだ。

また、ヤリスクロスの4WDはオフロードや雪道にも強い。雪国ドライバーやウインタースポーツを楽しむ人におすすめできる。

キックス  ダークブルー(X)
キックス X(ダークブルー)

キックスは現在1グレードのみ。オプション選択の幅が狭いが、ほぼフル装備なので不安要素はほぼないだろう。街乗りメインでe-POWERの走りを体感したいなら、試乗してみよう。

登場した車の中古車価格はこちら!

最新「ヤリスクロス」中古車情報
本日の在庫数 37台
平均価格 252万円
本体価格 183~345万円
ヤリスクロスの中古車一覧へ

最新「キックス」中古車情報
本日の在庫数 102台
平均価格 59万円
本体価格 16~100万円
キックスの中古車一覧へ

ヤリスクロスを検討中の人におすすめの記事

すべての画像を見る (16枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード