MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > トヨタ・モビリティ基金、フィリピンで新型コロナ医療従事者向けオンデマンド送迎サービスを開始
トヨタ

更新

トヨタ・モビリティ基金、フィリピンで新型コロナ医療従事者向けオンデマンド送迎サービスを開始

2020年5月8日、トヨタ・モビリティ基金(TMF)は、4月中旬からバンコクで取り組んでいた新型コロナウイルスの診断・治療などに携わる医療従事者向けに向けたオンデマンド型シャトルバスの送迎サービスを、5月8日からマニラでも開始することを発表しました。期間は3か月間を予定しているとのことです。

フィリピン総合病院の前を走行するトヨタのシャトルバス
フィリピン総合病院の前を走行するトヨタのシャトルバス
トヨタのシャトルバス

マニラでの送迎サービスは、トヨタ・モーター・フィリピンとトヨタ ダイハツ エンジニアリング アンド マニュファクチャリング株式会社の運営支援を受け、フィリピン最大級の国立病院であるフィリピン総合病院に勤務する医療従事者を対象に行われ、衛生的なシャトルバス10台がオンデマンドで運行されます。

送迎サービスのスマホアプリ画面
送迎サービスのスマホアプリ画面

通勤者が携帯電話のアプリから乗降場所と乗車時間を指定すると、シャトルバス内の座席が予約され、乗降場所は通勤者の自宅近くを指定できるとのこと。シャトルバスは、複数の利用者からの要望を踏まえた最適なルートを選定して運行されます。また、車内に空気清浄機を設置し、定期的なシートカバー交換、頻繁な清掃など衛生管理が行われ、車両の乗客数に制限なども設けるとのことです。

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 ニュース記事制作チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!