MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > カローラ > トヨタ カローラシリーズが欧州でも新意匠に!日本未導入のGRスポーツも
カローラ

更新

トヨタ カローラシリーズが欧州でも新意匠に!日本未導入のGRスポーツも

カローラシリーズが欧州で年次改良

左からカローラツーリング、カローラハッチバック GRスポーツ、カローラセダン(全て欧州仕様)
左からカローラツーリング、カローラハッチバック GRスポーツ、カローラセダン(全て欧州仕様)

トヨタの欧州部門は2022年6月2日、カローラシリーズの2023年モデルを発表しました。今回の年次変更は内外装のデザインや仕様、パワートレインの刷新などを含むかなり大きな変更となっています。

なお、これらの変更は日本でも今年秋頃に予定されていることがトヨタディーラーへの取材によって明らかになっています。

また、発表前日の6月1日には同様の変更が北米でも発表されているほか、最強モデル「GRカローラ」の2シーター仕様「モリゾウエディション」も世界初公開されており、ここ2日間はカローラシリーズの発表が続いています。

第5世代ハイブリッドシステムを採用

欧州で発表されたカローラシリーズの2023年モデルでは、今年1月に発売した新型ノア・ヴォクシーから導入された第5世代ハイブリッドシステムを搭載。パワートレインは日本とは異なり1.8Lと2.0Lのハイブリッドシステムが先代に引き続き設定されています。

どちらもエンジンと電気モーターに改良を加え、システム最高出力と最大トルクともに向上しました。

日本においても1.2Lを廃止し、1.8Lと2.0Lのラインナップになることがこれまでの取材で明らかになっています。

欧州仕様の新型カローラシリーズの画像をすべて見る(全32枚)

最新マルチメディアシステムを搭載

新型カローラの内装(欧州仕様)

トヨタの最新のデジタル&マルチメディア機能を搭載、オンラインでアップデートでき、恒常的なアップデートによる新機能実装を可能にします。

マルチメディアディスプレイは10.5インチに加え、12.3インチも選択可能に。高解像度かつアンチグレア機能を備えており、あらゆる照明条件下で優れた視認性を確保。

その他の特徴は日本仕様と異なる可能性があるので詳しくは割愛しますが、今年秋頃に予定されているカローラの一部改良と概ね同じ変更だと言って良いでしょう。

日本にはないGRスポーツも

欧州ではカローラスポーツに「GRスポーツ」が設定されています。これは今回の変更によるものではなく、2020年から既に設定済みです。

新型カローラスポーツのGRスポーツには、新デザインの18インチ切削加工アルミホイール、新デザインのリアバンパーとアンダーガードを採用。

シートのヘッドレストにGRロゴをエンボス加工し、ボルスターとクッションの縁に沿ったシルバー部分にマイクロヘキサゴンパターンを新たに採用しています。また、イグニッションスイッチにもGRロゴを追加しています。

欧州では23年前半、日本は年内に?

今回発表されたカローラシリーズの2023年モデルは、欧州で2023年第1四半期に発売される予定です。

日本におけるカローラシリーズの大型改良は、これまでトヨタディーラーへの取材で入手した情報によれば2022年秋頃になると予想されます。

中でもカローラスポーツに関してはかなり詳細な情報が入っています。詳しくはこちらの記事でお伝えしています。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちら

GR86に先代の「オレンジカラー」が復活!

幻の限定車「2000リミテッド」再来!?カロスポが2.0Lエンジン追加を予定

その他の最新情報

ようやく?日産 次期型エクストレイルの国内発売は近い?

マツダの最新SUV「CX-60」がついにお披露目!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード