MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > クラウン > トヨタクラウンは次期型もFRセダン継続!?中型化や海外進出の可能性も
クラウン

更新

トヨタクラウンは次期型もFRセダン継続!?中型化や海外進出の可能性も

クラウンは次期型を開発中?

現行クラウン

2020年11月、中日新聞はトヨタ クラウン生産終了のニュースを報じました。1955年からトヨタのフラッグシップセダンとして販売され、「いつかはクラウン」として人気を博していた車種だけあって大きな話題に。

生産終了の理由としては、セダン不況の影響で販売台数が低迷しているため、絞り込みの対象になったことが考えられます。

しかし、読者の方からの情報によると、現在も次期型モデルの開発は進んでいるといいます。

次期型もFRセダンを継続か

トヨタ 2代目MIRAI(2020年)
クラウンベースのFRセダンで、ホイールベースなども共通

読者の方の情報では、現行シャシーを改良したFRセダンとしてモデルチェンジする可能性があるとのこと。

しかし、FRよりもFFの方が居住空間が拡大し、快適性の向上につながるため、FF化するほうが現実的であることも事実。巷で流れているFF化やSUV化の噂のほうが可能性としては高いといえます。

とはいえ他メーカーではマツダのフラッグシップセダン、MAZDA6の次期型も直6搭載のFRセダンになるという噂もあるため、全く考えられない話ではありません。

サイズ縮小で中型セダン化?

11代目マークX ファイナルエディション(2019年)

読者の方からの情報によると、次期型クラウンはボディサイズを縮小し、かつてトヨタが販売していた「マークX」程度の中型高級セダンになるとのこと。

販売市場を海外にも拡大?

出典:米国特許庁

トヨタが2021年5月24日、「TOYOTA CROWN」の商標をアメリカで登録していたことは以前に判明しています。

長らく日本専売モデルとなっていたクラウンですが、2003年に発売が開始された12代目クラウン(通称:ゼロクラウン)から、中国市場にも投入されるようになったものの、現在もグローバル展開はされていません。

クラウンを存続させるため、売上が低迷する日本だけでなく、海外市場でも販売する可能性も考えられます。

最新「クラウン」中古車情報
本日の在庫数 107台
平均価格 117万円
本体価格 23~445万円

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちらから

その他の最新情報

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

市販モデルがリーク!日産フェアレディZは2021年8月発表決定!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード