MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ライズ > 新型ライズ発売!トヨタ版「e-POWER」採用、ガソリン車は若干の値下げ
ライズ

更新

新型ライズ発売!トヨタ版「e-POWER」採用、ガソリン車は若干の値下げ

ライズ一部改良でハイブリッドを新設定

トヨタ ライズ Z(ハイブリッド/2WD)
トヨタ ライズ Z(ハイブリッド/2WD)

トヨタは2021年11月1日、コンパクトSUV「ライズ」を一部改良し、同日より販売を開始したことを発表しました。

今回の一部改良はハイブリッド仕様の新設定がトピック。新型ライズの変更点をお伝えします。

「e-SMARTハイブリッド」搭載

トヨタ ライズ Z(ハイブリッド/2WD)
トヨタ ライズ Z(ハイブリッド/2WD)

新型ライズには新開発の1.2Lハイブリッドシステム「e-SMART(イースマート)ハイブリッド」が初採用されます。

これはエンジンは発電専用で、走行は100%モーター駆動によって行うシリーズハイブリッドという方式。日産の「e-POWER」と同じです。

低~中速走行に強く、街乗りが主なユーザーにピッタリの仕組み。詳細なスペックは以下表の通りです。

モーター最高出力78kW [106PS]
最大トルク170Nm [17.3kgf-m]
バッテリー種類リチウムイオン電池
容量4.3Ah

クラストップレベルの低燃費

従来の1.0Lターボと比べ、新設定の1.2LエンジンではWTLCモード20.7km/Lという燃費性能を実現。

クラストップレベルの低燃費と高い動力性能を両立させることに成功しています。

スマートペダル(S-PDL)採用

アクセル操作のみで走行スピードをコントロールできる新機能「スマートペダル」も搭載。

加速減の頻度が高い街中や下り坂でのペダル踏み変え回数を減らすことができ、より快適なドライブを実現してくれます。

安全性能・快適装備も充実

アクセサリーコンセント

新型ライズでは予防安全機能「スマートアシスト」を全車標準装備としたほか、快適装備も充実。

より使い勝手のいい車へと進化しました。

一部改良後のグレード別価格表

グレード価格エンジン排気量駆動方式トランスミッション
X1,707,000円直列3気筒NA1,200ccFFCVT
1,984,800円直列3気筒ターボ1,000cc4WD
G1,857,000円直列3気筒NA1,200ccFFCVT
2,133,700円直列3気筒ターボ1,000cc4WD
2,163,000円直列3気筒NA(HEV)1,200ccFF電気式CVT
Z2,299,200円直列3気筒ターボ1,000cc4WDCVT
2,039,000円直列3気筒NA1,200ccFF
2,328,000円直列3気筒NA(HEV)電気式CVT

同じ排気量のガソリン車とハイブリッド車の価格を比較すると、ハイブリッドの方が28万9000円高く設定されています。

また、一部改良前と比べるとガソリン車が安くなりました。これはターボを廃止したことが理由です。

排気量が1.2Lになることによって、自動車税が25,000円から30,500円に値上がりしますが、燃費が向上した分の燃料代が浮くので、結果的に維持費は安く抑えられることが期待できます。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード