MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > RAV4 > トヨタ RAV4/RAV4 PHV完全情報!グレード構成や人気カラー、スペックなどを解説
RAV4

更新

トヨタ RAV4/RAV4 PHV完全情報!グレード構成や人気カラー、スペックなどを解説

トヨタ RAV4とはどんな車?

トヨタ 5代目RAV4  Adventure フロント

トヨタ RAV4はクロスオーバーSUVの先駆けとされているモデルで、1989年の東京モーターショーに展示された「RAV-FOUR」を原点としています。

「SUV=オフロード / アウトドア」と考えられていた時代に「アウトドアだけではなく、街乗りでも自由に乗る楽しい車」として「クロスオーバーSUV」の元祖となった車です。

トヨタ 5代目RAV4  Adventure リア

車名の由来は『Recreational Active Vehicle 4Wheel Drive』の頭文字をとったもので、和訳すると「娯楽向きで活動的な四輪駆動の乗り物」。これには、RAV4の開発コンセプトが表れているといえるでしょう。

先代のRAV4の特徴を継承しながらも、幾何学形状の「オクタゴン(八角形)」をモチーフにしたデザインを随所に取り入れ車全体のまとまりを確保。ボディ下部を黒色に統一することで、腰高感を払拭するとともに、より若年層に向けた仕上がりになっています。

また、ワイドボディと19インチの大径ホイール、十分な最低地上高を確保し、よりSUVらしさを強調したスタイリングが与えられました。

トヨタ 5代目RAV4 運転席

初代モデルのみ5ナンバーサイズとなりますが、2代目以後は欧米市場を意識をして大型化。国内でいう3ナンバーサイズへ移行しました。現在では世界約200カ国で販売をされるほど、トヨタの世界戦略車として地位を確立しています。

トヨタ 5代目RAV4 内装

現在販売されているのは5代目で、2019年に日本市場へと復活。ハリアー並のミドルなサイズ感を持ちながら、ランドクルーザー風のフロントフェイスを携え、オフローダーと都市型SUVを見事に調和させた外装デザインが特徴的です。

兄弟車のハリアーについてはこちら

プラグインハイブリッド(PHV)仕様も

2020年6月にはプラグインハイブリッドモデル「RAV4 PHV」が追加設定されています。実はトヨタのSUVにPHVが設定されたのはこの車種が初。

プラグインハイブリッド「THSⅡ Plug-in」はシステム最高出力306PSを発生し、0-100km/h加速は6.0秒と国産SUVでは最速クラスとなる加速性能を誇ります。

TNGAプラットフォーム(GA-K)を採用し、大容量バッテリーを車体中央の床下に搭載することで、低重心化と重量バランスの最適化を実現しています。

RAV4のグレード構成と車両価格

2022年3月時点で販売されているRAV4のグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

グレード名車両価格(税込)
X2,774,000円~
Adventure3,487,000円~
G3,447,000円~
HYBRID X3,374,000円~
HYBRID G4,029,000円~
PHV G4,690,000円~

一部改良により、RAV4のアドベンチャーにハイブリッドが追加

RAV4 アドベンチャー(ハイブリッド車)
ボディカラーは新色の「アッシュグレーメタリック×グレイッシュブルー」

トヨタは2021年12月1日、RAV4のグレード「Adventure(アドベンチャー)」にハイブリッド車(E-Four)を追加するとともに、RAV4、RAV4 PHVを一部改良。

さらにRAV4 PHVに特別仕様車「BLACKTONE」が追加されました。

RAV4アドベンチャーの内外装や乗り心地をアッキーナがレポート!

2022年秋頃にも一部改良予定

RAV4 ガソリン / ハイブリッド車ならびにPHVモデルは、2022年秋頃にも一部改良が行われる予定があることが、トヨタディーラーへの取材で明らかになりました。

ボディカラー

ガソリン・ハイブリッドモデル

ボディカラーは、ノーマルタイプと「アドベンチャー(ガソリン車のみ)」によって選べるカラーラインナップが異なります。

査定額が高くなるのは、ホワイトパール系の「ホワイトパールクリスタルシャイン」や、メタリック系の「シルバーメタリック」「グレーメタリック」などでしょう。

モノトーン

カラー名称カラーコード
ホワイトパールクリスタルシャイン(070)
シルバーメタリック(1D6)
アーバンカーキ*(6X3)
アティチュードブラックマイカ(218)
センシュアルレッドマイカ(3T3)
ダークブルーマイカ(8X8)
グレーメタリック(1G3)

*はアドベンチャー専用モノトーンカラー

ツートーン

カラー名称カラーコード
アッシュグレーメタリック(1K6)×
アーバンカーキ(6X3)*
(2QU)
アッシュグレーメタリック(1K6)×
グレイッシュブルー(8W2)*
(2TU)

*はアドベンチャー専用ツートーンカラー

PHVモデル

トヨタ RAV4 PHVのボディカラー一覧画像
PHVのカラーリング

ボディカラーは、ノーマルタイプと「ブラックトーン」によって選べるカラーラインナップが異なります。

査定額が高くなるのは、ホワイトパール系の「ホワイトパールクリスタルシャイン」や、メタリック系の「シルバーメタリック」「グレーメタリック」などでしょう。 ツートンカラーも黒×白系、黒×シルバー・グレー系が査定額が下がりにくいです。

モノトーン

カラー名称カラーコード
ホワイトパールクリスタルシャイン(070)
シルバーメタリック(1D6)
グレーメタリック(1G3)
エモーショナルレッドⅡ(3U5)
ダークブルーマイカ(8X8)
アティチュードブラックマイカ(218)

ツートーン

カラー名称カラーコード
アティチュードブラックマイカ(218)×
ホワイトパールクリスタルシャイン(070)
(2QJ)
アティチュードブラックマイカ(218)×
シルバーメタリック(1D6)
(2QY)
アティチュードブラックマイカ(218)×
グレーメタリック(1G3)
(2QZ)
アティチュードブラックマイカ(218)×
エモーショナルレッドⅡ(3U5)
(2SC)
アティチュードブラックマイカ(218)×
ダークブルーマイカ(8X8)
(2RA)

トヨタ RAV4のスペック

トヨタ 5代目RAV4の走行イメージ

ボディサイズ

対象モデルRAV4RAV4 PHV
全長4,600~4,610mm4,600mm
全幅1,855~1,865mm1,855mm
全高1,685~1,690mm1,690~1,695mm
ホイールベース2,690mm2,690mm
車両重量1,500~1,690kg1,900~1,920kg
乗車定員5人5人

パワートレイン

対象モデルRAV4RAV4 PHV
エンジン直列4気筒直列4気筒直列4気筒
排気量1986cc2.487L2487cc
最高出力126kW[171PS]/6,600rpm131kW[178PS]/5,700rpm130kW[177PS]/6,000rpm
最大トルク207N·m(21.1kg・m)/4,800rpm221N·m(22.5kg・m)/3,600-5,200rpm219N·m(22.3kg・m)/3,600rpm
モーター最高出力前:88kW[120PS]
後:40kW[54PS]
前:134kW[182PS]
後:40kW[54PS]
モーター最大トルク前:202N·m[20.6kg・m]
後:121N·m[12.3kg・m]
前:270N·m[27.5kg・m]
後:121N·m[12.3kg・m]
トランスミッションCVT電気式CVT電気式CVT
駆動方式FF
4WD
FF
4WD
4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー

通常モデルは2.0Lガソリンと2.5Lハイブリッドというラインナップ。2.5Lは当時新開発された直列4気筒直噴エンジン「ダイナミックフォースエンジン」で、高速燃焼技術・可変制御システムを採用し、排気・冷却・機械作動時などのさまざまなエネルギーロスを減少させ、熱効率を向上させるとともに高出力を実現しています。

PHVに搭載する新開発プラグインハイブリッド「THSⅡ Plug-in」はシステム最高出力306PSを発生し、0-100km/h加速は6.0秒と国産SUVでは最速クラスの加速性能を誇ります。

歴代モデル

【初代】RAV4:XA10型(1994〜2000年)

トヨタ 初代RAV4 フロント

1994年に登場した初代モデルは従来のクロスカントリーSUVとは異なる、乗用車をベースとした都市型SUV。ラダーフレームが常識だった従来のSUVとは異なり、モノコックボディ型SUVとして登場しました。すなわち、クロスオーバーSUVの原型となったモデルといえます。

CMキャラクターには元SAMPの木村拓哉さんが起用され、大きな話題を呼びました。

発売から翌年の1995年に5ドアモデルがラインナップされるまでは3ドアモデルのみでしたが、モノコック構造と4輪ダブルウィッシュボーンサスペンションを採用し、都市型でありながらもオフロード性能も兼ね備えていました。

【2代目】RAV4:XA20W型(2000〜2005年)

トヨタ 2代目RAV4 フロント

トヨタ 2代目RAV4は、欧米をメインターゲットとした世界市場を想定して、ボディサイズが大型化されました。

2003年のマイナーチェンジでは、当初設定されていたMT車や「エアロスポーツ」グレードは需要が低いため廃止に。クロスオーバーSUVブームに乗り始めた「ホンダ CR-V」や「日産 エクストレイル」の台頭もあって、国内におけるRAV4の勢いはデビュー当初より衰えていきます。

また、2代目RAV4が発売された2000年は低排出ガス車認定制度が生まれた年であり、このモデルは初の認定を受けた認定車第1号です。

【3代目】RAV4:XA30W型(2005〜2016年)

トヨタ 3代目RAV4 フロント

トヨタ 3代目RAV4は、2005年11月に国内発売、2006年1月に海外で発売されました。発売当初の国内目標月間販売台数2000台に対し、グローバルな目標年間販売台数は30万台という設定がなされた海外市場を意識したモデルでした。

クロカンを彷彿させる角ばったデザインから、現在の都市型SUVのイメージが持つ丸みを帯びたデザインへと変化。トランスミッションには全車CVTを設定、4WD機構も電子制御式へシフトし、機構面でも現代的になりました。

ちなみに、2013年まで国内で販売されていた高級クロスオーバーSUV「ヴァンガード」は、海外向けRAV4のロングボディを日本向けに逆輸入したモデルです。

【4代目】RAV4:XA40型(2013〜2018年)

トヨタ 4代目RAV4 フロント

トヨタ 4代目RAV4は、日本未発売のモデルです。2013年1月から北米を皮切りに販売がスタート。先代の海外向けボディにラインナップされていたV6エンジンは廃止され、代わりに2.5Lのハイブリッドが加わりました。

2015年のマイナーチェンジでは、現在のトヨタ車共通のデザインアイコンである「キーンルック」を採用したフロントマスクを採用しています。

もともと人気車種のRAV4は、マイナーチェンジを機に販売台数はさらなる好調を重ね、2016年および2017年におけるSUV販売台数は世界一位に輝きました。とくに北米での人気が著しく、米国でもっとも人気のあるトヨタ車に成長しました。

トヨタSUV全モデルはこちらから!

トヨタの新型車・最新情報はこちら!

オフロードカー人気おすすめランキングはこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード