MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ヴィッツ > トヨタ ヴィッツのおすすめスタッドレスタイヤ11選・サイズ一覧&ホイールセット【2020−2021年版】
ヴィッツ

更新

トヨタ ヴィッツのおすすめスタッドレスタイヤ11選・サイズ一覧&ホイールセット【2020−2021年版】

3代目 ヴィッツ(2017年式)

トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」におすすめのスタッドレスタイヤを11点を厳選しました。おすすめのホイールセットもあわせてお伝えします。

タイヤサイズ一覧

【3代目】年式:2010年12月以降

3代目 ヴィッツ
3代目 ヴィッツ(2010年式)
型式駆動方式標準タイヤサイズ標準リム幅
DAA-NHP130FF175/70R145.0
DAA-NHP130FF185/60R155.5
DAA-NHP130FF195/50R166.0
DBA-NCP131FF195/50R166.0
DBA-NCP131FF205/45R177.0
DBA-KSP130
DBA-NSP130
FF165/70R145.0
DBA-NSP130FF175/70R145.0
DBA-NCP131
DBA-NSP130
FF175/65R155.0
DBA-NSP130FF175/65R155.5
DBA-NSP130FF195/50R166.0
DBA-NSP1354WD165/70R145.0
DBA-NSP1354WD175/65R155.0
DBA-NSP1354WD175/65R155.5

【2代目】年式:2005年2月~2010年11月

2代目 ヴィッツ(2005年式)
2代目 ヴィッツ(2005年式)
型式駆動方式標準タイヤサイズ標準リム幅
CBA-NCP954WD185/60R155.5
CBA-NCP954WD165/70R145.0
DBA-NCP91FF195/50R166.0
DBA-KSP90
DBA-NCP91
DBA-SCP90
FF185/60R155.5
DBA-KSP90
DBA-SCP90
FF165/70R145.0
DBA-SCP90FF185/60R155.5

【初代】年式:1999年1月~2005年1月

初代 ヴィッツ(1999年式)
初代 ヴィッツ(1999年式)
型式駆動方式標準タイヤサイズ標準リム幅
UA-NCP10FF175/65R145.5
UA-NCP10FF175/65R145.5
UA-NCP10
UA-NCP13
FF185/55R155.5
UA-NCP10
UA-NCP13
FF185/55R155.5
UA-NCP154WD155/80R135.0
UA-NCP154WD155/80R135.0
UA-SCP10FF155/80R135.0
UA-SCP10
UA-SCP13
FF155/80R135.0

おすすめスタッドレスタイヤ10選

スタッドレスタイヤのサイズは純正タイヤのサイズとぴったりと合っていないとダメとは限りません。スタッドレスタイヤのサイズの選び方はこちらの記事でご確認ください。

本記事でおすすめするトヨタ ヴィッツ向けのスタッドレスタイヤは、 安心できるタイヤメーカーを11社ピックアップし、各メーカーの公式サイトに掲載されている製品ラインナップから、コンパクトカー向けのブランドをチョイスしています。

各メーカーに共通するスタッドレスタイヤのモデルチェンジとラインナップ

どのタイヤメーカーもスタッドレスタイヤの商品ラインナップや、モデルチェンジは近い傾向にあります。

  • ハイパフォーマンスモデル向け、標準モデル向け、SUV向けなど、車のタイプに合わせた2〜4種類の商品をラインナップしている。
  • 毎年、モデルチェンジして新製品を出している。(製品名称の末尾の数字などが異なるだけのものは概ねこのケース)
  • 公式サイトに掲載されているスタッドレスタイヤのラインナップは、多くの種類があるように見えるが、全然以前のモデルチェンジ製品を掲載していることが多い。

スタッドレスタイヤはゴムが主原料の製品ですので、生産された日から新しければ新しいほど、より本来の性能を発揮する性質がありますが、たとえ仮に1、2年倉庫で保管されていたとしても、実際の走行に影響を与えるような品質の低下はありません。

上記の内容を考慮すると、トヨタ・ヴィッツのスタッドレスタイヤとして最もおすすめなのは、コンパクトカー向けタイプで前年以前のもの。価格が安く、性能もまずまずです。この観点で「おすすめスタッドレス11選」を選定しています。

下記の商品は、スタッドレスタイヤの装着率が高い駆動方式、4WDに装着されている標準タイヤサイズを中心に選定をしています。なお、Amazonに該当サイズがない場合は、それに近いサイズの製品で掲載していますのでご注意ください。

① ダンロップ ウィンター マックス02

現在は、住友ゴム工業の傘下ブランドとなっている、もとはイギリスのタイヤメーカー、ダンロップ。モータスポーツ用タイヤでも定評があります。日本より寒い英国で誕生した安心のスタッドレス。信頼感もバッチリです。ダンロップのスタッドレスは「ウィンターマックス」のブランド名となっています。

② ヨコハマ アイスガード 6 iG60

ヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤには「iceGUARD(アイスガード)」のブランド名が与えられています。ブランド名につく数字は製品の世代を示します。公式サイトを見ると多数のラインナップが掲載されていますが、実際の市場に出回っているのはは最新製品の「6」系ばかり。と「5」世代より前の製品を見つけるのが難しい状況です。

③ トーヨー オブザーブ ガリットギズ

安心の国産タイヤメーカー、トーヨータイヤ。多くの新車の純正タイヤとしても選ばれています。コンパクトカー向けのスタッドレスタイヤは「OBSERVE GARIT GIZ(オブザーブ ガリットキズ)」が最新製品となります。

④ ブリヂストン ブリザック VRX

世界に誇る日本のタイヤメーカー「ブリヂストン」。 北海道では装着率No1タイヤメーカーとなっています。創業者は「石橋」さん。価格は他メーカー製品より高いですが、豪雪地帯、厳寒地帯できちんと止まる高い性能と信頼感で高い人気を誇ります。雪道、凍結路での走行距離が多い方はブリザックを選ぶと安心でしょう。

⑤ ミシュラン X-ICE XI3

「ミシュラン」といえば、高級レストランなどを格付けを頭に浮かべる人が多いのでは?そのミシュランは、フランスのタイヤメーカーの名前です。自動車文化の黎明期に『おいしいお店を紹介すれば、みんなクルマに乗ってでかけてくれて、タイヤをすり減らしてくれるだろう』というミシュラン社の発想から誕生、現在に至ります。ミシュランのスタッドレスタイヤには「X-ICE」のブランド名が与えられ「XI3」は定番製品となります。

⑥ ピレリ アイス アシンメトリコ プラス

ピレリは世界最高峰のモータスポーツ、F1のタイヤにもなっているフランスのタイヤメーカーです。コンパクトカー向けのスタッドレスタイヤには「ICE ASIMMETROCO(アイス アシンメトリコ プラス)」という名称が与えられています。

⑦ グッドイヤー アイスナビ 6

グッドイヤーはアメリカのタイヤメーカー。スタッドレスタイヤ「ICE NAVI 6(アイスナビ6)」の数字は6代目の意味となり、最新の製品は「7」になります。公式サイトに掲載される2020年〜2021年の乗用車向けラインナップは、6と7の2タイプとなっており、最新版へのこだわりがなければ「6」で十分でしょう。

⑧ コンチネンタル ノースコンタクト NC6

ドイツ最大のタイヤメーカー「コンチネンタル」。メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ポルシェなど高級車の純正タイヤとなっています。コンチネンタルのスタッドレスタイヤは現在2種類をラインナップしています。このうち安い方をヴィッツのおすすめに選んでいます。

⑨ ナンカン ESSN-1

ナンカン(NANKANG) ESSN-1 175/65R15 84Q [並行輸入品]

ナンカン(NANKANG) ESSN-1 175/65R15 84Q [並行輸入品]

7,400円(05/15 12:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

ナンカンは台湾で最も歴史のあるタイヤメーカーとなります。創業期はヨコハマタイヤと技術提携をしていました。「ESSN-1」は2019年発売の製品。2020年発売の新製品は「AW-1」。この2種類が2020年〜2021年のラインナップとなっています。ヴィッツには「ESSN-1」をおすすめに選定。

⑩ ケンダ KR36 アイステック ネオ

KENDA(ケンダ) スタッドレスタイヤ KR36 185/60R15 84R

KENDA(ケンダ) スタッドレスタイヤ KR36 185/60R15 84R

6,803円(05/15 12:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

高品質なタイヤをリーズナブルな価格で消費者に製品を届けることをモットーとしたケンダは台湾のタイヤメーカー。 日本国内では新車の自転車の標準タイヤとして多く採用されています。ケンダの乗用車向けスタッドレスタイヤは1ブランドのみのラインナップ。

⑪ ハンコック ウィンター アイセプト iZ

ハンコックは、韓国のタイヤメーカーです。日本ではあまり聞かれない名前となりますが、グローバルでは定評があります。メルセデス・ベンツの厳しい基準をクリアし、一部車種の純正タイヤとして採用するなど、欧州車では珍しくないタイヤメーカーとなります。2020年〜2021年のラインナップは、「Winter i*cept IZ2(ウィンター・アイセプト IZ2)」と末尾に「2」が付かない「Winter i*cept IZ」の2種となります。前者は新製品、後者は先発製品となります。

おすすめホイールセット

どうせならホイールセットでスタッドレスに交換もおすすめ。置き場所に余裕があるのなら、サマータイヤとスタッドレスタイヤをそれぞれ別のホイールにすると履き替えの手間が省けます。

※ネットで購入する場合は、ホイールサイズがフィットに適しているかどうか確認が必要です。

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部