MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > GR86 > スバル製はやめ!トヨタがGR86に自社エンジン搭載、レース参戦車両だが市販化も?
GR86

更新

スバル製はやめ!トヨタがGR86に自社エンジン搭載、レース参戦車両だが市販化も?

カーボンニュートラル燃料使用のGR86でS耐参戦中

トヨタは、幅広い車種が参加する日本国内屈指の耐久レースであるスーパー耐久の2022年シーズン『ENEOS スーパー耐久シリーズ Powered by Hankook』の開発車両が参戦できる『ST-Q』クラスに、水素エンジンを搭載するカローラ『ORC ROOKIE GR Corolla H2 Concept』とカーボンニュートラル燃料(合成燃料)を使用するGR86『ORC ROOKIE GR86 CNF Concept』で参戦しています。

カローラはスーパー耐久2021年シーズンから引き続き参戦となりますが、GR86は今年から新たに参戦を果たしました。

合成燃料を使用するGR86は、エンジンが燃焼時には二酸化炭素を排出しますが、燃料自体に大気中に存在する二酸化炭素を使用しているため、排出量はプラスマイナスゼロになること、また既存のインフラや車両技術を活用できることから、カーボンニュートラル実現のための手段の一つとして注目されています。

「危険運転を助長する」トヨタの広告が禁止に

GR86にGRヤリスと同型のエンジンを搭載

カローラ、GR86ともに、レース参戦用にエンジンの変更や改造が行われていて、水素エンジンカローラはGRヤリスや後のGRカローラと同じ1.6リッターエンジンの『G16E-GTS』型を搭載。水素を燃料として使用するにあたって仕様を変更しています。

また、合成燃料を使用するGR86では、2.4リッター水平対向4気筒エンジンを搭載せず、GRヤリスやGRカローラと同型の直列3気筒ターボのG16E-GTS型を、合成燃料に対応した仕様として搭載。ストロークを短縮し、排気量は1.4リッターへ改めています。

このGR86は合成燃料エンジンを実験するために作られた競技車ですが、これと同じようにGRヤリスやGRカローラと同じG16E-GTS型エンジンを搭載するGR86が登場する可能性について、GRカローラの開発を担当したトヨタのチーフエンジニアが回答しました。

“スポーツモード”に切り替えできる車が増えた

3気筒ターボ載せ替えし市販化の可能性がある?それともない?

オーストラリアのメディアが、GRカローラの開発を担当したチーフエンジニアである坂本尚之氏に、G16E-GTSを搭載したGR86登場の可能性について質問。

その回答は「現時点では具体的な計画はないが、将来使用する可能性があるかどうかは検討している」というものでした。

このエンジンは、今のところカーボンニュートラル燃料の開発のために使用しているとし、その市販化については、現時点では実現するとも実現しないとも明言がない状況。

GR86はスバルと共同開発のモデルで、兄弟車としてスバル BRZがあります。どちらも2.4リッター水平対向エンジンを搭載していますが、GR86がトヨタの自社製であるG16E-GTS型エンジンを搭載することを望む人は、少なくないようです。

4ヶ月の修理終え引き取り…半日後に炎上

カリフォルニアで撮影された「謎のスポーツカー」

注文が一時停止になっている新型フェアレディZ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード