MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハイエース > 次期型ハイエースはまさかのキャブオーバー継続?22年デビューに期待
ハイエース

更新

次期型ハイエースはまさかのキャブオーバー継続?22年デビューに期待

次期型ハイエースの情報を入手!

トヨタ ハイエース ワゴン GL

トヨタの人気バン「ハイエースバン」および「ハイエースワゴン」のフルモデルチェンジに関する情報を入手しました。

この情報を提供した方によると、ハイエースの車中泊仕様をカスタムしている業者にはすでに周知されているとのこと。しかし、編集部がトヨタディーラーに確認したところ、「そんな情報は初耳」という回答が得られました。

アウトドアカスタムでも人気「プロボックス」が12月中旬に一部改良!最安グレード新設定

現行と同じ「キャブオーバー」継続か

何度かお伝えした次期型ハイエースの予想CGは、セミボンネット化した姿で描かれている

今回入手した情報によると、次期型ハイエースは現行と引き続きボンネットのない「キャブオーバー」のボディ形状を採用するといいます。

これまでの予想では次期型ハイエースは、短いボンネットを備えた「セミボンネット」形状を採用すると考えられていました。

キャブオーバーは室内空間を広く確保でき、運転時に前方の確認が容易なことからビジネスシーンで高く評価されている形状。しかし、衝突時の安全性がボンネットのある車種と比べて低いことから、キャブオーバーは徐々に減少している傾向にあります。

海外モデルのハイエースはすでにボンネットを備えた形状に

海外で販売されているハイエースはすでにセミボンネット化していて、国内モデルもそれに続くと予想されていたため、キャブオーバー続投は衝撃です。

ダイハツ次期型デッキバンは乗用仕様が登場か!ターボモデルの設定にも期待大

発売は2022年内

次期型ハイエースのフルモデルチェンジは2022年に実施される見込みとのこと。

ハイエースシリーズは近いうちにグレードの統廃合を控えていることがわかっています。そのため、モデル末期の可能性が高く、フルモデルチェンジが近いことが予想されています。

フルモデルチェンジによってセミボンネット化するとなれば、従来型のハイエースを求める顧客は中古車へと流れてしまいそうですが、次期モデルでも引き続きキャブオーバーを採用するのであればその心配は無さそうです。

また詳細が判明次第、続報をお伝えします。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

最新「ハイエースバン」中古車情報
本日の在庫数 4430台
平均価格 271万円
本体価格 35~949万円

トヨタの新型車情報はこちら

商用バンのプロボックスが一部改良で最廉価グレード設定

次期型ノアヴォクは1月発表、予約販売はすでに開始

その他の最新情報

日本仕様の可能性も?右ハンドルのジムニーロングをスクープ!

ホンダの軽トラが超ハイテクに進化!「ホンダ AWV」がカッコいい

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード