MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ライズ > 新型トヨタ ライズ&ダイハツ ロッキーに関する最新リーク情報すべて
ライズ

更新

新型トヨタ ライズ&ダイハツ ロッキーに関する最新リーク情報すべて

2021年11月1日に発売した新型トヨタ ライズ&ダイハツロッキーに関して、判明している情報を一挙にお伝えします。

デザインに若干の変更が加えられる

トヨタ ライズ Z ハイブリッド
ダイハツ ロッキー PremiumG HEV

2021年11月1日、トヨタ ライズおよびダイハツ ロッキーが一部改良。シリーズハイブリッド「e-SMART」の採用を始めとする変更が加えられました。

両者ともに、一部改良後のモデルには新デザインのグリルや専用デザインのホイールが設定されています。

シリーズハイブリッド「e-SMART HYBRID」採用

注目のアップデートは100%モーターで走行するシリーズ式ハイブリッド「e-SMART HYBRID」の採用と、ハイブリッド用に最適化された新開発の1.2Lエンジンを搭載するとのこと。

新開発エンジンは1.2Lの直列3気筒自然吸気「WA-VE」で、FFモデルにのみ搭載されます。4WDについては従来同様の1.0L直3ターボ「1KR-VET」を採用すると見られます。

出典:ダイハツ

WA-VEエンジンは、今年6月にインドネシアで投入された新型ライズ&ロッキーに搭載されています。現地でのスペックは最大出力88PS、最大トルク11.5kgmといった数値ですが、国内のハイブリッド仕様では発電用としての役割のみとなります。

スマートペダルも設定

スマートペダル(S-PDL)

アクセルの踏み・戻しだけで加減速を快適に行える走行モード「スマートペダル」が。

スマートペダルは、出足の力強い加速が特徴の「ノーマルモード」と、燃費に優しい「エコモード」が選択可能。スマートペダルをOFFにすることも可能です。

スマートペダルをONにした状態でペダルを戻した際は、一般的なエンジンブレーキ以上の減速感を発生。渋滞時やカーブ・アップダウンの多い道路など、頻繁に加減速が必要なシーンにおけるドライバーの操作軽減に貢献します。

専用装備や安全装備も強化

トヨタ ライズ(現行型)の内装

新たに追加されるハイブリッドモデルとガソリンモデルともに、上位グレードには電動パーキングブレーキや「全車速追従機能付きクルーズコントロール」が採用されます。

トヨタ ライズでは「衝突回避支援ブレーキ」「歩行者夜間検知」「標識認証機能」といった機能を搭載。ハイブリッドモデルでは内部の静粛性も向上し、より一層使い勝手のいい車へと進化しています。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード