MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハリアー > トヨタ新型ハリアーvsスバル フォレスター│SUVライバル車比較
ハリアー

更新

トヨタ新型ハリアーvsスバル フォレスター│SUVライバル車比較

2020年に発売開始となったトヨタ新型ハリアーと、スバルのミドルサイズSUV・フォレスターを比較。いずれもハイブリッド車がラインナップするが、価格差は歴然。車選びのポイントを紹介する。

都市派の新型ハリアーvsアウトドア派のフォレスター

歴代モデルを見ると、ハリアーとフォレスターは正反対の性格をもつSUVと言ってもいいだろう。その流れをくみ、新型ハリアーは都市派SUV、フォレスターはアウトドアユースも大いに想定したSUVである。

ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)
ハリアー Z レザーパッケージ

新型ハリアーは全高が低く見える、ワイドなクーペスタイルが特徴だ。エレガンスやスマートといった言葉が似合う。

フォレスター X-BREAK
フォレスター X-BREAK

対してフォレスターはスバル珠玉のAWDを標準搭載としていることからもわかるように、アクティブなアウトドアユーザーにも支持されるSUVだ。スクエアボディにタフな印象の外装が特徴だ。

トヨタハリアーとスバルフォレスターのグレードと価格を比較

新型ハリアーが全グレードでガソリン/ハイブリッドの選択ができるのに対し、フォレスターはガソリン専用/ハイブリッド専用のグレードが決まっている。

ハリアーの
グレード
価格フォレスターの
グレード
価格
Touring2,860,000円~
Sガソリン:2,990,000円~
ハイブリッド:3,580,000円~
X-BREAK2,970,000円~
Premium3,080,000円~
Advance3,157,000円~
Gガソリン:3,410,000円~
ハイブリッド:4,000,000円~
Zガソリン:3,930,000円~
ハイブリッド:4,520,000円~

フォレスターは全てのグレードがハリアーのエントリーグレード「S」のガソリン車に近い価格設定だ。ガソリン仕様を考えているのであれば、新型ハリアー「S」とフォレスター「Touring」「X-BREAK」「Premium」を比較して検討してみよう。

ハイブリッドのフォレスターに乗りたいのであれば「Advance」一択となる。

フォレスターのハイブリッドグレード「Advance」
フォレスターのハイブリッドグレード「Advance」

後述するが、フォレスターのマイルドハイブリッドと、新型ハリアーのハイブリッドシステムはそもそもの目的が異なるため、パワー、燃費性能、価格においても大きく異なる。ハイブリッド仕様を比較する場合は、単純に価格のみで検討せず、自分のカーライフに合った仕組み・燃費性能であるかをチェックしてみよう。

トヨタハリアーとスバルフォレスターの ボディサイズを比較

ハリアーフォレスター
全長(mm)4,7404,625
全幅(mm)1,8551,815
全高(mm)1,6601,715~1,730
車両重量(kg)1,530~1,7501,520~1,660
定員(人)55

サイズ自体に大きな違いはないが、新型ハリアーの方が全長・全幅が大きく、全高が低いため、ワイドな印象を受けるだろう。立体駐車場はどちらもハイルーフ~ミドルルーフ用に適合する。

トヨタハリアーとスバルフォレスターの主要装備・注目装備を比較

純正ナビ・オーディオ

新型ハリアーはグレード選択時点でトヨタ純正ナビまたはディスプレイオーディオも車両価格に含まれるのに対し、フォレスターは車両選択とは別にナビやオーディオを選ぶことになる。

トヨタの純正ナビ「T-Connect SDナビ」は369,000円(オプション価格参考)。スバルのフォレスター専用ビルトインナビは256,927~264,484円と、トヨタの方が約10万円高い。いずれもApple CarPlayやAndroid Auto対応など、基本機能はほぼ同等だ。

しかし、コネクテッドサービスではトヨタの方が一歩先を行っている。T-Connectではヘルプネットや緊急時のSOS、オペレーターによる店舗案内・予約などが利用できる。

スバルもヘルプネットは利用できるが、本格的なコネクテッド機能「SUBARU STARLINK」はまだフォレスターでは利用できない。

コネクテッド機能は新型ハリアーが一歩リード。ディスプレイオーディオもおすすめ

ハリアーのディスプレイオーディオ
ハリアーのディスプレイオーディオ

新型ハリアーの純正ナビは高額だが、コネクテッド機能が充実している。その点にこだわりがなければ、両車とも使える機能はほぼ同じといっていい。

ただし、スマホのカーナビアプリや音楽アプリを車で使うことを前提とするのであれば、新型ハリアーのディスプレイオーディオ搭載車(ナビ非搭載グレード)がおすすめだ。

本革シートは両車オプション扱い

ハリアー Z レザーパッケージ(ブラック内装)
ハリアー Z レザーパッケージ(ブラック内装)

本革シートの選択はどちらも可能。新型ハリアーでは「レザーパッケージ」が「Z」「G」で選択できる。フォレスターでは「Advance」「Premium」のメーカーオプションで本革シートが選択できる。

フォレスター Premium 本革シート
フォレスター Premium 本革シート

通常のシートはどちらもグレーと黒を基調とした落ち着いたカラーだが、フォレスターのミドルグレード「X-BREAK」のみ、専用のレッドオレンジステッチ仕様の撥水シートとなり、アクティブなイメージになる。

フォレスター X-BREAKの内装
フォレスター X-BREAKの内装

サンルーフは両車オプション扱い

サンルーフは両車オプションとなっている。フォレスターでは「X-BREAK」を除く全てのグレードで、サンルーフをオプション選択できる。

ハリアーの調光パノラマルーフ(調光状態/透過状態)
ハリアーの調光パノラマルーフ(調光状態/透過状態)

新型ハリアーはハイグレード「Z」のみで選択可能。こちらはトヨタ初採用の「調光パノラマルーフ」で、サンシェードを開けたままでもガラスの透過程度を調整できるもの。眩しすぎる、暑すぎるときは調光状態に切り替えることで、障子越しのようなやわらかな光を取り入れることができる。

すべての画像を見る (10枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード