MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハリアー > 【スクープ】ハリアーのPHVグレード「Z」&オプションの価格判明!補助金込みなら妥当な値段?
ハリアー

更新

【スクープ】ハリアーのPHVグレード「Z」&オプションの価格判明!補助金込みなら妥当な値段?

ハリアーにPHVの最上位グレード追加

現行ハリアー

新型ハリアーに2022年9月26日実施の一部改良で追加されるプラグインハイブリッド車の車両価格を、トヨタディーラーへの取材によって入手しました。

プラグインハイブリッド車は、RAV4 PHVのような「ハリアー PHV」ではなく、ハリアーの最上位グレード「Z」として設定されます。なお、RAV4も次回の一部改良で車名を統合することが明らかになっています。

PHV車の価格は620万円から

グレード駆動方式トランス
ミッション
本体価格
Z4WD
(E-Four)
電気式CVT6,200,000円

ハリアーPHVこと「Z」の車両本体価格は620万円。駆動方式とトランスミッションはE-Fourと電気式CVTのみです。

現行ハリアーの最上位グレード「Z“Leather Package”」の価格は482万円ですが、こちらはハイブリッド車なので単純な比較が難しいところでではあります。また、ハリアーとRAV4は今回の一部改良で大幅値上げすることが判明しており、それを加味すると妥当な価格と言えるのではないでしょうか。

競合となるプラグインハイブリッド車の価格をみると、マツダ CX-60は539万~626万円、三菱 アウトランダーPHEVは462万~532万円といった数字。なお、改良後RAV4のプラグインハイブリッドは563.3万円です。ハリアーの車格や後述する装備を考慮するとそれほど飛び抜けているわけではありません。

また、国や地方自治体からの補助金なども利用すれば500万円台前半くらいまでは安くなることが予想されます。

RAV4についても改良後の価格が明らかに

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード