MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ランドクルーザー > 新型ランクル300の本命はロングホイールベース版?レンダリング画像がリーク
ランドクルーザー

更新

新型ランクル300の本命はロングホイールベース版?レンダリング画像がリーク

新型ランドクルーザーとは

2021年6月10日に公式発表された新型ランドクルーザー300系。

先代のランドクルーザー200系は2007年にデビュー。実に15年ぶりとなるモデルチェンジとなるため、見た目だけでなく中身も大幅に進化しました。

新型モデルでは、「どこへでも行き、生きて帰ってこられるクルマ」として、高い悪路走破性をもちながら、路面状況に左右されない安定感や静粛性といった快適性能も高められています。

海外メディアによるロングホイールベース版ランドクルーザーとは

出典元:kolesa.ru

トヨタは新型ランドクルーザーの納車に1年以上とのアナウンスを行うほど、販売状況も好調ですが、発表から半年もたたないうちにランクル300の新しいニュースを海外メディアが報じています。それは新型ランドクルーザーのロングホイールベース版です。

レンダリングで提示された新型ランドクルーザーは、ホイールベースが大幅に増加し、リアオーバーハングが延長されています。外観からは後部ドア後方にあるCピラーのデザインが変更されているのが通常のランドクルーザーとの違いを明確に表しています。

出典元:kolesa.ru

2列目の開口部が広くなり乗り降りのしやすさが改善され、また足元のスペースが(更に)広がるなどロングホイールベース化の恩恵は新型ランドクルーザーの快適性を更に引き上げるものと想像されます。

欠点として挙げられるコーナリング性能や最少回転半径のデメリット要素も、販売されるエリアが道路も広く直線が多い国などであれば、直進安定性や車内空間の広さ、乗り心地の良さなどメリットが多くなるのではないでしょうか。

世界の名だたる高級SUVに挑むのか

レンジローバー特別仕様車「レンジローバー SV ゴールデンエディション」

高級SUVのロングホイールベース版は珍しいものではなくなってきています。キャデラックエスカレードESV、レンジローバーAutobiography、マイバッハGLS600など、世界の名だたる高級SUVにはロングホイールベース版が用意されています。また先日に発表されたレクサスLXも4人乗りVIP仕様が。

そう考えると、悪路走破力と耐久性の高さで中東諸国の王族など富裕層に絶大な人気がある新型ランドクルーザーのロングホイールベース版の登場は現実味を帯びていると考えても良いかもしれません。

「陸の巡洋艦」を意味するトヨタランドクルーザー。ロングホイールベース版を用意して世界の名だたる高級SUVと更に激しい競争を繰り広げるのか?今後の最新情報に期待です。

あわせて読みたい記事

トヨタの新型車情報まとめ

ランクルの安全性が分かる?

新型ランドクルーザーの知られざる盗難防止とは?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード