MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > 新型BEV『bZ3』が発表前にリーク!トヨタと中国BYD協業のセダン型電気自動車
トヨタ

更新

新型BEV『bZ3』が発表前にリーク!トヨタと中国BYD協業のセダン型電気自動車

他メーカーとの協業で開発されるbZシリーズ

トヨタ bZシリーズ

電動車のフルラインアップ化を目指しているトヨタは、その一環として2025年までにグローバル市場で新シリーズの『bZシリーズ』を含む10車種以上のバッテリーEVを導入することを計画していることを発表しています。

2022年5月12日に発売された新型BEVの『bZ4X』は、そのbZシリーズ第1弾モデルとして登場。bZシリーズは他メーカーとの共同によって開発されることが明かされており、bZ4Xはスバルとの共同開発が行われました。

スバルのほか、スズキやダイハツといった国内メーカー、さらに中国のBYDもパートナー企業としてその名前が挙がっており、それぞれの得意分野となる大きさやスタイルのEVをニーズにあわせて開発するとしています。

bZシリーズ5車種が一斉公開に

bZ4Xに続くbZシリーズ新作が発表前に完全リーク

出典:百家号

2022年3月に、中国・深セン市で『bZ SDN』に関連すると思われるテストカーが目撃されました。bZ SDNは2021年12月にトヨタが開催したBEV戦略に関する説明会で公開されたセダンタイプの電気自動車です。

目撃されたテストカーにトヨタのエンブレムなどは確認できなかったものの、ボディの形状やヘッドライトの意匠は、bZ SDNのものと一致。さらに、開発がBYDであることも撮影されたスペック表に記載されていたことから、bZ SDNの市販モデル『bZ3』のテストカーであることが確実でした。

カモフラージュが施されていたため詳細なデザインをテストカーから確認することはできませんでしたが、2022年8月25日に中国工信部が公開した新製品情報の中に、トヨタの中国現地合弁会社である一気トヨタの製品としてbZ3が掲載されていました。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード