MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > シエンタ > 8/23発表か!新型シエンタについて判明している事前情報を総おさらい
シエンタ

更新

8/23発表か!新型シエンタについて判明している事前情報を総おさらい

新型シエンタの主な変更点

新型シエンタの予想イメージ

間もなくフルモデルチェンジする新型シエンタ。

トヨタディーラーへの取材では、新型のデビューは2022年の8月23日になるとのこと。いよいよ目前に迫っています。すでにSNSなどでは輸送されている新型シエンタの画像や、ディーラーに配布されているパンフレットの画像などが出回っており、発売が近いことを感じさせます。

新型シエンタは先代の面影を残しつつ、フランス車のような雰囲気をプラス。原点回帰とも言える親しみやすいデザインになりそうです。

今回は今までに入手している新型シエンタに関する情報を全てお届けします。

【最新情報】ついに新型シエンタ発売!詳細はこちらから

5ナンバーサイズを維持

新型ノア&ヴォクシーは一部3ナンバーとなりましたが、シエンタは引き続き5ナンバーサイズを維持。コンパクトミニバンを必要とするユーザーのニーズに応えます。さらに、最小回転半径を5.2mから5.0mとすることで、今まで以上に小回りが効き、取り回しに優れたモデルになることが期待されます。

新たにTNGAプラットフォームを採用し、全幅は変わらず1,695mm、現行よりも全高と室内高が20mm拡大。 1,300mmという室内高に加え、地上からの乗り込み高さは現行の330mmを維持(E-Fourは350mm)することで、乗降性を高めています。

室内の快適性も向上

また、全高とシートスライドの改善によって2列目の居住性が向上。さらに2列目の膝前スペースを80mm拡大することで足を伸ばしても余裕のある広々した車内空間となりそうです。

3列目シートの収納方法は先代と同じ5:5分割のダイブイン方式。3列目シートを2列目シートの下にしまい込めるため、2列目と同じような荷室空間を作り出せます。

3種類あるグレードの仕様や価格

新型シエンタのグレードは「X」「G」「Z」の3種類。Xがエントリーグレード、Zが最上級グレードです。

全てのグレードで2列シート仕様と3列シート仕様を選択可能。2列シート仕様の名称だった「ファンベース」は廃止されました。

新型シエンタのグレード別の車両価格は以下表のとおりです。

ガソリン車

グレード駆動
方式
乗車
定員
税込車両価格
XFF5人1,950,000円
G5人2,300,000円
7人2,340,000円
Z5人2,520,000円
7人2,560,000円

ハイブリッド車

グレード駆動
方式
乗車人数税込車両価格
XFF5人2,380,000円
4WD2,578,000円
GFF5人2,650,000円
4WD2,848,000円
FF7人2,690,000円
4WD2,888,000円
ZFF5人2,870,000円
4WD3,068,000円
FF7人2,910,000円
4WD3,108,000円

現行モデルからは最大30万円ほど値上げ

新型シエンタの価格を現行と比較すると以下表のとおりです。

現行新型
ガソリン1,818,500円~
2,358,000円
1,950,000円~
2,560,000円
ハイブリッド2,236,500円~
2,580,000円
2,380,000円~
3,108,000円

ガソリン車・ハイブリッド車ともに最大価格が60万円ほど値上げしているように見えますが、新グレード「Z」が追加されたほか、ハイブリッドに4WD(E-FOUR)が設定されたことが要因です。

それぞれ対応するグレードと比較した場合、全体的な値上げ幅は10~30万円ほどになります。

パワートレインと燃費

ガソリン車とハイブリッド車は全グレード設定されますが、選択できる駆動方式に違いがあります。ガソリン車が2WD(FF)のみ、ハイブリッド車では2WDと4WD(E-Four)が用意されます。

エンジンはヤリスと同じ1.5直列3気筒のダイナミックフォースエンジン「M15A-FKS」を搭載し、トランスミッションにはダイレクトシフトCVTが組み合わされます。

グレード別のWLTC燃費は以下表のとおりです。

グレードガソリン
(2WD)
ハイブリッド
(2WD)
ハイブリッド
(4WD)
Z(7人乗り)18.3kml/L28.2km/L25.3km/L
G(7人乗り)
X(7人乗り)28.5km/L
Z(5人乗り)18.4km/L28.4km/L
G(5人乗り)28.8km/L
X(5人乗り)

Xの7人乗りを例にすると、ハイブリッド(2WD)では現行の22.8km/Lから28.5km/Lへと大幅向上。

ガソリン車においても17.0km/Lから18.3km/Lと、ハイブリッド車ほどではないにしろ高くなっていることが分かります。

内外装色にはアースカラーを多く採用

新型アクアのアーバンカーキ

内外装色にはアーバンカーキやグレイッシュブルーといった淡い色が多く設定されています。

外装色は10種類、内装色は3種類が用意されるようです。

外装色は全10種類

ボディカラー名称カラーコード
モノトーンアーバンカーキ6X3
ベージュ4V6
ホワイトパール070
ブラック202
ダークグレー1L7
グレイッシュブルー8W2
スカーレットメタリック3U4
スーパーホワイトⅡ040
2トーンダークグレー×
スカーレットメタリック
2WR
ダークグレー×
グレイッシュブルー
2WV

有料色はホワイトパールとスカーレットメタリックの2色。スーパーホワイトⅡは車いす仕様のみに設定されます。

内装色は全3種類

内装色XGZ
ブラック
カーキ
フロマージュ

グレードが上がるに連れて選択できる内装色が増えていきます。

判明しているオプション一覧

現時点で判明している新型シエンタのメーカーオプションは以下のとおりです。

基本的なメーカーオプション一覧

オプション名称対象グレード
パノラミックビューモニター全て
バックワイドモニターX(その他標準)
アクセサリーコンセント
(100V・1500W)
ハイブリッド全て
ガソリンは設定無し
トヨタチームメイト
アドバンスドパーク(自動駐車)
Z
ETC&前方ドラレコX(その他標準)
前後ドラレコ&ETC全て
ハンズフリーデュアル
パワースライドドア
G(Zは標準)
天井サーキュレーター
ナノイーX
G、Z

また、天井サーキュレーターを取り付けた場合、Gでは消臭撥水撥油機能つきファブリックシートも付属します。Zだとシートは標準装備です。注意点として、天井サーキュレーターは後席ディスプレイとの同時装着ができないようです。

アクセサリーコンセントは発売当初は全グレードに強制装備されます。コンセントレス仕様を注文できるのは遅くても発売から半年後になるとのことでした。

注目なのはエントリーグレード以外にドライブレコーダーを標準装備している点。これまでドラレコは標準装備されない装備でしたが、時代を感じます。

ディスプレイオーディオなどのオプション一覧

エントリーグレードのXだと標準でディスプレイオーディオレス仕様ですが、オプションで8インチディスプレイオーディオを選択可能。GとZでは8インチが標準で、オプションで10.5インチにできます。表にすると以下の通り。

グレード標準オプション
XDAレス8インチDA
G8インチDA10.5インチDA
Z

なお、10.5インチのディスプレイオーディオプラスをオプション設定するとテレビ機能も付属しますが、このあたりは新型ノア&ヴォクシーと同様です。

また、CD/DVDもオプションで設定可能です。

ターゲットを定めたパッケージオプションも用意

新型シエンタのオプションで特徴的なのは、異なるターゲット層に向けたパッケージオプションを用意している点です。パッケージは以下の4種類。

  • アウトドアパッケージ
    バックドアアクセントモールorラック、サイドエンブレムなど
  • ファミリーパッケージ
    コンソールボックスやシステムバー、ユーティリティフックなど、使い勝手向上
  • フレンドリーパッケージ
    プラスサポート用スマートキー、シートバックテーブル、スマートフットライト(足元照明)
  • コンフォートパッケージ
    360度UVカットIRカットの遮音ガラス、シートヒーター、ステアリングヒーター

アウトドアパッケージやファミリーパッケージは、それぞれ文字通りキャンパーやファミリー層などにマッチしたオプションを詰め合わせたもの。フレンドリーパッケージは高齢者向けの装備だと言えそうです。

こうしたパッケージからも新型シエンタのターゲット層が垣間見え、大変興味深いといえます。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちら

現行アルファード最後のコンプリートカーの発売が延期に

8月デビューか!フルモデルチェンジ版・新型シエンタを捉えた

その他の最新情報

遂に発表!新型シビックタイプRが世界初公開

スズキがインドで開発中のジムニーシエラ5ドアをスクープ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード