MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > クラウン > 新型クラウンの詳細判明!次期型は「クラウン群」として複数ボディタイプを計画か
クラウン

更新

新型クラウンの詳細判明!次期型は「クラウン群」として複数ボディタイプを計画か

新型クラウンの詳細情報を入手

現行クラウン

次期新型クラウンについて先週公開した記事よりもさらに詳細な情報を入手しました。

以前はFRの廃止やパワートレインの一部、そしてSUVテイストを取り入れていると言った情報のみでしたが、今回はグレード構成やパワートレイン、ボディサイズやオプションといった内容を余すことなくお伝えします。

【特報】遂に新型クラウンのデザイン判明!特許画像を発見

意匠登録から市販型デザインを予想、新グレード「RS」はこうなる?

グレードは4種類

新型クラウンのグレードは以下の4種類が用意されます。

  • RS
  • HI Leather Package
  • HI
  • BASE

文字通りスポーティな最上位グレード「RS」と従来のイメージを踏襲する「HI Leather Package」「HI」、そしてエントリーグレードの「BASE」というラインナップ。

全体的に新型クラウンの特徴には、顧客層の若返りを図るという目的がかなり色濃く反映されています。RSもその一つです。ただし、先代から乗り換えるユーザーのことも考えており、そういった方のために用意されているのが「HI Leather Package」という見方で良さそうです。

車両型式はRSが「TZSH35」、それ以外は「AZSH35」になります。これは後述するパワートレインに由来しており、RSのみターボ搭載していることから頭文字がTになっています。

ローンチエディションも用意か

これら4グレードに加え、トランクとサイドドアにイージークローザーとキックセンサー、デジタルキー、ワイヤレス充電、ヘッドアップディスプレイが標準装備となる豪華な初回生産特別仕様車が設定される可能性もあります。

これは末尾に(F)がついた型式が確認されていることから予想されます。

2.4Lターボハイブリッドをトヨタ初採用

新型RXの2.4L Turbo HEVエンジン

パワートレインはRSとそれ以外(HI Leather Package、HI、BASE)で分かれていて、現在判明している情報を表にすると以下のようになります。

グレードRSそれ以外
パワートレイン2.4L直4ターボ
ハイブリッド
2.5L直4
ハイブリッド
エンジン型式T24A-FTSA25A-FXS
使用燃料ハイオクレギュラー
駆動方式電気式4WD
(E-Four Advanced)
電気式4WD
(E-Four)
トランス
ミッション
6速AT
Direct Shift 6AT
電気式CVT
燃費情報なし22.4km/L
モーター前後モーター(リアはeAxle)
バッテリーバイポーラ型ニッケル水素電池

エンジンおよび前後モーターの最高出力や最大トルクなど、詳細な数値は今のところ入手していません。

最も大きな変更点として、歴代モデルに見られたFR(後輪駆動)を廃止、全グレードハイブリッド4WDとなりました。

RSのエンジン「T24A-FTS」はレクサスの新型NX300に搭載されているものと同じ。NXでは最高出力279PS、最大トルク430N・mを発揮していますが、新型クラウンにはさらに前後モーターの出力も加わります。トヨタではこれを「2.4Lターボ デュアルブートハイブリッドシステム」と呼んでいます。

一方で2.5L直列4気筒ハイブリッドの「A25A-FXS」は、現行クラウンやカムリといった車種に搭載されているエンジンです。こちらについては特に大きな変更は見られませんが、強いて言うなら燃費が21.6km/hから22.4km/Lへと向上しています。

また、今回から搭載バッテリーを通常のニッケル水素電池からバイポーラ型ニッケル水素電池へと変更。これは新型アクアから採用された最新バッテリーで、従来型に比べて2倍の高出力を実現するとのことです。

また、リアサスペンションには新開発のマルチリンク式リアサスペンションとDRS(ダイナミックリアステアリングシステム)機構を採用。DRSはレクサスでも使用されている4WS(四輪操舵)システムの名称です。

ボディサイズから先代からの変化が見えた

数値先代比
全長4,930mm+20mm
全幅1,840mm+40mm
全高1,540mm+85mm
ホイールベース2,850mm-70mm
オーバーハング前:1,020mm
後:1,060mm
前:+155mm
後:-65mm
荷室容量450L+74L

ボディサイズの数値は全グレード共通で、いずれも先代から大型化。特に気になるのはやはり車高が8cmも高くなっており、レクサス UXなどと同等になっている点です。これはもちろん、かねてより噂されていた「SUVテイスト」の要素でしょう。オーバーハングの変化からも、外観は大きな変更が加えられそうです。

ホイールベースが短くなっている一方で荷室空間は拡大しており、先代の弱点だった積載性能は改善されているようです。

ホイール&タイヤサイズ

グレードタイヤサイズ
RS標準:225/45R21
オプション:225/60R18
HI Leather Package標準:225/45R21
HI標準:225/55R19
オプション:225/60R18
BASE標準:225/55R19
オプション:225/60R18

上位グレードは大型となる21インチタイヤを採用。先代が18インチだったことを踏まえると、やはりここにもSUV化の影響が見られます。ただ、「HI Leather Package」以外には先代のように18インチタイヤがオプションで設定されています。

ホイールは全部で3種類。それぞれ以下の特徴を持っています。

タイヤサイズ特徴装着グレード
225/45R21・切削光輝&ブラック塗装
・ノイズリダクション無し
RS
225/45R21・ノイズリダクションアルミホイール
・ダークプレミアムメタリック塗装
HI Leather Package
225/55R19・切削光輝&ブラック塗装HI、BASE
225/60R18・詳細なしHI Leather Package以外に
オプションで設定

ボディカラーと内装色

「HI Leather Package」などでは既存のクラウンユーザーに適した落ち着いた色合いの内外装色が設定されていますが、上級グレード「RS」は内外装ともにイエローを中心としているようです。

ボディカラーは全10色、ツートーンカラーを初設定

ボディカラーはモノトーン6色とバイトーン(ツートーン)5色が用意されます。クラウンにおけるバイトーンの採用は今回が初。このあたりも対象ユーザーの若返りを狙っていることが伺えます。

ボディカラーは以下のとおりです。

モノトーン

ボディカラー名称
プレシャスブロンズ(新色)
プレシャスホワイトパール
プレシャスシルバー
プレシャスメタル
エモーショナルレッドII
ブラック

バイトーン

ボディカラー名称
プレシャスブロンズ
×ブラック
プレシャスホワイトパール
×ブラック
プレシャスシルバー
×ブラック
プレシャスメタル
×ブラック
エモーショナルレッドII
×ブラック
プレシャスレイ(新色)

新色となるのはプレシャスブロンズ(4Y6)とプレシャスレイ(5C4)の2色。落ち着いたイエローのプレシャスレイはバイトーンのみで、RS限定色となります。

また、モノトーンにおけるブラックのカラーコードは202ですが、バイトーンで各色と組み合わされるブラックは227。ボンネット・ルーフ・リアがブラックになります。

内装色は全部で4種類

グレード内装色使用素材
RS・ブラック&イエローブラウン本革
HI Leather Package・ブラック(標準)
・フロマージュ
・ブラック&ダークチェスナット
本革
HI・ブラック上級ファブリック
&合成皮革
BASE・ブラックファブリック
&合成皮革

色の雰囲気については、「ブラック&イエローブラウン」は濃いカフェラテ、「ブラック&ダークチェスナット」はダークチョコレートのような色合いになるようです。

また、HI Leather Packageのみ3種類の内装が選択できますが、標準以外を選んでも価格はそれほど変わらないだろうとのことでした。さらに、フロマージュとブラック&ダークチェスナットのみ、トリム部分に雲柄を採用。雲柄がどのようなデザインなのかは現時点だと不明です。

トヨタの新型車情報はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード