MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > シエンタ > トヨタ新型シエンタ発売!3代目へと世代交代、愛らしいデザインに原点回帰
シエンタ

更新

トヨタ新型シエンタ発売!3代目へと世代交代、愛らしいデザインに原点回帰

トヨタが新型シエンタを発表

トヨタは2022年8月23日、3代目となる新型シエンタを世界初公開し、同日より発売しました。

新型シエンタは「扱いやすい5ナンバーサイズ」「最新の安全・安心装備」「低燃費」、そして「お求めやすい価格」という魅力はそのままに、初代からの「使い勝手の良い室内空間」を一層磨き上げています。

先代から全長、全幅を変えることなく、大人7人がしっかり乗れる室内空間を確保。座ることの多い2列目シートを見直し、広々とした後席空間(足元スペース・ヘッドクリアランス)を実現しています。

さらにTNGAによって一新された低燃費と走りを両立するパワートレーン、家族でのドライブをサポートする最新の安全・安心装備を採用しました。

早速新型シエンタ用のモデリスタパーツも発売!

親しみやすい外観&内装デザイン

新型シエンタの外観はシンプルなモチーフ「シカクマル」を意識しており、コーナー部を丸くすることでコンパクトに見せ、取り回しの良さも実現しています。

現行から追加されたサイドプロテクションモールは、気兼ねなく使えるツールとしての機能性を表現しているようです。

内装はシンプルかつ統一感を持たせたドアポケットやカップホルダー、レジスターといった収納スペースを多数用意。

ファブリック素材を用いた水平基調のインストゥルメントパネルは、アッパー部前端から左右のドアベルトラインへのシームレスな繋がりによって、室内空間の広がりと車両感覚のつかみやすさをサポートします。

外装色は全7色、内装色は全3色を用意

ボディカラーには「アーバンカーキ」や鮮やかな「スカーレットメタリック」などを設定。加えて、ダークグレーのルーフ色と組み合わせたツートーンカラーは、「スカーレットメタリック」「グレイッシュブルー」の2色から選択可能です。

インテリアカラーは明るい「フロマージュ」と、落ち着いた空間を演出する「ブラック」を配色。一部グレードで選択できるオプション「ファンツールパッケージ」では親しみやすいアースカラーの「カーキ」も設定されています。

利便性に優れた室内空間

冒頭でもお伝えした通り、日常生活での取り回しを重視して扱いやすい5ナンバーサイズを維持。

その上で室内高を20mm高め、水平基調の低いベルトライン、サイドガラスを立てたデザインによって、広く開放感ある室内空間を創出しています。前後シートの距離はコンパクトミニバンとしてはトップクラスとなる最大1,000mmを実現し、2列目の居住性を向上。普段のショッピングでも、買い物かごを足元にそのまま置ける広さです。

室内を囲む全てのガラスには、赤外線や紫外線をカットするUVカット・IRカットの機能を採用。コンフォートパッケージとしてオプション設定し、より快適な空間を提供します。

その他にも「天井サーキュレーター」や日差しを遮る「後席用サンシェード」など、快適性を高める装備を多数採用しています。

ファミリーカーとしての使い勝手もバッチリ

低床×フラットフロア

先代から好評だった330mmと低いフロア地上高や段差のないフラットなフロアを踏襲しつつ、パワースライドドア開口部の高さを1,200mmに拡大。

後席への優れた乗降性を実現しました。「ハンズフリーデュアルパワースライドドア」によって荷物で両手がふさがっているときなども足だけで開けることが可能です。

左:3列シート車(サードシートアレンジモード時)
右:2列シート車(フラットラゲージモード時)

バックドア開口部の高さは先代から15mm拡大。荷室高も20mm(従来型比)高くしたことで、よりスムーズな荷物の出し入れを実現。突然の雨で子供の迎えに出かけた際、27インチタイヤの自転車でもハンドルを開口部にとられることもなく積載できます。

2列シート5人乗りタイプは、荷室床面に加え、2列目シートのチルトダウン構造を見直し格納時のシート背面高さを下げたことで、荷室高を50mm(従来型比)拡大。フラットで大容量のラゲージスペースは、多くの荷物を積載するアウトドアなどのアクティブなシーンで活躍します。

最新のトヨタセーフティセンスを全車標準装備

トヨタチームメイト[アドバンストパーク]

新型シエンタでは全グレードにおいて最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。

検知範囲を拡張した衝突予防機能「プリクラッシュセーフティ」や、ドライバーの“かもしれない運転”をサポートする「プロアクティブドライビングアシスト」などが利用できます。

Zグレードのハイブリッド仕様にはメーカーオプションとして高度運転支援技術「トヨタチームメイト」の機能「アドバンストパーク」を設定。駐車時の全操作を自動で行ってくれる最新の機能です。

ヤリスさながらの低燃費を実現

プラットフォームパワートレインはヤリスやヤリスクロスと同様。TNGAプラットフォーム(GA-B)をベースに、1.5直列3気筒のダイナミックフォースエンジン「M15A-FKS」を搭載。トランスミッションはダイレクトシフトCVTが組み合わされます。

駆動方式はガソリン車が2WD(FF)のみ、ハイブリッド車は2WDと4WD(E-Four)を採用しました。

グレード別のWLTC燃費は以下表のとおりです。

グレードガソリン
(2WD)
ハイブリッド
(2WD)
ハイブリッド
(4WD)
Z(7人乗り)18.3kml/L28.2km/L25.3km/L
G(7人乗り)
X(7人乗り)28.5km/L
Z(5人乗り)18.4km/L28.4km/L
G(5人乗り)28.8km/L
X(5人乗り)

Xの7人乗りを例にすると、ハイブリッド(2WD)では現行の22.8km/Lから28.5km/Lへと大幅向上。クラストップレベルの数値を達成しました。

ガソリン車においても17.0km/Lから18.3km/Lと、ハイブリッド車ほどではないにしろ高くなっていることが分かります。

グレード別の車両価格

新型シエンタのグレードは「X」「G」「Z」の3種類。Xがエントリーグレード、Zが最上級グレードです。

全てのグレードで2列シート仕様と3列シート仕様を選択可能。2列シート仕様の名称だった「ファンベース」は廃止されました。

新型シエンタのグレード別の車両価格は以下表のとおりです。

ガソリン車

グレード駆動
方式
乗車
定員
税込車両価格
XFF5人1,950,000円
G5人2,300,000円
7人2,340,000円
Z5人2,520,000円
7人2,560,000円

ハイブリッド車

グレード駆動
方式
乗車人数税込車両価格
XFF5人2,380,000円
4WD2,578,000円
GFF5人2,650,000円
4WD2,848,000円
FF7人2,690,000円
4WD2,888,000円
ZFF5人2,870,000円
4WD3,068,000円
FF7人2,910,000円
4WD3,108,000円

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちら

現行アルファード最後のコンプリートカーの発売が延期に

8月デビューか!フルモデルチェンジ版・新型シエンタを捉えた

その他の最新情報

遂に発表!新型シビックタイプRが世界初公開

スズキがインドで開発中のジムニーシエラ5ドアをスクープ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード