MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > エスクァイア > トヨタ エスクァイア完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
エスクァイア

更新

トヨタ エスクァイア完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

トヨタ エスクァイアとはどんな車?

エスクァイア(ESQUIRE)は、トヨタが生産・販売する、7~8人乗りのミニバンです。クラウンマジェスタやアルファードに通じるようなデザインとなっており、高級感のある新型ミニバンとして2014年10月にデビューしました。

エスクァイアは兄弟車であるノアとヴォクシーが3代目となるタイミングで発売されました。実際は3代目のノアとヴォクシーの発売から約8ヶ月遅れてのデビューとなっています。

基本スペックとしては、ノア&ヴォクシーと同じですが、デザインをアルファードやクラウンマジェスタに通ずる迫力あるフロントグリルを採用したり、インテリアに合成皮革を多く用いる等により、ノア&ヴォクシーよりも高級感を前面に押し出しているのが特徴です。

これが多くのドライバーに支持され、販売台数を伸ばしています(月間販売台数:約5,400台)。

エスクァイアは、ノアのX”V Package”やヴォクシーのX”C Package”のような安く設定されているモデルが無く、エクステリアに多くのメッキ、インテリアには多くの合成皮革を採用することによって、他の2車種よりも高級路線ということがわかります。

車両価格もノア・ヴォクシーよりも高めのレンジです。とはいえ、高級ミニバンであるアルファード&ヴェルファイアの価格よりも低く設定されています。

次期フルモデルチェンジでエスクァイア廃止に!?詳しくはこちら

おすすめグレード

エスクァイアのグレードと車両価格

2021年4月時点で販売されているエスクァイアのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。

グレード名車両価格(税込)
HYBRID Gi3,379,200円~
Gi2,963,400円~

ガソリンorハイブリッドと2WDor4WDを選択するだけ

2020年のマイナーチェンジによりこれまであったグレードが統合され、「Gi」のみとなりました。したがって、グレードを選ぶというよりは、ガソリンかハイブリッド、2WDか4WDを選択することになります。なお、ハイブリッド車は7人乗り・2WDのみとなります。

「Gi」のみのモノグレード

Gi

グレードが1つのみのため、ハイブリッド車専用装備や、ホイールや内外装の若干の違いのほかは、ハイブリッドとガソリンで使える機能に大きな差はありません。

選べるメーカーオプションもほぼ同じですが、大きな相違点としてはサンルーフである「ツインムーンルーフ」はガソリン車でしか選ぶことができません。

また、8人乗りを希望するならガソリン車となります。まずは7人乗り(2列目キャプテンシート)を希望するかどうかを検討するのがおすすめです。

ボディカラーは全7色

エスクァイアのボディカラーは全7色。査定額が高くなるのは、白黒パール系の「ホワイトパールクリスタルシャイン」「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン」、シルバー系の「シルバーメタリック」でしょう。

ブラッキッシュアゲハガラスフレークは「ブラック」系統の名前がついていますが、画像中段右のブルー系のカラーとなります。

カラー名称カラーコード
ホワイトパールクリスタルシャイン(070)
シルバーメタリック(1F7)
ブラック(202)
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(220)
ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(221)
ボルドーマイカメタリック(3R9)
アバンギャルドブロンズメタリック(4V8)

トヨタ エスクァイアのスペック

ヴォクシーは、兄弟車であるノアと比較して、高級感のあるデザインが特徴。ヴェルファイア&アルファードと比較するとコンパクトなボディとなっています。

ボディサイズ

ヴォクシーはミニバンなので、全長やホイールベースがそれなりにあり、狭い路地のカーブなどは取り回しが悪いと感じることもあります。しかし、全幅がノア・ヴォクシーと比べて一番細く、実はアクアと同程度の数値となっています。

そのため、直線道路などでのすれ違いは他の車種と比べて比較的容易であるといえるでしょう。内装の質感が高い上に積載性にも優れており、荷物も問題なく積むことができます。

ただ、振動が多いという声が多く見られるので、試乗する際はその点を意識するといいでしょう。運転席が狭いという口コミもあり、特にハイブリッドは狭く感じるケースが多いようです。

全長4,695mm
全幅1,695mm
全高1,825~1,865mm
ホイールベース2,850mm
車両重量1,570~1,660kg
乗車定員7~8人

パワートレイン

加速性能に優れており、女性でも比較的運転しやすい車です。特にハイブリッドは静粛性が高く、なめらかな走り出しや優れた燃費性能などが持ち味。

一方で大人数が乗車した際のパワー不足や、高速走行時にロードノイズも響き、安定感に欠けるといった声も見られました。

これは好みにもよりますが、価格が他のミニバンよりも高めな割にはエンジン音に高級感がないという方も。とはいえ、あくまでファミリーカーとして割り切るのがいいのかもしれません。

エンジン直列4気筒直列4気筒
排気量1797cc1986cc
最高出力73kW[99PS]/5,200rpm112kW[152PS]/6,100rpm
最大トルク142N·m[14.5kg・m]/4,000rpm193N·m(19.7kg・m)/3,800rpm
モーター最高出力60kW[82PS]
モーター最大トルク207N·m[21.1kg・m]
トランスミッション電気式CVTCVT
駆動方式FFFF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラー

歴代モデル

【初代】エスクァイア:R60G型(2014年~)

前期型

エスクァイアは兄弟車のノアとヴォクシーが3代目に移行するタイミングで発売。高級志向のコンセプトを採用しており、価格もやや高めに設定されました。

2017年にマイナーチェンジしたことでデザインが若干変更され、現在販売されているモデルに至ります。

最新「エスクァイア」中古車情報
本日の在庫数 1868台
平均価格 225万円
本体価格 82~440万円
エスクァイアの中古車一覧へ

トヨタのミニバン全モデルはこちらから!

トヨタの最新新型車情報はこちら!

高級感あるミニバン人気ランキングはこちら!

すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード