MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > RAV4 > トヨタ RAV4が欧州で一部改良!日本でも同様の変更を予定、内容をいち早くチェック
RAV4

更新

トヨタ RAV4が欧州で一部改良!日本でも同様の変更を予定、内容をいち早くチェック

欧州でRAV4の2023年モデルが発表

RAV4 欧州仕様 2023年モデル

トヨタの欧州部門は2022年6月22日、RAV4に一部改良を実施したことを発表しました。

一部改良ではハイブリッド車とプラグインハイブリッド車の全モデルに、次世代マルチメディアシステムやカスタマイズ可能な新しい運転席デジタルメーター・ディスプレイなどを新たに採用しています。

これと同様の改良は日本でも実施されることが今年3月にトヨタディーラーへの取材で明らかになっています。国内仕様では改良と同時に、RAV4 PHVの車名を廃止して「RAV4」に統一するほか、新たな特別仕様車が設定される予定です。

国内仕様に実施される一部改良の詳細はこちら

一部改良後の内装をいち早くチェック

RAV4 欧州仕様 2023年モデル

新型RAV4には、10.5インチディスプレイ備えたトヨタの最新マルチメディアシステムが採用されます。一見日本仕様と同じように見えますが、大きな変更が加えられているのはメーターパネル。

改良後は上位グレードで「マルチインフォメーションディスプレイ」を拡大、今まで7インチだったものが12.3インチにまで拡大します。

こちらが新しくなった大型デジタルメーター。4つのスタイルと3つのレイアウトが用意されており、ドライバーはスピードメーターとデジタルダイヤル、さらにエコドライブメーター、再生中の楽曲情報、アダプティブクルーズコントロール表示など、情報を選択して表示することが可能です。

あくまで欧州の名称ですが、レイアウトは「カジュアル」「スマート」「スポーツ」「タフ」の4つのテーマが用意され、より自分好みにカスタマイズできます。

この大型デジタルメーターが採用されるのは前述の通り上位グレードのみ。日本ではエントリーグレードの「X」以外が対象です。Xではマルチインフォメーションディスプレイが4.2インチから7インチへと拡大。ディスプレイオーディオプラスは選択できません。

ハリアーにもプラグインハイブリッド仕様が登場!9月登場予定

トヨタセーフティセンスの機能拡大

今回欧州で実施された一部改良で、安全支援技術「トヨタセーフティセンス」の機能のひとつ、「プリクラッシュセーフティ」に交差点右左折支援(横断歩道・対向車両)が追加されたことに加え、「緊急時操舵支援」も搭載されています。

このうち、プリクラッシュセーフティの機能強化については国内のRAV4にも採用が予定されています。

緊急時操舵支援については現在だと新型ノア&ヴォクシーのみが採用していますが、国内仕様のRAV4でも搭載されるかどうかは今のところ不明です。

その他詳細な一部改良の変更点はこちらで解説

生産開始は10月3日から、価格大幅増?

欧州ではRAV4の生産は2022年第3四半期からと伝えられています。

編集部が入手している情報だと正確な生産開始日は10月3日。日本でのデビューは9月下旬~10月上旬の間になると予想されます。

ディーラーへの取材では、RAV4とハリアーは次回の一部改良で大幅値上げする可能性が高いとのこと。価格に関する情報はこちらの記事でお伝えしています。

ついにきた!新型クラウンのデザイン完全判明

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちら

GR GT3コンセプト市販型?レクサス「LFAⅡ」になるとも言われる特許

あのMR2が電動化で復活!?2021年公開のコンセプトカーがベースか

その他の最新情報

NSXやプレリュードがBEVになって復活!?公式発表が激アツすぎる

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード