MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ノア > 特報!次期型ノア&ヴォクシーの新機能を完全網羅、トヨタ初や世界初がズラリ
ノア

更新

特報!次期型ノア&ヴォクシーの新機能を完全網羅、トヨタ初や世界初がズラリ

次期型ノア&ヴォクシーの新機能を大量入手

2021年11月半ばに入って、トヨタ関係者から次期型ノア&ヴォクシーに関する最新情報を入手することに成功。

以前にもかなりまとまった情報をお伝えしていますが、今回はそれに加えて目玉となる要素が多数。今回得られた新情報を余すことなくお伝えします。

トヨタセーフティセンスが人間レベルに?

画像提供:Moris_SRT様(@Moris_SRT_VRC

次期型ノア&ヴォクシーのトヨタセーフティセンスは新機能多数の最新版。これらを始めとする新たな運転支援機能&安全機能をピックアップしてお伝えします。

交差点進入時、十字路で左右に自動車を検知すると、カラーヘッドアップディスプレイで知らせる「フロントクロストラフィックアラート」を筆頭に、次期型ノア&ヴォクシーのトヨタセーフティセンスは新機能多数の最新版。

クルーズコントロールにおける前走車との車間距離の設定は、従来の3段階から4段階となり、よりきめ細やかな調節が可能になりました。さらに、カーブでの速度抑制機能が実装され、以前はシビアだったカーブ走行の安全性がより向上しています。

車線変更や渋滞時支援がスゴイ!

車線変更機能も人間に近いサポートが可能に。レーダークルーズ使用時において、ウィンカーを操作したタイミングで隣に車両を検知すると、減速して後ろに入る「予備減速」か、加速して前に入る「予備加速」かを自動で判断して行う機能が搭載されました。

車線中央の走行や、自走車線に接近する車両の回避などをサポートする「レーントレーシングアシスト」も。

このレーントレーシングとレーダークルーズの使用時において、0〜40km/h走行時かつドライバーが前方を向いてる場合に限り、渋滞時支援機能「トヨタチームメイトアドバンスドドライブ」が発動し、手放し運転に近い走行が可能になるとの情報も。

「操舵支援機能」をトヨタブランド初搭載

トヨタブランド初の操舵支援機能「プロアクティブドライビングアシスト」が、エントリーグレードの「X」を除く各グレードにメーカーオプションで設定されます。

これは、歩道がないような狭い道路で歩行者や自転車、自動二輪(バイク)を検知して、それらを避けながら走行できるという機能です。ただし、バイクは昼間だけになると見られます。

高速道路走行モード中にウィンカーを出すと、操舵と車線変更先の車両を監視してくれる「レーンチェンジアシスト」も魅力的。

ファミリー層を狙い撃ち「安心降車アシスト」

歩道側(左側)のスライドドアのみの設定かもしれない
画像提供:Moris_SRT様(@Moris_SRT_VRC

スライドドアに「安心降車アシスト」という機能が、エントリーグレードの「X」を除く各グレードにメーカーオプションで設定されます。

これは、ブラインドスポットモニターのセンサーを使い、子供が降車するタイミングで自転車などを検知した場合、ドアの開閉をストップできるという安全機能。小さな子供がいる家庭などはこれだけでも決め手となるような新機能だといえます。

快適性強化、注目はリモート駐車機能

リモート駐車機能の実証実験中?
画像提供:Moris_SRT様(@Moris_SRT_VRC

以前お伝えした機能に加え、新たに情報を入手した快適機能をお伝えします。

TNGAプラットフォーム採用と防音材の多用によって、静粛性や会話明瞭度が大幅向上。資料によるとわずかに現行アルファードに及ばないながら、日産 セレナやホンダ ステップワゴンを凌ぐ数値を実現したといいます。

また、快適温熱シート(=シートヒーター)を運転席&助手席に搭載。これはSZ&Zが標準装備、SG&Gがオプションになります。

スマホ連携強化でデジタルキーやリモート駐車機能を実装

ハリアーや新型ランドクルーザーにも設定されている専用のスマートフォンアプリ「リモートスタート」によって、各種操作が可能になるようです。

トヨタブランド初の機能として、施錠まで可能にする「デジタルキー」や、車外から自動で駐車・出庫を行える「リモートパーキングアシスト」などを実装。

これらはすべて有料オプションで、現在公開されている価格だと年払いで年間2,420円、月々払いの場合は月間220円程度です。

世界初「フリーストップバックドア」採用

次期型ノア・ヴォクシーの開発車両
画像提供:FLおじさん様(@FL36529779

バックドアには世界初の機能として、「フリーストップバックドア」が採用されます。

これは、バックドアの開閉時にどの位置でも止めることを可能にする機能。パワーバックドアではないようです。

主なメリットとしては、スペースの関係でバックドアを全開にできない時、ドアの開き具合を好みで調節できるため、荷物の積み下ろしが容易になるということがあります。このバックドアは全グレードに標準装備されるとのことです。

オプションで開閉パネルを室外に設置

上位グレード「S-Z」「Z」のみ、メーカーパッケージオプションとしてバックドアの開閉スイッチを室外サイドに設置することが可能になります。

「ディスプレイーディオプラス」新設定

以前お伝えした内容に、次期型ノア&ヴォクシーのディスプレイに8.0インチと10.5インチが用意されているという情報がありました。

両サイズとも画質が従来よりも向上することに加え、10.5インチのディスプレイでは「ディスプレイーディオプラス」という有料オプション(金額不明)を選択できるとのことです。

オプションで車内Wi-Fiや有機ELディスプレイなどを用意

DCMを車内Wi-Fiとして使用できる機能があるのですが、10.5インチディスプレイの場合はインターネットブラウザも利用可能とのこと。ただ、ネットブラウザ以外の車内W-Fi機能は8.0インチでも使用可能です。

また、後席用のフリップモニターについては、オプションで従来の12.1インチから1.3倍の14インチに拡大できるようです。さらに14インチディスプレイは有機EL採用。美麗な映像を大迫力で楽しむことができるようになります。

グレード別のホイールサイズ&仕様も判明

デザインについては現時点だと不明(画像は次期型ノアと思われる開発車両)
画像提供:Moris_SRT様(@Moris_SRT_VRC

各グレード別のホイールサイズと仕様は以下表の通りです。

車種グレードホイール仕様
ノアS-Z(エアロ)17インチアルミ(専用デザイン)
17インチアルミ(切削光輝)
S-G16インチアルミ(専用デザイン+シルバー)
G(Z)16インチスチール
16インチアルミ
X16インチスチール(樹脂フルキャップ付)
ヴォクシーS-Z(エアロ)17インチアルミ(専用デザイン)
17インチアルミ(切削光輝)
S-G16インチアルミ(専用デザイン+ミディアムグレーメタリック)

ノアとヴォクシーのエアログレード「S-Z」には、専用という文字が添えられているため、別デザインになる可能性が高いです。ノアのZについては記載がなかったとのことで、おそらくGと共通のものになると考えられます。

また、現行モデルではパンク修理キットが全車標準装備となっていますが、新型ではスペアタイヤが標準装備となるようです。

パンク修理キットはそれとあわせて標準装備になるのか、オプション品になるのかは不明ですが、パンク修理キットではどうにもできないトラブルにも対応できるようにという狙いがあるのかもしれません。

すでにディーラーにも情報が入っている!

これらの情報はすでにディーラーへと行き渡っていることに加え、どこの店舗も予約がかなり入っている状況のようです。

デザインは相変わらず不明ですが、間違いなく現行のノア&ヴォクシーよりも進化して登場すること間違いなしの次期型。人気ゆえに納期の長期化も懸念されます。

注文が遅くなってしまうと納車までにかなり時間がかかってしまうかもしれないため、余裕を持ったスケジュールで購入を考えるようにしましょう。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

【みんなの意見】投票受付中!

Q. ミニバンを購入するなら次の車種のうちどれ?

ファミリー層を中心に人気のあるミニバン。価格やサイズ、安全装備などを考慮して最も購入したいと思う車種を教えて下さい。

  • トヨタ アルファード
  • トヨタ ヴェルファイア
  • トヨタ ノア
  • トヨタ ヴォクシー
  • トヨタ シエンタ
  • 日産 エルグランド
  • 日産 セレナ
  • ホンダ ステップワゴン
  • ホンダ フリード
  • 三菱 デリカ D:5
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る

トヨタ車の新型車情報はこちらから

その他の最新情報

ノア&ヴォクシーの次に登場予定?ホンダのステップワゴンも次期型に

ついに右ハンドル仕様も目撃!ジムニーロングのスクープまとめ

幻のスライドドアSUV「Tjクルーザー」

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード