MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ノア > トヨタ ノア完全情報!グレード構成や人気カラー、スペックなどを解説
ノア

更新

トヨタ ノア完全情報!グレード構成や人気カラー、スペックなどを解説

トヨタ ノアとはどんな車?

S-Z

トヨタのノアは2001年から販売されているファミリー層をターゲットとしたミニバンです。現行は2022年にフルモデルチェンジした4代目。

先代モデルは親しみやすさを重視したデザインが特徴でしたが、4代目は大迫力グリルを備えた「オラオラ顔」のフロントデザインを採用。

なかでもエアロ仕様の「S-Z」「S-G」はかなり押し出し感が強めとなっており、カッコいいミニバンがほしい!というファミリーにはおすすめです。

8人乗りシート
7人乗りシート

内装は低くフラットなフロアやノンステップを採用することで子供・高齢者にも優しい乗降性、使い勝手の良い荷室を実現。TNGAプラットフォーム「GA-C」の採用と防音材の多用によって、静粛性も向上しています。

7~8人がゆったりと乗れるゆとりある室内空間や、ミニバントップクラスの燃費を誇るハイブリッドモデルなど、快適性や環境性能を重視したモデルです。

兄弟車・ヴォクシーの完全情報はコチラ!

ノアのグレードと車両価格

2022年5月時点で販売されているノアのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

ノーマルタイプ

ノーマルタイプはフロントグリル両側が比較的すっきりとしたデザイン
グレード名車両価格(税込)
HYBRID Z3,590,000円~
HYBRID G3,320,000円~
HYBRID X3,050,000円~
Z3,240,000円~
G2,970,000円~
X2,670,000円~

エアロタイプ

グレード名に「S」がついているエアロタイプは、フロントグリル両側がブラックアウトしたクールなデザイン
グレード名車両価格(税込)
HYBRID S-Z3,670,000円~
HYBRID S-G3,390,000円~
S-Z3,320,000円~
S-G 3,040,000円~

ボディカラーは全7色

査定額が高くなるのは、ホワイパール系の 「ホワイトパールクリスタルシャイン」や、ブラック系の「アティテュードブラックマイカ」「グリッターブラックガラスフレーク」でしょう。

先代モデルには純ブラック系統のボディカラーがラインナップしていませんでしたが、4代目はフロントデザイン変更に合わせてか、クールな印象のカラーでまとめられています。

カラー名称カラーコード
ホワイトパールクリスタルシャイン(070)
メタルストリームメタリック(1K0)
アティテュードブラックマイカ(218)
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(220)
グリッターブラックガラスフレーク(226)
レッドマイカメタリック*(3R3)
スティールブロンドメタリック*(4X1)

*はノア専用色。ヴォクシーでは選択できません。

トヨタ ノアのスペック

ボディサイズ

全長4,695mm
全幅1,730mm
全高1,895~1,925mm
ホイールベース2,850mm
車両重量1,600~1,710kg
乗車定員7~8人

パワートレイン

エンジン直列4気筒直列4気筒
排気量1,797cc1,986cc
最高出力72kW[98PS]/5,200rpm125kW[170PS]/6,600rpm
最大トルク142N·m[14.5kg・m]/3,600rpm202N·m[20.6kg・m]/4,900rpm
モーター最高出力前:70kW[95PS]
後:30kW[41PS]
モーター最大トルク前:185N·m[18.9kg・m]
後:84N·m[8.6kg・m]
トランスミッション電気式CVTCVT
駆動方式FF
4WD
FF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラー

歴代モデル

【初代】ノア:R60G型(2001〜2007年)

トヨタ 初代ノア フロント

初代ノアは、それまで販売されていたミニバン「タウンエース・ノア」「ライトエース・ノア」の後継車として、2001年に登場しました。底床化と左右両方のスライドドアなど、室内空間の居住性と使い勝手の向上が図られました。

ちなみに兄弟車のヴォクシーも同じタイミングにデビューし、デザイン以外は価格帯もすべて共通で販売されています。

当時からヴォクシーよりも押しだし感が控えめでファミリー向けのデザインをしていました。

【2代目】ノア:ZRR7#G/W/R型(2007〜2014年)

トヨタ 2代目ノア フロント

2007年6月にモデルチェンジ。基本的なコンセプトは引き継ぎながら、グリルのデザインは現行に近い形状に。

2代目となったノアは先代よりも親しみやすさを際立たせており、世界初の「ワンタッチスペースアップシート」や「チャイルドケアモード付のロングスライドマルチ回転シート」など、使いやすい新機能も採用。

「バルブマチック(VALVEMATIC)」を搭載した新開発2.0Lエンジンや先進技術も実装し、より競争力を高めたモデルとなりました。

【3代目】ノア:R80G/W型(2014年〜2022年)

トヨタ 3代目ノア G 後期型 リア
2017年マイナーチェンジ後のモデル

アンダーグリルと一体化した大型フロントグリルとヘッドランプの組み合わせにより、迫力のある印象に。とはいえ、兄弟車のヴォクシーやエスクァイアよりは落ち着いたファミリー向けのデザインをしていることが特徴です。

7~8人がゆったりと乗れるゆとりある室内空間や、ミニバントップクラスの燃費を誇るハイブリッドモデルなど、快適性や環境性能を重視しています。

内装は低くフラットなフロアやノンステップを採用することで子供・高齢者にも優しい乗降性、使い勝手の良い荷室を実現しました。

3代目プリウスで培った待望の本格ハイブリッドシステムを搭載し、19.8km/Lというカタログ燃費を達成。安全機能も充実しており、初代より変わらないファミリー層というターゲットへの訴求力を高めています。

最新「ノア」中古車情報
本日の在庫数 3042台
平均価格 178万円
本体価格 12~496万円

トヨタのミニバン全モデルはこちらから!

トヨタの最新新型車情報はこちら!

かっこいいミニバンランキングはこちら!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード