MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > 「GR 010」か!新型トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型車名か、欧州で商標登録される【最新スクープ】
トヨタ

更新

「GR 010」か!新型トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型車名か、欧州で商標登録される【最新スクープ】

トヨタのモータースポーツカンパニー「TOYOTA GAZOO Racing」でハイパフォーマンスモデル専門ブランド「GR」のコンセプトカー「GR スーパー スポーツ コンセプト」の市販型がデビューするというスクープ情報がMOBY編集部に入ってきました。

トヨタ「GRスーパースポーツ」のスクープは今回で3回目となります。

GRスーパースポーツ市販型の車名は「GR 010」か?

GR スーパー スポーツ
GR スーパー スポーツ
(画像:トヨタ 広報)

トヨタは、「GR」ブランドで初となる、ハイブリッド・ハイパーカーの開発中であることが明らかとなっています。今回、「GR 010」の名称が9月23日に、欧州連合知的財産庁へ商標登録されていることが判明したとのことです。タイミング的に、トヨタGRスーパースポーツの市販型の車名であることの可能性が高まったようです。

パワートレインと車名の数字の意味

不明なのは「GR 010」の数字“010”とのことで、過去を遡れば1998年と1999年の「GT-One ルマン」のレーサーのモデルコードが「TS 020」だったことがり、その命名規則に準拠しているとしています。一方、「010」は1000馬力を意味するという解釈もありますが、うわさされているパワートレインは、V型6気筒2.4Lツインターボ+電気モーター3基で構成される「THS-R」を搭載、システム合計出力は、1,400psという記録的なスペックとなっていることから、意味が異なってくるとのことです。

ちなみに、GRスーパースポーツは、2021年からFIAで設定される「ハイパーカー」カテゴリーに参戦する予定となっており、そのレギュレーションではパワートレインの最高出力は最大670PSに規制されているとのことです。

エクステリアでは、前回の特許画像流出のスクープでお伝えした、「キャノピードア」の採用が注目されています。これは、サイドドアが跳ね上がる「シザードア」「ガウルィングドア」とは異なる開け方となり、フロントウィンドウ、ルーフ、サイドドアが一体化され跳ね上がる構造になっているものです。

発表時期

トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型のデビューは最速で10月の予想となっています。

市販型が発売されたら、ライバルは、ケーニグセグ「ジェスコ」、メルセデス「AMG One」、ブガッティ シロンといった名だたるスーパーカーと方を並べることになるでしょう。

トヨタ「GR スーパースポーツ」とは?

トヨタ「GR スーパースポーツ」フロント
トヨタ「GR スーパースポーツ」
トヨタ「GR スーパースポーツ」リア
トヨタ「GR スーパースポーツ」

2019年に開催された、東京オートサロンでお披露目されたトヨタ初のハイパーカー「GR スーパースポーツ コンセプト」は、FIA世界耐久選手権(WEC)で鍛えられたハイブリッド技術を生かしたコンセプトカーです。前述したハイパフォーマンスなハイブリッドを搭載、2021年頃の発売を目指して開発中とのことです。

※トヨタからデビューが予想される新型車、フルモデルチェンジのスクープ情報は、こちらの記事でまとめてご覧いただけます。

これまでのスクープ【2020年10月12日更新】

以下は、2020年10月12日に更新されたスクープ記事となります。

市販型は1400PSで10月か!

GR スーパー スポーツ
GR スーパー スポーツ
(画像:トヨタ 広報)

パワートレイン

トヨタ GR スーパー スポーツのスペックについてさまざまなうわさがこれまでにありましたが、ようやくスペックが明らかになってきたようです。

前回のスクープでは、V型6気筒ツインターボ+電気モーターを組み合わせる「THS-R」のパワートレインを採用、システム最高出力は1,000PSとしていましたが、最新情報では、電気モーターを3基搭載、配置方法は不明ですが、なんと1,400PSという驚愕のスペックを発揮する可能性があるとのことです。

エクステリアは、フロントウィンドウとルーフ、サイドドアが一体となって跳ね上がる方式の「キャノピードア」の採用がされるかどうかに引き続き注目が集まっています。

発表時期

前回のスクープでは、市販型トヨタ GR スーパー スポーツのデビューは2021年以降の予想とされていましたが、今回のスクープ情報では、2020年10月にデビューする可能性があるとのことです。

これまでのスクープ【2020年9月18日更新】

以下は、2020年9月18日に更新されたスクープ記事となります。

跳ね上げ式「キャノピードア」を採用したトヨタ初となるハイパーカー誕生へ

「GR スーパースポーツ」の特許画像
ドイツのエージェント経由で入手された「GR スーパースポーツ」の特許画像。

流出した特許画像では、フロントウィンドウ、ルーフ、サイドドアが一体となって跳ね上がる「キャノピードア」を採用しています。

今までの自動車の歴史を振り返ると「キャノピードア」を採用した量販市販車は存在していないようです。海外のスーパーカーでは、ランボルギーニ・ムルシエラゴが採用したドアがハサミのように縦に開く「シザードア」、メルセデスAMG SLSが採用したドアがカモメの翼のように上方向に開くに「ガルウィングドア」など、変わったドアの開き方をするモデルが幾つか存在していますが、キャノピードアはコンセプトカーぐらいしか見当たりません。

「GRスーパースポーツ」の市販型予想デザインは、コンセプトカーのデザインを引き継いで、長く突き出たノーズを有し、ボディサイドはえぐられた特徴あるものとなるようです。また、フロントには大型のエアインテーク、実用性を高めるAピラーも採用されることが予想されています。

パワートレイン

トヨタ「GR スーパースポーツ」のパワートレインは、最高出力500PSを発生するV型6気筒2.4L直噴ツインターボエンジンに、同500PSを発生するレース用ハイブリッドシステム「THS-R」を組み合わせ、システム総合最高出力1,000PSを発揮、0-100km/h加速2.4秒、最高速度340km/hのパフォーマンスを誇ると公式発表されています。

発表時期・価格

トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型のワールドプレミアは、2021年以降と思われるとのことでした。

価格は、トヨタ史上最高額となる1億円を超えるといううわさが流れているとのことです。

かつての跳ね上げ式ドア「トヨタ セラ」

トヨタ セラ
出典:wikipedia.org Author:Thomas doerfer CC 表示-継承 3.0

1990年から1996年の間に生産販売されていた「トヨタ セラ」は一体となったルーフとドアが斜め前上側へ跳ね上げるガルウィングドア(厳密にいえば「バタフライドア」)を採用していました。

エンジンはトヨタ カローラなどにも搭載されていた、直列4気筒1.5Lガソリンエンジンを搭載した、スポーツカー、ハイパーカーには属さないちょっと変わったスペシャリティカーでした。

すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!