MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハリアー > トヨタ新型ハリアーvs三菱 アウトランダー&PHEV│SUVライバル車比較
ハリアー

更新

トヨタ新型ハリアーvs三菱 アウトランダー&PHEV│SUVライバル車比較

2020年に発売開始となったトヨタ新型ハリアーと、三菱 アウトランダー/アウトランダーPHEVを比較。先進安全・予防安全装備の違いや、ハイブリッドとPHEVの選択の決め手など、車選びのポイントを紹介する。

シティ派のトヨタ新型ハリアーvsアウトドア派の三菱 アウトランダー

シティ派高級SUVのトヨタ ハリアー、三菱のオフローダー4WDの血統のアウトランダーと、ハリアーとアウトランダーには正反対のイメージを抱いている人もいるだろう。

ハリアー Z レザーパッケージ(ホワイトパールクリスタルシャイン)
ハリアー Z レザーパッケージ

モデルチェンジ後の新型ハリアーは、高級感をさらに高め、洗練されたモデルとしてデビューした。

アウトランダーPHEV Black Edition(チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ)
アウトランダーPHEV Black Edition

対するアウトランダーはPHEVをラインナップする珍しいSUVだ。トヨタもRAV4においてPHEVモデルを発売していることから、PHEV SUVへのニーズを重要視していると言える。

アウトランダーは全体的に四角く、全高が高く見える。メインパワートレインは2.4L×4WDで、ダイナミックな走りが得意だ。

ボディサイズを比較

ハリアーアウトランダー
全長(mm)4,7404,695
全幅(mm)1,8551,800
1,810*
全高(mm)1,6601,710
車両重量(kg)1,530~1,7501,500~1,590
1,860~1,930*
定員(人)57
5*

*アウトランダー PHEVの数値。

新型ハリアーが全体的に大きいが、アウトランダーのほうが高さがある。デザインから見ても、新型ハリアーはクーペスタイル、アウトランダーはどちらかといえばクロスカントリーの流れを汲むSUVだからと言えるだろう。

アウトランダー Black Editionの7人乗りシート
アウトランダー(Black Edition)の7人乗りシート

また、アウトランダー ガソリン車は3列シート7人乗りであるのに対し、アウトランダーPHEVは新型ハリアーと同じ5人乗り。PHEVが重いのはモーターや大型バッテリーのためだ。

主要装備・注目装備を比較

純正ナビ・オーディオ

新型ハリアーはディスプレイオーディオか純正ナビが標準装備されている。ディスプレイオーディオ車であっても、オプションで純正ナビに変更できる。

アウトランダーPHEV Black Editionのインテリア
アウトランダーPHEV Black Editionのインテリア

アウトランダーは純正ナビつきグレードか、オーディオ非装着グレードに分かれる。オプションでの純正ナビ選択はできない。

ハリアー ディスプレイオーディオ
ハリアー ディスプレイオーディオ

両車の純正ナビはApple CarPlayとAndroid Autoに対応しているため、スマホユーザーにも優しい。新型ハリアーの場合、スマホのカーナビアプリをメインで使うのであればディスプレイオーディオでじゅうぶんだ。

三菱の独自アプリで絶景ポイントへドライブ!

週末探検家

三菱は「週末探検家」というスマホ向けアプリをリリースしている。絶景スポット情報が楽しめるものだが、純正ナビと連携させると、絶景スポットをナビに送信、目的地に設定。

気になる絶景スポットをスマホでピックアップしておくと、すぐにドライブへ出かけることができる。

アプリのみでも使うことができるので、気になる場合はこちらから。

本革シート

ハリアー Z レザーパッケージ(ブラウン内装)
ハリアー Z レザーパッケージ(ブラウン内装)

本革シートの選択はどちらも可能。新型ハリアーは「レザーパッケージ」が「Z」「G」で選択できる。アウトランダーは一部グレードでオプション選択できる。

サンルーフ

新型ハリアーはハイグレード「Z」のみ「調光パノラマルーフ」をオプション選択できる。

ハリアー 調光パノラマルーフ(調光状態/透過状態)
ハリアー 調光パノラマルーフ(調光状態/透過状態)

これはサンシェードを開けたままでもガラスの透過程度を調整できる、トヨタ初採用のサンルーフ。調光状態に切り替えることで、障子越しのようなやわらかな光を取り入れることができる。

アウトランダーはPHEVのハイグレード「S Edition」で「電動ガラスサンルーフ」が標準装備。それ以外の一部グレードでオプション選択できる。

緊急時に頼りになるPHEV!最大1500Wまでバッテリーの電気が使える

アウトランダーPHEV 100V AC電源
アウトランダーPHEV 100V AC電源

アウトランダーPHEVに標準装備されている100V AC電源。最大出力は1500Wなので、ホットプレートや炊飯器、ドライヤーなどの家電も車のコンセントで使えるのは非常に便利。キャンプや海のレジャー、停電時や災害時の給電として頼りになる。

通常、車の電源は家電製品用の給電に対応していないため、シガーソケット対応のインバーターやサブバッテリーが必要だが、アウトランダーPHEVならそういった機材なしでも、車内コンセントを利用できる。

先進安全装備・予防安全性能を比較

先進安全装備として、トヨタ新型ハリアーは「トヨタセーフティーセンス」を、三菱 アウトランダーは「e-Assist(eアシスト)」を全車標準搭載しているが、標準機能には差がある。

※◯=全車標準搭載、△=一部グレードではオプション、×=純正オプション用意なし

ハリアーアウトランダー
ブレーキ&ハンドル制御
先行車への追従走行
はみだし抑制
前方ブレーキ支援
後方ブレーキ支援×
ブラインドスポットモニター
誤発進抑制制御
後退時警戒支援
防眩ハイビーム自動制御×
スマートミラー×
アラウンドビューモニター

新型ハリアーもアウトランダーも、走行中の緊急ブレーキ支援やハンドル操作支援、車線はみだし抑制、誤発進制御などの基本的な安全装備は標準搭載となっている。

ただし、アダプティブクルーズコントロールと後方に対する安全機能については、新型ハリアーに軍配が上がる。

新型ハリアーはACC標準装備

前の車と車間距離を保ちながら、一定速度で追従走行してくれるアダプティブクルーズコントロール(ACC)。新型ハリアーは全車標準装備だが、アウトランダーでは一部のグレードがオプションまたは設定がない。

ロングドライブが多いドライバーは新型ハリアーであれば心強い。アウトランダーは搭載グレードを確認しよう。

後方ブレーキ支援や後方安全アラートは新型ハリアーのセットオプション

新型ハリアーはオプションの「リアクロストラフィックオートブレーキ」で、後方安全性をさらに高めることができる(最上位グレードの「Z」では標準装備)。後方へのブレーキ支援がほしい人にはおすすめのオプションだ。

すべての画像を見る (14枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード