MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > グランエース > トヨタ グランエース完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
グランエース

更新

トヨタ グランエース完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

トヨタ グランエースとはどんな車?

トヨタ グランエース Premium フロント
グレード:Premium

グランエースは2019年の東京モーターショーで発表され、同年11月25日に発売した新型高級ワゴンです。

ハイエースの海外モデルをベースに、アルファードのような上質な室内空間や静粛性、走行安定性といった高級ミニバンのような特性を付与したようなモデルといえるモデル。

ファミリー層だけでなく、宿泊施設や冠婚葬祭、公用車といった送迎用途も意識している部分が大きいでしょう。現にユーザーの多くは法人需要だといいます。ライバル車としてはメルセデス・ベンツのVクラスが挙げられます。

トヨタ グランエース Premium リア
グレード:Premium

予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」も標準装備しており、歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼間)を検知対象に加えたプリクラッシュセーフティにより、高い安全性を確保しています。

さらに、駐車場など低速走行時における衝突緩和、被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]など、安全・安心をサポートする装備も充実しています。コネクティビティは、先進のディスプレイオーディオ(DA)を装備。スマートフォン連携機能によって、普段利用している地図アプリや音楽アプリなどをディスプレイ上で表示・操作が可能です。

トヨタ グランエース Premium 運転席
Premiumの内装

一見ワゴンのように見える外観とは裏腹に、内装はかなりラグジュアリーな造り。ボディサイズがアルファードよりも一回り大きいため、大人数が乗車してもゆとりある空間を実現しています。

トヨタ グランエース Premium 内装(エグゼクティブパワーシート)
Premiumの内装(エグゼクティブパワーシート)

特に3列シート仕様の「Premium」では、2列目と3列目の4席にエクゼクティブパワーシートを採用しており、ロングスライド機構やパワーリクライニング機構、パワーオットマン、快適温熱シート、格納式テーブルなど贅の限りを尽くしたパッケージングに。

その分価格も高く、ベースグレードのGでも6,200,000円からと立派な高級車といえます。

高級ミニバン・アルファードのフルモデルチェンジ情報はこちら

おすすめグレード

グランエースのグレード構成と車両価格

2021年4月時点で販売されているグランエースのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

グレード名車両価格(税込)
G6,200,000円~
Premium6,500,000円~

グランエースは8人乗りの「G」と6人乗りの「プレミアム」の2グレード。主要装備や機能は同じですが、プレミアムの方が豪華な内装となっています。

6人が超ゆったりくつろげる「プレミアム」は豪華内装

トヨタ グランエース Premium フロント
グレード:Premium(プレミアム)

全てのシートが独立キャプテンシートとなっている「プレミアム」は、VIP向けハイヤーやプレミアムタクシーとしてふさわしい居住空間が特徴です。

トヨタのプレミアムミニバン・アルファードも広い車内が特徴ですが、こちらは7人乗りが基本。4人乗りコンプリートカーの1,500万円アルファード「ロイヤルラウンジ」が生産終了となった現在、グランエース・プレミアムが最も広々乗れるバンといえるでしょう。

トヨタ グランエース Premium 内装

2列目と3列目の間の足元空間も大変広く、大人が足を組んで座ることができます。

主要装備や機能はエントリーグレード「G」と同じですが、プレミアムはドアトリムやピラーガーニッシュ、スピーカーグリルの質感がアップ、リヤ席バニティミラー(天井ミラー)が付くなど、内装が豪華になります。

8人乗り「G」は4列シートのエントリーグレード

トヨタ グランエース G フロント
グレード:G

エントリーグレードの「G」は4列8人乗りという少し耳慣れない座席数。後席6人分のシートのうち、2列目・3列目は独立キャプテンシートですが、4列目はベンチシートとなっています。4列目は跳ね上げて収納できるため、ラゲッジスペースを広く確保することができます。

トヨタ グランエース G 内装

主要装備や機能は「プレミアム」と同じですが、Gは内装がシンプルです。

同じ8人乗りのミニバン・アルファードと比べると、グランエース・Gの方がひとりひとりのスペースに多少余裕があるものの、常に8人で乗る=ファミリーユースを想定するなら、ボディサイズによる取り回しのよさを優先させてアルファードを選択したほうがよいでしょう。

ボディカラーは全4色

トヨタ グランエースのボディカラー一覧画像

グランエースのボディカラーラインナップは4色。いずれも黒、白、シルバー系の落ち着いた色味となっていますので、査定の際も加点要素となるでしょう。

カラー名称カラーコード
ホワイトパールクリスタルシャイン(070)
シルバーメタリック(1F7)
グレーメタリック(1G3)
ブラック(202)

トヨタ グランエースのスペック

トヨタ グランエースの走行イメージ

ボディサイズ

全長5.3m、全幅1.97mと国産車としてはかなり大柄なボディに、セミボンネットを採用。アルファードより一回り大きいサイズ感です。

車両重量も、ラダーフレームや環状骨格構造のためにアルファードよりも500kgほど重くなっています。

狭い路地などではやはり窮屈になりますが、重量に関してはディーゼルエンジンの力強い加速によってそれを感じさせず、タイヤのキレ角も最大45度でUターンなどは容易。取り回しは意外といいという声も。

強いて言うならフロアが高く、乗り降りがやや大変とのレビューが見られます。

もとより法人需要を強く意識したモデルであるため、ファミリー層の使い勝手を重視するのであれば、やはりアルファード/ヴェルファイアがおすすめです。

全長5,300mm
全幅1,970mm
全高1,990mm
ホイールベース3,210mm
車両重量2,740~2,770kg
乗車定員6〜8人

パワートレイン

グランエースのパワートレインは、ハイエースにも採用されている2.8Lのクリーンディーゼルエンジン1種類のみ。これにFRレイアウトと6速ATを組み合わせています。

ディーゼルエンジンであるにも関わらず、静粛性が高いおかげで車内まで音が響くことはありません。また、ディーゼルであるため、低速域から太いトルクで力強い加速が可能。

しかし、ハイエース同様に耐久性に優れ、メンテナンスが容易であることを重視した結果、ステアリングは電子制御ではなく油圧式を採用。

路面状況や横風の感覚がハンドルに伝わりやすく、高速走行の安定性には若干欠ける部分があります。

エンジン直列4気筒
排気量2,754cc
最高出力130kW[177PS]/3,400rpm
最大トルク450N·m[46.1kgf・m]/1,600-2,400rpm
モーター最高出力
モーター最大トルク
トランスミッション6速AT
駆動方式FR
使用燃料ディーゼル

トヨタ グランエースの維持費と燃費

トヨタ グランエースの燃費とガソリン代

本記事執筆時の以下の年間走行距離、ガソリン価格(全国平均)を参考に、年間のガソリン代を算出しました。

  • 自動車の年間走行距離:平均6,316㎞
  • 燃料価格(全国平均):軽油135円 2021年5月現在
対象グレードWLTCモードガソリン代
ディーゼル モデル10.0km/L85,266円

トヨタ グランエースの維持費(3年間)

トヨタ グランエースの3年間の維持費をシミュレーションしてみました。

 ディーゼルモデル
自動車税50,000円
重量税免税
車検時法定費用50,010円
ガソリン代(3年)284,220円
合計金額384,220円

※車検費用は受ける場所や検査内容によって異なる場合があります。
※任意保険料や駐車場代、高速道路利用料金などの別途費用も発生します。
※上記の金額はあくまでも目安となります。

維持費の各項目については以下の記事で詳しく解説しています。

最新「グランエース」中古車情報
本日の在庫数 53台
平均価格 597万円
本体価格 528~798万円

トヨタのミニバン全モデルはこちらから!

トヨタの最新新型車情報はこちら!

高級ミニバン人気ランキングはこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード