MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ハリアー > 新型ハリアー最新値引き情報|値引き目標額&相場とテクニック
ハリアー

更新

新型ハリアー最新値引き情報|値引き目標額&相場とテクニック

2020年6月にフルモデルチェンジして発売開始となったトヨタ ハリアー。発売から3ヶ月経過し、購入時の値引き情報も徐々に集まり始めました。編集部では価格.comなどからユーザーレビューを分析。購入者によるリアルな声から、新型ハリアーの値引きについて解説します。

新型ハリアー ガソリンモデルの値引き相場は?

ハリアー G レザーパッケージ(センシュアルレッドマイカ)
G レザーパッケージ(センシュアルレッドマイカ)

インターネットの情報をまとめると、新型ハリアー ガソリンモデルの値引き相場は35万円ほど。ガソリン車はハイブリッド車よりも人気傾向にあります。

報告された新型ハリアー ガソリンモデル「G」の値引き額は20万~35万円。「Z」は10万~55万円でした。最高グレードの「Z」は車体本体価格が高いことから、「G」よりも高額値引きが出ているようです。

値引き相場である35万円以上の値引きは、「Z」であれば見込めるかもしれません。

新型ハリアー ハイブリッドの値引き相場は?

ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)
Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)

インターネットの情報をまとめると、新型ハリアー ハイブリッドモデルの値引き相場は35万円ほど。

「Z」の値引き情報しかありませんでしたが、値引き額は20万~40万円。ハイブリッド車はガソリン車よりも高額ですが、そのぶん値引きが大きくなるということではないようです。

新型ハリアーをお得に買うためのおすすめ方法と注意点

残価設定クレジットや据え置き型プランがおすすめ

トヨタ ハリアー

ハリアーは歴代モデルから判断してもリセールバリューが高い車であるため、残価設定クレジットや据え置き型プランにおいて数年後の価値(残価)を高く見積もれるというメリットがあります。

残価はメーカーが中古車販売の過去のデータや市場動向から、「●年後には新車販売価格の●%で売却できるだろう」と予想して決定するものです。

ハリアーは人気車のため、ライバルのSUVよりも残価率が高く設定されます。残価が高いほどユーザーが実際に支払う金額(総支払額)が少なくなるので、通常のローン(クレジット払い)より、残価設定クレジットや据え置き型プランを選んだほうがお得です。

【注意点】値引きしてたくさん売りすぎると残価が下がる!?

お金のイメージ画像
©SB/stock.adobe.com

コロナ禍のなか、新車販売が落ち込む市場においても、新型ハリアーは”爆売れ”車。ディーラー側にも大幅値引きしてでも売りたいという意図があり、新型ハリアーはどんどん市場に流れています。

しかし、この状況が続くと流通数が飽和して、リセールバリューが下がってしまうおそれがあるのです。

残価設定クレジットにおいて、残価より実際の売却額が下回った場合、差額はユーザー負担となります。

実際の売却額が下回る要因は、事故を起こして修復歴がついた、大きな傷や凹みを修理せずに放置したなどのケースも挙げられますが、こうしたユーザーの落ち度がなくても差額を負担金として支払う必要があるのです。

新型ハリアーの残価については危惧するディーラーもあるようです。不安な場合は、残価率をあえて下げたり、乗り続ける際の再ローンの金利が上がらないようにしたりと、残価対策をしているディーラーで契約するのがおすすめです。

2021年3月までに新車登録できる車を選ぶのがおすすめ

コロナ禍の新車販売への影響は大きく、2020年度の売上は厳しい数字となると言われています。

ディーラーとしては今年度の総決算までには数字を挙げておきたいもの。このことから、2021年3月までに新車登録できる車であれば、大幅値引きしてでも販売したいと考えるでしょう。

2020年9月時点で、新型ハリアーの納期は2021年1月以降。決算である2021年3月に購入(注文)するのでは遅い可能性があります。セールの時期を狙うなら、2020年末か2021年初売りが安心といえます。

【注意点】ボディカラーやメーカーオプションによっては納期が遅い可能性が

ハリアーのボディカラー一覧
左上から:プレシャスブラックパール、センシュアルレッドマイカ、ブラック、ダークブルーマイカ
右上から:ストレートグレーメタリック、ホワイトパールクリスタルサンシャイン、スティールブロンドメタリック

国産車はオーダーメイド方式ではなく、ある程度出荷を見込んでの組み立てが行われています。メーカーが売れ筋と判断したグレードや仕様、ボディカラーは生産数が多いため、納期が短い場合が多いです。

反対に、あまり注文数が伸びない仕様や色は、納期が長くなることも。納期を優先する場合は、希望のオプションやボディカラーを諦めるという選択肢もあり得ます。

ディーラーではこうした事態を最小限に防ぐため、事前に購入済の車がストックされています。納期を短くしたい場合は、そうした車を営業マンにピックアップしてもらい、その中から条件に合ったものを選ぶ方法がおすすめです。

新型ハリアー値引き交渉のコツ

営業マンのイメージ画像

値引き目安は車両価格の約10%から

値引き可能上限は車種によって異なりますが、通常は車両価格の約10%が相場といわれています。

値引き額は車両の原価にも関係するため、製造メーカーにより値引き額に差が発生しますし、軽自動車よりも車両価格の高い普通車の方が値引き額は大きくなります。また、中古車は新車よりも車両価格は安いですが、新車のような大幅な値引きは期待できません。

値引額をあらかじめ決めておこう

営業マンに「これ以上の値引きはできません」と言われてしまえば、それ以上値引き交渉するのは難しくなります。しかし、あらかじめ値引きしてほしい金額を提示することで、運が良ければ最大限の値引き交渉を成功させることができます。

値引き額を明示する際は「なぜその金額の値引きを行ってほしいのか」も伝えられるとベストです。例えばローン(クレジット払い)を利用する場合、「月々の支払いを●●円に抑えられないと厳しい」といった理由です。

値引きしてほしい理由を明確にすることで、営業マン側にも「できるだけ協力したい」という気持ちが生まれます。今後も長く付き合っていくのであれば、親身になってくれる営業マンが担当である方が安心ですね。

純正オプションはたくさん付けよう

車のカタログとは別に「アクセサリーカタログ」「オプションカタログ」に掲載されている用品は、新車購入時に注文しておくと納車までに取り付けしてもらえます。これらは純正オプションといい、販売額はメーカーやディーラーの利益になります。

純正オプションを多く付けて総支払額が高くなると、営業マンとしては値引きがしやすくなります。

新車単体では販売額内の利益は、そう多くありません。利益以上の値引きをすると車が売れても赤字になってしまうため、オプションの注文がない場合は値引き額を大きくできないのです。

反対に、オプションを多く付けた新車は、車単体の利益+オプションの利益があるため、営業マンは大きく値引きできます。

点検や車検などで店舗を利用する意思を見せよう

購入後も、点検や車検で利用してもらえるなど、ディーラーにとってメリットがある場合、値引き額が増える可能性があります。

車は車検のほか、12ヶ月ごとの法定点検の義務があります。ディーラーの場合、これに6ヶ月点検を追加して、半年ごとに整備のプロによる点検が受けられる「点検パック」に加入することができます。点検パックは1回の点検費用や安い、エンジンオイルやエレメントなどの費用が含まれるなど、お得な料金設定となっています。

点検パックへの加入は、ディーラー側にしてみれば、購入後3年もしくは2年間入庫が確定しますし、前払い制のため料金をしっかりと回収できるというメリットがあります。

そのため、店舗では「安く車を購入するだけ」よりも、引き続き店舗を利用する意思を見せることで、値引き交渉が円滑に進む場合があります。

点検パックのほかにも、任意保険、JAFなども一緒に加入してあげると、さらに値引き交渉の材料にすることができます。

値引き交渉が成功しやすい時期を選ぼう

決算月などはディーラーの値引きのハードルが下がる傾向にあります。特に3月は、どのディーラーでも大規模なセールを行うため、比較的安い価格で車を購入できます。

また、フルモデルチェンジ後の先代モデルも比較的安く販売される場合があります。

旧モデルは新型車に比べるとメリットがないように思えますが、モデル末期の成熟した車であるためリコールなどを経て信頼性が高くなっている、故障しても部品が豊富にあるなど、安心感が高いともいえます。

あまりにも値引き交渉に応じてもらえないのであれば、他の店舗に行くのが吉

値引き交渉とはいえ話や希望を全く聞いてくれなかったり、険悪なムードになったりした営業マンとは、今後付き合っていく上で良い関係が築けない可能性があります。

また、そもそもメーカーやディーラー、地域によって値引きできる限界額が異なるため、無理を通すのはお互いのためになりません。

よって、あまりにも値引き交渉に応じてもらえない場合は、他の店舗に移りましょう。腕のいい営業マンは、要望に応えつつ、うまく兼ね合いを取ってくれます。車の購入者はどこで新車を購入するか選ぶ権利があるため、1店舗にこだわり続ける必要はありません。

ディーラーとの値引き交渉についてもっと詳しく知りたい方はこちら

ぜひ試してほしい値引きテクニック

契約書のイメージ画像

高額査定&下取りで、購入時の頭金を増やそう!

先述した通り、営業マンは販売時の利益よりも多くは値引きできないため、値引き額には上限があります。そのため車を買い換える場合は、なるべく高い金額で下取りしてもらうことも考えましょう。値引きと合わせて、購入時の出費を抑えることができます。

特にローン(クレジット払い)を利用する場合、頭金を多く入れることで月々の支払額を抑えることができます。高額査定は新車購入をお得にするための第一歩です。

車の下取りはディーラーや買取店でも可能ですが、車一括査定サイトを利用するのがおすすめ。簡単に査定額を比較できるうえ、最も高い金額を出した買取店と契約することができます。

一括査定について詳しく知ろう!

新型ハリアーを検討中の人におすすめの記事

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード