MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > シエンタ > トヨタ次期型シエンタは8月登場?ディーラーからの証言も入手
シエンタ

更新

トヨタ次期型シエンタは8月登場?ディーラーからの証言も入手

トヨタのコンパクトミニバン、シエンタが2022年にフルモデルチェンジするという情報が現実味を帯びてきました。最新情報を踏まえたフルモデルチェンジ予想をお伝えします。

新型シエンタは親しみやすいデザインに?

現行シエンタ

現行シエンタの最大の特徴である「涙目デザイン」が廃止され、2021年7月に発売した新型アクアのデザインに近いものになると予想。特に新型アクアは現行シエンタらしいグリルであるため、新型シエンタもそれを取り入れるのはありえます。

読者の方からの情報では新型ヤリスのようなデザインになるのではないかということでしたが、どちらも共通しているのは外観が曲線的になるということ。

新型ヴォクシー(モデリスタ仕様)

2022年1月に発売した新型ノア&ヴォクシーはかなりギラギラした外観をしていたため、それに追従するのか否かも外観を決める方針となりそうです。

内装に関しての情報はありませんが、現行にみられたペダルレイアウトの違和感やフルフラットにならないシートなどの改善が期待されます。

予想スペック

現行次期型
全長(mm)4,2604,280
全幅(mm)1,6951,695
全高(mm)1,675~1,6951,675
ホイールベース(mm)2,7502,770

プラットフォームは、ヤリスやヤリスクロスなどに採用されている「TNGA GA-B」を採用し、ホイールベースが20mm程長くなるという情報が入ってきています。それに伴って全長も20mm拡大するようです。

ホイールベースを拡大することで、3列目シートの快適性向上や荷室スペース確保に繋がることが期待されます。

パワートレインはガソリン車とハイブリッド車の2種類。ガソリン車が最高出力124PSを発生する1.5L直列3気筒ガソリンエンジン、ハイブリッド車が同じエンジンに電気モーターを組み合わせるという情報があります。

ハイブリッド車(2WD)の燃費は30km/Lを超える可能性があるとのこと。ヤリスハイブリッドに採用されているパワートレインと同じである可能性があります。

発売は2022年8月に開始か

昨年の情報では2022年の7月になると言われていたシエンタのフルモデルチェンジ。

2022年に入ってからトヨタディーラーの営業担当に確認したところ、2022年8月になる可能性が高いということでした。また、読者の方から寄せられた情報でも「2022年8月に発売するので検討しないか」と電話での営業があったとのことです。

昨年の新車販売台数(自販連調べ)では、トヨタのミニバンとして3番目に売れているシエンタ。売れっ子であることは間違いないものの、直近の販売台数では因縁のライバル「ホンダ フリード」にわずかに遅れを取っているのも事実。フルモデルチェンジによる大逆転でトヨタ一強に拍車をかけるかたちとなるのか、注目です。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちら

最新「シエンタ」中古車情報
本日の在庫数 3967台
平均価格 136万円
本体価格 6~290万円

その他の最新情報

打倒ノアヴォク、ホンダ新型ステップワゴンが遂に発表

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

最強ミニバン誕生?トヨタ新型ノアヴォクでファミリー層を狙い撃ち

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード