MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > クラウン > 新型クラウンにはBEVも設定?トヨタ 「FR廃止の目的は電動化のため」
クラウン

更新

新型クラウンにはBEVも設定?トヨタ 「FR廃止の目的は電動化のため」

bZ SDNのベースは次期型クラウン?

現行クラウン

2022年6月にグレードやパワートレイン、内外装色やオプションといった詳細をお伝えした新型クラウン。残す情報はそのデザインのみとなりました。

レクサス RC F

新たに入手したプチ情報としては、歴代クラウンとして初採用となるバイトーンカラーは、ボンネットも色が分かれているとのこと。イメージとしてはレクサスの「RC F」のようだったと、関係者からの証言を得られています。

また、それとは別に気になる発言があったので、今回はそれを基にクラウンの電動化について予想していきます。

ディーラーへの取材で完全判明したクラウンの情報はこちら

【特報】遂に新型クラウンのデザイン判明!特許画像を発見

トヨタ「クラウンFF化は電動化のため」

現行クラウン

現行含め、歴代クラウンの駆動方式はすべて後輪駆動(FR)でしたが、次期型では前輪駆動(FF)ベースの四輪駆動(4WD)になるという情報を入手しています。

トヨタディーラーへの取材によると、研修会にてトヨタ関係者が「クラウンはBEV化を見越してFFベースの4WDにした」と漏らしたとのこと。しかし、今月判明した新型クラウンのパワートレインは「2.4L直4ターボハイブリッド」と「2.5L直4ハイブリッド」の2種類のみ。

つまり、クラウンには今後BEVモデルが追加される可能性が高いということになります。

今はまだそれほどBEVが普及していないことに加え、日本だとセダンは売れなくなっているということもあり、直ちにBEV設定という訳には行かないかもしれませんが、今後の展開に注目です。

昨年12月発表で大きな話題となった「コンパクトクルーザー」が欧州で展示

bZ SDNやレクサスのセダンとの関係は薄そう

昨年12月に一斉公開されたトヨタ&レクサスのBEVコンセプト17車種

仮に別の新型BEVに関係してくるとすれば、候補となるのは昨年12月に発表された17台のコンセプトカーのうちどれかなのではないでしょうか。さらに言えば、この中でセダンタイプは「bZ SDN」か、「レクサス Electrified Sedan(エレクトリファイドセダン)」の2車種のみ。

どちらもグローバルモデルであるため、日本専売モデルのクラウンとは位置づけが異なります。

強いて言うならbZ SDNとElectrified Sedanが、「トヨタ bZ4X」と「レクサス RZ」のような兄弟車関係になる可能性はありますが、クラウンと関係してくるとは考えにくいです。やはり、クラウンに今後BEVパワートレインが追加設定される可能性の方が高いと言えるのではないでしょうか。

廃止の噂から一転、SUVテイストを取り入れて復活、FR廃止など話題の絶えないクラウン。フルモデルチェンジはかなり近いことが予想されます。新情報が入り次第お伝えします。

実はもうスクープされている!トヨタの電動セダン「bZ SDN」の開発車両

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちら

GR GT3コンセプト市販型?レクサス「LFAⅡ」になるとも言われる特許

あのMR2が電動化で復活!?2021年公開のコンセプトカーがベースか

その他の最新情報

NSXやプレリュードがBEVになって復活!?公式発表が激アツすぎる

コンパクトクルーザーとともに発表された「ライフスタイルBEV」をまとめて解説

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード