MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハイエース > ハイエースも300系に?次期新型がセミボンネット&PHEV採用で2023年登場か
ハイエース

更新

ハイエースも300系に?次期新型がセミボンネット&PHEV採用で2023年登場か

トヨタの大人気バン「ハイエース」の次期新型に関する情報と予想CGが編集部に入ってきました。

伝統を打ち破るセミボンネットを採用か

新型ハイエースの予想CG

6代目となる次期新型「300系」では、「TNGA」プラットフォームを採用し、ゼロベースから再設計されるといいます。

予想CGでは、運転席上部をハイルーフ型に、フロントウィンドウに丸みを帯びたデザインを取り入れています。

フロントエンドには、シャープなヘッドライトに3連プロジェクターとブルーLEDを内蔵し、未来的な印象を演出。それに対してグリルには厚み持たせることで押し出し感を強調しています。

アンダーグリルにはクラウン譲りのV型ウイングを取り入れ、迫力あるアンダー周りが期待できそうです。

セミボンネットにすることで安全性や静粛性が向上

現行ハイエースワゴン(国内仕様)

ハイエースと言えばキャブオーバースタイルで知られていましたが、予想CGでは海外モデルに見られるセミボンネットスタイルとして描かれています。

セミボンネットスタイルを採用することによるメリットとして、ノーズがあることで衝突時のリスク軽減や、静粛性の向上などが挙げられます。

一方で、ハイエースが誇る優れた積載性が若干損なわれる可能性もあるため、この点は賛否が分かれる点でもあります。

海外仕様ハイエースのような外観に?

海外仕様のハイエース(グランディア)は既にセミボンネットを採用

イメージでいうと、海外で販売されているトヨタ ハイエース グランディア(通称:グランディア)があります。グランディアは、2019年からオセアニア市場で販売されているミニバンで、H300型ハイエースをベースとしています。

TNGAの設計思想に基づいた環状骨格構造を備える専用プラットフォームを採用しており、フラットな室内空間を実現。国内市場だとトヨタ グランエースに同様のプラットフォームを採用しています。

ヨーロッパにおける自動車安全テスト「ユーロNCAP」では、最も優れた”5★”を獲得しました。

グランディアの内外装デザインはこちらから

パワートレインにPHEVが設定か

ハイエース(海外仕様)

次期新型ハイエースのパワートレインには、2.0L直列4気筒ガソリンエンジンにくわえ、2.8L直列4気筒「1GD」ディーゼルエンジン、最高出力290psまで高められる3.5L V型6気筒「7GR」が採用されると予想されています。

また、これらに加えてハイエース初の電動モデルが追加で設定されることが期待されています。

トヨタは2025年頃を目標に、全車電動化を達成し、内燃機関のみの車種を廃止することを発表しました。

仮にハイエースに電動モデルが登場する場合、2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジン+電気モーターのPHEVが追加設定されると思われます。

発売は2022年内か

ハイエース(海外仕様)

次期新型ハイエースのワールドプレミアは2022年内と予想されており、プラグインハイブリッドなどの電動モデルは2023年内の登場が期待されます。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

最新「ハイエースバン」中古車情報
本日の在庫数 4303台
平均価格 261万円
本体価格 35~923万円

その他の最新情報

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

市販モデルがリーク!日産フェアレディZはプロトタイプよりカッコイイ?

価格が判明?今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード